お弁当の持参で食費を節約するコツ

家計を節約する場合、食費の見直しは節約効果が高いのでおすすめです。食費を節約する場合、特に外食費を減らすことが即効性のある節約につながります。そこで、いつものランチをお弁当に切り替えてみてはいかがでしょうか。お弁当の持参で食費を節約するコツをご紹介します。

食費の節約について

月にいくら食費に使っているか把握する

食費を使いすぎて金欠になりがちな人は、外食が多かったり、コンビニエンスストア弁当で済ませたり、という傾向があります。自分へのご褒美や、友人との交遊にかけるお金は無駄ではないと思いがちですが、支出を圧迫し金欠になる大きな要因です。そこで、毎月食費としていくら使っているか、家計簿をつけたり、家計簿アプリを利用して把握することをおすすめします。いくらつかっているか把握することにより、自然と無駄を省けます。

1ヵ月の食費の予算を決める

食費を節約する場合、1ヵ月分の食費の予算を決めてその金額内でやりくりするように心がけましょう。政府の調査によると、一人暮らしの場合平均的な食費は毎月約4万円であるため、4万円以下で食費の予算を設定することをおすすめします。また、未就学前の子どもがいる場合には、1ヵ月の食費の予算は2万円から3万円を目安にしましょう。食費の予算を決め、予算を超えないように工夫することが食費の節約として重要です。

食材は基本的にまとめ買いをする

食費の節約をするなら外食の回数を減らし自炊を始めるのが効果的ですが、食材の買い出しの回数にも注意が必要です。スーパーによっては野菜や肉の特価の日が異なるなど、日によって目玉商品があるので安い食材を買うことが目的となり、週に1回以上スーパーで買い物をする方もいるでしょう。しかし、買い物が頻繁であると、つい余計なものも買ってしまう傾向にあるため、なるべく1週間分の食材を週に1回の買い出しで済ませるのも食費の節約につながります。1週間で使い切れるだけの食材を買うように心がけましょう。

お弁当の持参で食費を抑えるコツ

夕食のおかずを多めに作る

お弁当の持参を始めるなら、前日の夕食のおかずを翌日の朝にお弁当箱に詰めるだけにすると、忙しい朝でもお弁当の準備が楽になるのでおすすめです。朝にお弁当のおかずを作るのは時間的な余裕が必要なだけでなく、その分の食費もつい多くなってしまいます。お弁当のために、夕食のおかずをいつもより少し多めに作っておけば、調理の手間が省けるだけでなく余計な食費も増えません。

冷凍食品を作っておく

前日のおかずを多めに作ったり、休日にまとめておかずを作り置きし冷凍保存しておくと、お弁当箱に朝詰めるだけで準備が終わるので時短と食費の節約に効果的です。お弁当のおかずとして冷凍保存できるおかずの例は、きんぴら、ひじきの煮物、ほうれん草の胡麻和え、パスタ、ミニハンバーグなどです。冷凍する場合には、100均などで売っているお弁当用の小分けのカップなどに入れて保存しておくと良いでしょう。

お弁当による食費の節約効果

月に1万円の食費節約が可能になる

お弁当持参による節約の効果は、外食のランチ代が1食あたり800円と想定すると、週3回お弁当にすると月に約1万円の食費が節約可能です。お弁当の持参による食費の節約は、お弁当の回数を増やせば節約効果が高まるのでおすすめです。ランチを外食から全てお弁当にすればランチ代が0円で済ませられます。飲み物代もカフェなどを利用すればコーヒー1杯に数百円かかりますが、水筒にコーヒーを入れて持参すれば0円で済ませられます。そうすると、今までのランチ代の出費で使っていた分を貯蓄できますね。

食べる量や味付けを自分好みに調整できる

お弁当を持参することで節約効果があるだけでなく、自分好みの食事量や味付けに調整できるメリットもあります。お弁当持参に切り替え、適量の食事量にすることで食べ過ぎを防ぐことも可能となり、健康的な食生活につながります。また、味付けも外食よりヘルシーに抑えられるので、栄養バランスも良くなります。一人暮らしの場合、自炊をしながらお弁当を持参するようになれば、食費の節約と同時に料理の腕も磨けるので一石二鳥です。

まとめ

家計の節約で食費を節約する場合には、外食などの回数を減らしランチをお弁当に切り替えることで大幅に食費な食費の節約が期待できます。お弁当を持参は忙しい朝に手間がかかると思いがちですが、前日の夕食の残りや作り置きの冷凍食品を上手く活用すれば、お弁当箱に詰めるだけで済むので時間もかかりません。毎月の食費を見直し、お弁当持参で節約したお金を貯蓄に充てましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!