通信費を抑えて節約する方法

スマホやインターネットの通信費が毎月もっと安くなればなと思う方も多いでしょう。快適な通信環境を維持するには、どうしても通信費が高くつき、家計にとって大きな負担となります。家計を節約するには通信費の見直しが必須です。そこで、スマホやインターネットについて通信費を節約する方法をご紹介します。

通信費の平均相場と使い方を把握しよう

スマホの通信費

大手キャリアのスマホ利用者であれば通信費が高くなりがちですよね。安くても月額約8,000円ほどかかるのは家計への負担も大きいです。スマホの月額料金の平均額は約11,000円と言われており、年間で12万円の出費になります。利便性の高いスマホですが、家計を圧迫する要因であるため、通信費のコストダウンを実践することをおすすめします。

インターネットの通信費

インターネットは光回線による高速インターネット通信で、自宅でWi-Fiにも繋げられるとスマホのデータ使用量の節約にもなり便利です。インターネットの通信費は現在ではスマホの月額料金よりも安くなっていますが、それでも毎月約5,000円、年間で6万円程度の支出となります。契約時の割引特典などがあれば5,000円を下回る場合もありますが、日中仕事などで外出している一人暮らしの方であれば、インターネットの通信費として毎月5,000円の支出は家計への負担も大きいといえます。

スマホやインターネットの使い方を見直そう

通信費の節約を実施するにはまずスマホとインターネットの使い方を見直しましょう。スマホの使い方として、ウェブサイトや動画の閲覧がメインなのか通話が多いのかによってプランを見直すことができます。また、自宅のインターネットを日中ほとんど使用しない場合は、思い切って解約しスマホでの通信のみにしてみるのも一つの方法です。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えて通信費を節約する

格安SIMとは

格安SIMとは、インターネットのプロバイダ事業者が携帯電話事業大手キャリアの通信回線を利用してSIMカードによる通信サービスを提供することです。大手キャリアの回線を使用しているため、通信も安定しています。格安SIMは大手キャリアの通信費に比べて最安のプランであれば半額以下のデータ通信費なので、安くスマホを利用できるのが特徴です。

格安SIMはデータ通信がメインの方におすすめ

スマホの月額使用料を大幅に抑えられるので通信費の節約に効果的な格安SIMは、データ通信を主に使う方におすすめです。格安SIMのプランも多様で、中にはデータ通信が使い放題のプランもあるため、データ量を気にせず使いたい方に向いています。格安SIMのプランは大手キャリアのプランのように音声通話が定額ではないので、格安SIMへの乗り換えは検討すべきです。

大手キャリアでスマホとインターネット回線を契約する

スマホとインターネットの通信費をまとめる

大手キャリアでは、スマホの通信費とインターネット回線の通信費をまとめるセット割引のプランがあります。従来ではインターネットはスマホとは別にNTT回線とプロバイダの契約が必要でしたが、大手キャリアのプランでは、スマホとインターネット回線をまとめて契約することが可能です。例えばdocomoではドコモ光というプランに加入すると、月額の通信費が数千円割安になります。

通信費を一元化するメリットとデメリット

スマホとインターネットの通信費を一元化することのメリットは、通信に関するサポートが大手キャリア一本になることと、割引期間の制限がないことです。インターネットを個別で契約すると契約から数か月間は通信費が割安になりますが、一定の期間が経つと通常料金となるため、大手キャリアのように制限のない割引期間は利用者にとってありがたいです。通信費の一元化のデメリットは、通信費のデータプランに条件があることです。データ量の使用が少ない方にとっては、一元化が必ずしも得とは限りません。

まとめ

スマホやインターネットの通信費を節約するには、それぞれの通信費や現状の使い方を把握し、より通信費を安く抑える格安SIMのプランに変更したり、大手キャリアの通信に一元化するなど、自分に合う方法を選びましょう。スマホのデータ通信がメインの方であれば格安SIMに乗り換えることで、スマホの通信費を半額以下に節約できるのでおすすめです。ぜひ自分に合う通信費の節約を実践し、その分を貯蓄してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!