子どもの教育費はいくらかかる?お金を節約して教育費を貯める方法をご紹介!

子どもが生まれて大人になるまでの教育費は、とても多額になります。子どもが小さいうちから節約してお金を貯めておかないと、将来支払いができなくなるのではないかと心配になりますね。そこで今回は、節約して子どもの教育費のお金を貯める方法をご紹介します。

子どもが成長するまでにかかる教育費はいくら?

子どもの教育費は、多額の費用がかかるイメージがありますが、実際にはいくらくらいかかるものでしょうか?

世間では、子ども1人について1,000万円程度はかかると言われています。実際にかかる費用は、子どもが私立の学校に行くのか公立の学校に行くのかなど、条件によって異なってきます。

幼稚園から高校まで公立の学校に通った場合には、500万円程度で済みますが、幼稚園から私立に通った場合には、高校を卒業する時点までに1,700万円程度もかかってしまいます。

また、大学に進学すると、さらに多くの学費がかかります。国公立の大学に進んだ場合には卒業までに250万円程度、私立大学に通った場合には、卒業までに400万円~500万円程度はかかってしまうことが多いです。医学部などの学費が高い学部に進学すると、さらに多くの費用がかかることもあります。

このように、子ども1人の教育費としては、1,000万円~2,000万円程度はかかってしまうことが多いです。この費用は、一括で支払うものではなく段階的にかかってくるものなので、たちまち支払いができなくなることは考えにくいが、子どもが小さいうちから日々節約に注意してお金を貯めておかないと、将来困ってしまう可能性は高いです。

月々2万円貯めることを目標にする!

節約して子どもの教育費のお金を貯めようとする場合、月々どのくらい貯めることを目安にすべきかという問題があります。子供の学費としてまとまった金額がかかるのは、子どもが大学に進学する際であることが多いです。そこで、子どもが大学に進学するタイミングまでにまとまったお金が用意出来ていると安心です。

子どもが生まれてから17年間お金を貯めるとして、月々2万円くらい貯金すると、だいたい400万円ほど貯まります。400万円あれば、子どもの大学費用の多くを支払うことができるでしょう。

児童手当を貯金すると効果的に節約できる!

子どもの教育費を貯めるためにお金を節約する場合、児童手当を貯金に回すと貯金しやすいです。子どもが生まれると、その家庭の所得に応じて月々5,000円~15,000円程度の児童手当が支給されます。

3歳未満の子どもなら月に15,000円受け取れますし、3歳から小学校を卒業するまでの間は10,000円が支給されます。第3子以降の子どもの場合には、月々15,000円になります。中学生についても、1人10,000円が支給されます。親の所得が高所得の場合には所得制限にかかりますが、その場合には、月々5,000円になります。

これらの児童手当をすべて貯金すると、子どもが中学生を卒業するまでの間に約200万円程度貯金することができます。第3子以降の場合には、約250万円貯まります。これを教育のための資金にすると、さほど苦も無く教育費を貯めることができるのです。

学資保険を利用すると効果的節約できる!

子どもの教育費のお金を貯めたい場合、学資保険を利用する方法も効果的です。学資保険とは、子どもの教育費を貯める目的で保険掛け金を支払うタイプの保険です。月々掛け金を支払うタイプのものもありますし、一括で保険料を支払うタイプのものもあります。

子どもが小学校に進学する際、中学校に進学する際、高校に進学する際など段階的に保険金が支払われるので、無理なく子どもの教育のための資金を用意することができます。

また、契約中に契約者(通常は親)に万一のことがあった場合には、それ以後の保険料の支払いは免除されますし、子どもが進学する際などには約定通りの保険金が支給されます。子どもが生まれたらすぐに学資保険に加入して月々積み立てをしていくと、将来の大きな備えになります。

無駄な習い事をしないことも重要な節約に!

子どもがいる場合、どうしてもいろいろな習い事をさせたくなります。特に最近は習い事の種類も多様化していて、どのようなお稽古も選ぶことができます。節約して子どもの教育費をきちんと貯めたいなら、子どもの習い事を増やしすぎず、本当に必要なものに絞った方が良いでしょう。

子どもが大きくなると塾にも通いますが、塾もやみくもに通えば良いということはありません。本当に必要な範囲に抑えることが、結局は子どもの教育そのものにも役立ちます。

まとめ

今回は、お金を節約して教育費を貯める方法を解説しました。子どもの教育費を貯めるには、児童手当の貯金や学資保険の利用によって、賢く貯蓄をしていきましょう。無駄な習い事をしすぎないように注意することも必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!