共稼ぎ世帯なら達成しやすい?手取り月収40万円の家計の実態とは?

手取り月収40万円と聞くと、かなり多いような気もしますが、実は共稼ぎ世帯であれば、それほど難しい金額ではありません。手取り月収40万円の家計のモデルケースと、そこから見える家計のやりくり方法の工夫についてご紹介します。

月収40万円の収入パターンを想定してみよう

夫と妻、ともに手取り20万円ずつのケース

共稼ぎで一番オーソドックスな手取り月収20万円のパターンは夫婦ともに20万円ずつのケースでしょう。この場合は子供がいなければどちらかがどちらかの扶養に入ることはなく、比較的お金が自由になりやすいのが特徴です。そのため、夫婦世帯のみの場合は共通のお財布に生活費をいれ、残りはお小遣いやそれぞれのお金として手元に残すことが多いので、夫婦共同でお金を貯める通帳を用意したり、貯金分も二人の生活費にまわしたりと工夫しなければ、いざ不動産購入や子供の出産時に困ることが予想されます。

夫が手取り30万、妻が手取り10万のケース

妻が結婚出産を機に退職、その後子育て状況が落ち着いてきたのでお金を貯めたいケースや生活費の補助としてパートもしくは時短勤務に出ているケースはこの収入体系の代表といえるでしょう。子供の数などにもよりますが、比較的夫の収入で生活するパターンが出来上がっていることが多く、妻の収入は今後の生活費や貯金のために稼ぐといったパターンが多いのが特徴です。そのため、夫婦世帯でともに同額程度の収入があるケースと比較し、貯金額が多いもしくは積立貯金などを契約するケースが多いのも納得ができます。

夫の収入が手取り40万、妻が専業主婦のケース

全て夫の収入で生活しているケースは、収入と支出が一元で管理できるので、家計の流れが一番掴みやすいともいえます。一方で、夫の体調不良や給与額の増減による家計への影響は大きく、リスク分散の観点から考えると、やはり共働きの方が安定、という考えもあります。どちらが良いかは一概には言えませんが、家族が増えた場合などは共働きを視野に入れた方が良いケースが多いといえるでしょう。

共稼ぎで手取り月収40万の人が気をつけたいポイント

どちらかの収入がなくてもとりあえず生活できる資金を

共稼ぎ世帯はどちらかが体調不良や転職、産休などで収入が途切れても即家計が破たんするということはありません。しかし、ローン返済や家賃などの月単位で節約ができないものに関して夫婦いずれかの収入を当てにしている場合は、注意が必要です。少なくとも、3カ月は収入がなくても切り詰めれば生活できるだけの資金は常に手元へ置いておきたいもの。大きなお金を貯めるために、とりあえず万が一の時に使える資金と、一方の収入だけで生活する工夫は必要です。

老後の資金も視野に入れた貯金額を目指す

共働きで夫婦ともに収入がある場合、今の生活に目が行きがちで、将来のことまで目がついていかないこともあります。実際、手取り40万というとボーナス、諸手当などを加味し約600万の総支給が見込まれますが、税金も多く支払わなければなりません。そのため、思ったより貯金をするのが難しいという印象を持つ人も多いようです。しかし、年金がいくらもらえるか見通しが立たなかったり、万が一老人ホームに入った時のことを想定すると、日本人貯蓄額の中央値である1,000万円ぐらいは貯めておきたいものです。

収入をどちらか一人に頼っているときのデメリットとその対策は?

徹底的な無駄コストの削減を心がけよう

家計の収入が夫婦どちらかに頼っている場合は、収入がストップすることで家計が即苦しくなる可能性が高いのが一番のデメリットといえます。このため、なるべく余剰金を作り、いざというときに貯蓄を切り崩すのではなく、余剰金から持ち出して生活できることが理想です。まずは徹底した無駄コストの削減を心掛け、就労不能時用の貯金を、将来のための貯金などとは別に用意することが大切です。

手取り40万のうち使えるお金を見直そう

先のコスト削減とも連動しますが、必ず毎月支払いの必要なお金そのものを洗い出し、その金額が本当にふさわしいか、しっかり見直すことが大切です。例えば、一般的に食費は総収入の1割程度に収めるのが理想ですが、家族の人数や生活パターンによっては、さらに切り詰めることも可能です。また生命保険なども本当に必要な保険ではなく、保障の割には保険料が高いこともありますので、家族が増えたり、年齢が増えた際には保険内容の見直しを行い、必要に応じて社会保険控除を受けることも忘れないようにしましょう。

まとめ

世帯収入が手取り40万というのは決して少ない額ではありません。しかし生活がキツイのであれば、もしかしたら見栄を張った生活をしていたり、本当に必要ではないものにお金を費やしているの可能性もあります。実際、手取り40万~70万程度の層が一番貯蓄率に波があると言われています。無駄のないスマートな生活で、本当にリッチな生活を心掛けたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!