一人暮らしの引っ越しにかかる費用の相場っていくらなの?

引っ越しは、新しい暮らしが始まる楽しみでいっぱいになりますよね。そんな楽しみとは裏腹に、引っ越しにかかる費用の事を考えると憂鬱になってしまいます。実際みんなどのくらいの金額を払っているのか疑問に思っている人も多いですよね。今回は一人暮らしの引っ越しにかかる相場についてご説明します。

初めての一人暮らしの場合

家具や家電もそろえなくては!

初めて一人暮らしを始める場合には、ベッドや机などの家具、冷蔵庫やテレビなどの家電製品を購入しなければなりません。引っ越し先の部屋にもともとある備え付けの設備にもよりますが、だいたい必要最低限のものを購入すると200,000円前後はかかります。ただし初めての引っ越しであれば直接購入先から引っ越し先への宅配が可能なので、引っ越し業者に運んでもらうもの自体は少なくて済むというメリットもあります。

家具家電を安くそろえるためには

もし新品にこだわらないのであれば、知人に譲ってもらったりリサイクルショップなどを利用して中古品を購入すればかなり安くそろえることができます。また家電量販店などで実物を見てからインターネットを利用してより安いものを調べたり、ネットオークションやフリマアプリなどで購入するという人も増えているようです。

引っ越し業者に頼むとどのくらいかかる?

引っ越しの費用として、運搬してくれる引っ越し業者に支払う相場ですが、一人暮らしの場合は同じ都道府県内などで距離が少なく荷物も比較的少なめであれば、だいたい30,000円前後くらいのようです。もし荷物が多かったり距離が遠くなれば、2,000円~50,000円ほど金額は上がります。

時期や曜日などによって変わる料金は変わります

料金の高い時期

引っ越しの金額は年中一定ではありません。1年のうちに最も価格が高くなるのは年度の切り替え時期となる3月と4月です。この時期は新入学、新社会人、人事異動などでとにかく引っ越しの多い時期なので、必然的に金額は他の時期に比べて高騰します。場合によっては通常時の2倍もかかることもあるようです。どうしてもしなければならない引っ越しでない限りは、できるだけこの時期にかぶらないように注意しましょう。

料金の安い時期

3月4月ほどではありませんが、2月の下旬や半期に当たる9月や12月なども引っ越し料金は割高になります。それに加えて、月の中でも月末や土日は料金が比較的高めの設定になっていることもあるので注意が必要です。これらを踏まえると1、5、6、7、8、10、11月で、月半ばあたりまで、また平日であれば比較的安い料金で引っ越すことができるでしょう。

相見積もりは必ずしましょう

引っ越し前には必ず見積もりをしてもらって料金を算出しますが、一社だけでなく最低でも三社には見積もりをしてもらって比較検討をするのがおすすめです。実際自分が依頼した業者が高いのか安いのかが、一目瞭然になります。また、引っ越しの見積もりに来る営業担当は必ず他でも見積もりをしているかを聞いてくるものです。ちょっとした駆け引きで料金が安くなるケースもあるので、有効に活用しましょう。

敷金、礼金の相場っていくらなの?

敷金、礼金っていったい何?

引っ越し料金以外に必要になってくるものが「敷金、礼金」です。敷金とは保証金のことで、次に引っ越す際に部屋の修理が必要になった場合や、家賃を滞納した場合にこの敷金が利用されますので、敷金に関しては返金される場合もあります。逆に返ってこないお金が礼金です。その名の通り、大家さんに対してのお礼のお金に当たります。最近ではこの礼金に関しては、0円というところも増えてきているようです。

敷金礼金の相場ってどのくらい?

敷金の全国的な相場は、家賃の2か月分とされていますが、物件によっては1か月分や無料のところもあります。無料の場合は入居時もしくは退去時に、部屋のクリーニング代を別途請求されるのが一般的。礼金に関しても全国的に家賃の2か月分が相場ですが、古い物件などは1か月になったり無料の場合もあるようです。

敷金、礼金以外に発生する仲介手数料

敷金、礼金以外に必要になる費用として、賃貸契約を結ぶ際に不動産会社に支払う紹介料に当たるのが、この仲介手数料です。仲介手数料に関しては、家賃の1か月分という上限が設定されています。

結局のところ、合計いくらになるの?

初めての引っ越しなら家具家電に200,000円、引っ越し代が30,000円、家賃100,000円なら敷金礼金が各2か月分と仲介手数料で500,000円、ざっくり計算してもだいたい700,000円程度はかかります。だいたい家賃の6~7か月分は必要となると思っておきましょう。2回目からは家具家電分は安くなりますが、荷物が増えることも考え、ある程度の金額を想定しておく方が無難だといえます。

まとめ

引っ越し業者に支払う金額は時期などを上手く調整すれば、比較的安く済ませることができますが、敷金や礼金などのことを総合的に考えて計算してみると、一人暮らしでも引っ越しにはかなりの金額がかかります。インターネットを利用したり、良心的な物件を探すことで少しでも費用を抑えられるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!