一人育てるのに10,000,000円って本当!?子育てにかかる費用の真実

子育て世代の悩みの種は数あれど…子育てにかかる費用もその一つではないでしょうか?子どもにはお金の心配をさせずに、自分の望む未来を切り開いていってほしいものですよね。今回は子育てに必要なお金について、学費を中心に詳しくご紹介します。子育て費用を知って、今後の生活の見直しに役立ててくださいね。

子育てにかかる学費の現実

幼稚園でかかるお金

子育て費用の大部分を占めている「学費」についてご紹介します。2014年度の文部科学省の調査によると、公立幼稚園に通わせた場合の1年の平均総額は222,000円、私立幼稚園に通わせた場合では495,000円に上ります。私立は公立の約2倍になっていますね。公立幼稚園に2年通わせると、総額444,000円、3年間私立幼稚園に通わせると総額1,485,000円です。

小学校でかかるお金

公立小学校に通わせた場合、1年間でかかる平均学費は322,000円、私立小学校の場合は1,538,000円です。私立小学校は公立小学校の約4.8倍の学費がかかり、年間学費もここ数年間増加傾向にあります。6年間通わせると、公立小学校では総額1,932,000円、私立小学校では総額9,228,000円です。

中学校でかかるお金

公立中学校に通わせた場合、年間482,000円かかるのに対し、私立中学校では1,339,000円になり、その差は約2.8倍です。3年間通わせると、公立中学校では1,446,000円、私立中学校では4,017,000円になります。

高校でかかるお金

公立高等学校に通った場合の学費は年間410,000円、一方、私立高等学校に通った場合は995,000円になります。その差は約2.4倍あり、3年間通うと公立の場合は1,230,000円、私立の場合は2,985,000円です。

大学でかかるお金と学費総額

大学は文系・理系によっても差はありますが、平均として国立では673,000円、公立では682,000円、私立では1,319,000円が1年間にかかるという結果が出ています。4年間行くと、それぞれ2,692,000円、2,728,000円、5,276,000円かかる計算です。幼稚園から大学まで全て国公立の学校に行った場合は、総額7,922,000円、全て私立の場合は22,976,000円になり、その差は15,054,000円にもなります。

お金での子育て支援ってどんなものがあるの?

中学校卒業までもらえる児童手当

児童手当とは、児童の健全育成を目的とした国からの補助金です。0歳から中学校卒業までもらえ、0歳から3歳までは月々15,000円、それ以降は月々10,000円もらえ、給付金の総額は2,000,000円近くになります。所得制限があるため、年収9,600,000円以上の人は減額されますが、給付が0円になることはありません。

医療費がタダのところも!小児医療費助成制度

小児医療費助成制度とは、子どもにかかる医療費を助成してくれる制度です。ポイントは、市によって助成制度が全く異なるということ。0歳から中学校卒業まで医療費が全くかからない市もあれば、0歳から小学校入学までは1回の診察で上限500円までの市などさまざまです。引っ越しをする際、小さなお子さんがいる家庭は、住みたい市について調べておくといいでしょう。

子育て費用のおすすめ捻出方法

児童手当は全額貯金して大学資金に

児童手当は国から、年に4回に分けて支給されます。振込先は両親名義の口座であれば、メガバンクや地方銀行はもちろん、ネット銀行でも振り込み先に指定できます。おすすめは、子どもの学費を貯蓄する用に一つ口座を作り、その口座を振込先に指定して、貯めていく方法です。全て貯めれば2,000,000円近いお金になるので、大学資金の足しになるでしょう。

学資保険や終身保険で賢く貯める

低金利時代の今、通帳に貯金をしているだけでは、なかなか貯まりませんよね?そこで、利用したいのが学資保険や終身保険です。学資保険は、子どもの学費のための保険で、銀行に預けておくだけより金利がよいです。終身保険は、亡くなった時に設定金額がもらえる保険ですが、保険料の払い込み完了後に解約すると、払い込み金額より多く返金される、低解約返戻金というものがあります。ただし、途中で解約すると損なので、注意が必要です。

まとめ

「子どもを一人育てるのに10,000,000円」とよく耳にしますが、学費の総額を見ても少なくとも10,000,000円はかかりそうですね。一度に10,000,000円かかる訳ではないので、「お金が足りない!」と焦らないように、将来を見据えて、コツコツ貯めることが重要でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!