結婚を意識し始めたら…知っておきたい結婚資金の相場

友人の結婚式に出席したり、風邪を引いて寝込んでしまったときなど、ふとした時に「結婚」を意識することがありますよね。今はそんな気はなくても急に結婚を意識するタイミングがあるものです。そんな時に焦ることのないように今のうちに相場を知り準備を始めておきませんか?

結婚資金とは具体的に何が必要なの?

婚約から新婚旅行までの費用を考えておくのが理想的

結婚資金と一口に言っても具体的にどこまでを指すのでしょうか?さまざまなスタンスがありますが、一般的な婚約から新婚旅行までを結婚資金とした場合、全国平均は約460万円。披露宴が会費制の北海道のみ約285万円と大きく差がありますが、他はいずれも450万円超えとなっています。これらの金額には結納も含まれていますが現在では両家の顔合わせのみのカップルも増えています。その場合この金額よりも少なくなります。

新婚生活をスタートさせる準備金もあればさらによし!

新婚旅行から帰ってきた後には夢の新婚生活が待ち受けています。賃貸なら契約費用もかかりますし、新しい家具・家電から生活必需品までさまざまな出費が待ち受けており、その総額は150万円以上になることも。新しい家でのハッピーライフをスタートさせるためにも、新生活準備金があればさらに安心ですね。

挙式、披露宴に必要な金額は?二次会はどうしてる?

挙式、披露宴の費用の相場

挙式、披露宴の相場は地域やプランによって実にさまざまですが、結婚資金の中で一番お金がかかるものは挙式、披露宴で全国平均費用は352.7万円です。その約1/3を占めるのが披露宴での料理、飲み物の費用となります。その次が披露宴の主役となる新婦の衣装費用です。そのほか、引き出物やプチギフトなどゲストへのお返しが約35万円となっています。

遠方ゲストへの交通費、宿泊費は全額負担するべき?

気になるのが遠方から来られるゲストへの交通費や宿泊代などの費用です。場所にもよりますが、地方から出てきて東京で暮らす新郎新婦が東京で式を挙げる場合、ゲストの交通費、宿泊費に頭を悩ませます。人数にもよりますが10万円以上の負担になることもあります。ゲストとの間柄にもよりますが、半額負担や負担しない代わりにご祝儀辞退などさまざまなやり方があるようです。

お車代やお礼の相場はいくら?

仲人へのお礼は、ご祝儀の2倍が目安となりますので、約10~20万円が相場となります。「お車代」とは別に渡します。主賓の挨拶をお願いしたゲストへは「お車代」として10,000円以上包むのが一般的です。受付をお願いした友人へのお礼は3,000~5,000円のお礼が相場です。スピーチや余興など親しい友人にお礼を渡す場合は気を使わせない金額を包むのが一般的で3,000~5,000円が相場です。

二次会をするなら足が出ることも見越して計画を!

挙式、披露宴後に二次会をされるカップルも多いですよね。二次会は基本会費制で行いますので会費でまかなえるように計算するのが一般的ですが、体調不良などでのドタキャンや余興の機材費、景品、ギフトなど…。気が付くと費用がかさんでいくものです。会費だけでは足りずに足が出ることもありえますので、多少の金額負担は覚悟をして予算を組んでおくことをおすすめします。

一生の記念!新婚旅行の相場とコツ

国内派?海外派?日程はどれくらい?

新婚旅行は2人にとって一生に一度の記念旅行。パンフレットやネットを見ているだけでワクワクするものですよね。国内にするのか海外にするのかによって日程も費用も変わってきますし、行き先によっても費用は大きく変わります。平均は2人で60万円前後のようです。日程も国内なら3日~4日、海外なら1週間前後が多いようです。

新婚旅行時期はいつがベスト?

国内・海外旅行ともに、ゴールデンウィークや夏休み、冬休み、春休みの時期は割高となります。挙式後すぐだとハイシーズンとなる場合は時期をずらして旅行内容を充実させるのもおすすめです。海外リゾートの場合、地域によっては雨季だと安くなっていますが、せっかくの新婚旅行がずっとどんよりというのも悲しいですよね。費用と楽しみを天秤にかけながら上手にプランを立てましょう。

パッケージツアーと個人はどっちがいいの?

2人の記念すべき旅行。最初から最後まで楽しみたいですよね。パッケージツアーは予定がギッシリすぎるというイメージのある人もいるかもしれませんが、新婚カップル向けプランやフリープランなどもありますし、オプションを組み込んで充実度をアップさせることもできますので、海外旅行初心者カップルであればツアーの方が不安が少ないです。海外旅行慣れしているカップルの場合は、より自由度の高い個人旅行もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?婚約から新婚旅行までの相場、約460万円と新生活準備金約150万円を合わせると約600万円が結婚するための費用の相場となります。結納を行うか行わないか、挙式、披露宴の土地柄、スタイル、新婚旅行先等で費用は大きく変わってきます。また、ご祝儀で挙式、披露宴費用は半分以上まかなえることが多いものですが、2人の新生活スタートのためにも相場費用を把握しておいて損はありませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!