お金を貯められない人に伝えたい!おすすめの貯蓄ができるコツ

毎月給料日前には金欠になっていて、お金が貯められない状態になっていませんか。貯蓄したいのに余裕がないと悩んでしまう前に、現状のお金の使い方を見直してお金を貯められない体質からお金を貯められる体質に改善しましょう。そこで、お金を貯められない人におすすめの貯蓄のコツをご紹介します。

どうしてお金が貯まらないのか

お金が貯まらない人の特徴とは

お金が貯まらない人の特徴は、お金を上手く使えていないことです。お金の使い道に計画性がないため、財布の中にあるお金を何にいくら使うのか把握していないタイプの人は貯蓄が苦手である傾向が強いです。また、収入と支出を把握していないことも貯蓄ができない原因の一つです。お金の管理をしていないため日常生活における支出に無駄が多くなり、気づけば金欠状態になって貯蓄どころか、預金からさらにお金を引き出すことになります。

貯蓄できない原因

貯蓄をするにはまず貯蓄できない原因を把握することから始めましょう。収入と支出のバランスを把握していないこと以外にも貯蓄ができない原因があります。特に多いのが、外食をする習慣があることです。仕事柄忙しく、自炊する時間がない社会人であればランチだけでなく夕食も外食で済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。外食の回数が頻繁であれば、その分食費にかかる支出が増えてしまうため、貯蓄できるお金が少なくなってしまいます。

家計が余ったら貯蓄するという考え

家計が余ったら貯蓄するという考えでは、貯蓄できない確率が高くなってしまうだけでなく、毎月の貯蓄金額が変動的であり、月によっては貯蓄が全くできないどころか赤字になってしまう可能性もあります。確実に貯蓄するなら毎月の最低貯蓄額をあらかじめ決めておくと良いでしょう。そして、給与日には給与から貯蓄額を差し引いた金額を1ヵ月分の家計費として引き出しましょう。

すぐに実践できる貯蓄のコツ

お金の管理をして貯蓄する

まずは、毎月決まった金額を先取り貯金することから始めましょう。毎月支払いのうち、光熱費や通信費のような、ある程度金額が固定されたものは、その合計金額を先に家計費から差し引きましょう。それから、変動する消費に対して今月はいくら使うか決めてやりくりすることをおすすめします。毎月のお金の使い道を把握するためにも家計簿をつけながらお金を管理すると良いでしょう。手軽に収支が把握できるアプリの家計簿の利用がおすすめです。

貯蓄専用の銀行口座を持つ

お金の管理は全て一つの銀行口座で行っている方には、貯蓄専用の銀行口座を開設することをおすすめします。口座が一つであれば、生活費などの引落もあり、毎月どの程度貯蓄できているのかわかりにくくなってしまいます。そこで、銀行口座を分けることによって、先取り貯金による貯蓄の管理がしやすくなります。また、貯蓄専用の口座を持つことで、お金を気軽に引き出せなくする効果もあります。

家計の節約で貯蓄を増やすコツ

食費の見直しは節約効果が高い

家計の節約で効果が高い費目の一つとして、食費の見直しが有効です。外食が多い方であれば、毎月の外食回数を減らすだけで数千円は貯蓄額を増やすことができます。一人暮らしの場合、自炊を始めると食費を大幅に抑えることが可能です。一回の外食費だけで数日分の食材を購入することができます。また、ランチにお弁当を持参するのも食費の節約につながります。毎日お弁当を持参するのが難しくても、週に3回程度お弁当を持参すれば約2,000円程度は節約可能です。

携帯の通信費を節約する

携帯の通信費だけで毎月約10,000円近く支払っていませんか。大手キャリアのプランに加入していると、データ通信が多い方であれば高額なプランでなければ毎月快適にスマホが使えないという場合が多いです。しかし、通話よりもデータ通信を主に利用する方であれば、格安SIMに乗り換えることで月々の通信費を抑えることが可能です。格安SIMのデータプランは使い放題のものもあれば、大手キャリアと同じデータ量を半額以下で使えるプランもあるのでおすすめです。

まとめ

貯蓄が苦手な方や毎月金欠になってしまう方は、まずお金の使い方を見直すことから始めましょう。収入と支出のバランスを把握し、お金を計画的に管理できるようになれば貯蓄しやすい体質になります。効率的に貯蓄をするには、先取り貯金で確実に貯蓄を増やしながら、家計の無駄を省くために食費や通信費の節約を行うことがおすすめです。ぜひ貯蓄のコツを身につけて、無理なく貯蓄を増やしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!