一人暮らしを始めたら家計簿をつけよう!

一人暮らしというのは思った以上にお金が無くなっていくものです。それこそ油断していると自分自身の給料や親からの仕送りなどがあっという間に無くなってしまいます。限られたお金で生活をやりくりしていくためにも、自分自身がどのくらいのお金を使っているのかを把握しておく必要があります。そのために必要なのが家計簿になります。

家計簿をつけるメリット

計画的にお金を使う癖が身につく

家計簿をつける最大のメリットはお金を計画的に使う癖が身につくということです。家計簿をつけることにより、自分自身が使えるお金を把握することができるようになり、その枠の中で生活する習慣が身につくようになります。一人暮らしで家計を破たんさせないためにも、まずは家計簿をつけることを習慣化しましょう。

生活の中に存在する無駄に気付くようになる

家計簿をつけることにより、普通に生活していては見えなかった生活の中の無駄に気づくようになります。無駄なお金の使い方をしていることが分かると、次はそのような無駄を改善するように心がけるようになります。結果的に支出が減ることになり、余ったお金が貯金できるようになります。

一人暮らしでかかる費用の全国平均

一人暮らしの支出の中で最も大きなウエイトを占める家賃

一人暮らしの生活費の中で最も大きな比重を占めるであろう費用は家賃です。全国平均を見ても家賃の金額は約66,000円程度となっています。大卒の新入社員であれば、ほとんど手取りの1/3程度が家賃として消えていくことになります。この平均はあくまでも全国平均です。家賃の金額は東京などの平均値を取ればもっと高い金額になります。家賃があまりに家計を圧迫しているようなら引越しも検討する必要があります。

一人暮らしでかかるその他の費用

一人暮らしにかかる家賃以外の費用の全国平均も見ていきましょう。結果を見ると、食費は約20,000円、光熱費は約7,000円、水道料金は約3,000円、通信料は約11,000円、交際費は10,000円、被服費は20,000円、消耗品費及び雑費で3,000円となっています。これらの費用については人によってはかなり増減するでしょう。特に食費などは自炊か外食かで数万円程度の違いが出ます。

上記の平均と家計簿の記録を突き合せよう

さて、上記の文章では一人暮らしの平均的な費用について見てきました。この平均を把握したうえで、自分自身の家計簿の記録と照らし合わせてみると、自分自身の生活の無駄が見えてきます。もし、平均とあまりにもかけ離れているような支出があった場合は一度お金の使い方を見直した方が良いでしょう。

家計簿をつけ続けるためには

家計簿をつけ続けるコツ

上記では家計簿をつけるメリットを述べてきました。しかし、家計簿というのはともすれば挫折しがちでつけ続けるというのはなかなか困難な面もあります。家計簿をつけ続けるためには、家計簿の記帳を続けるコツを押さえておかなければいけません。

自分に合った方法を見つける

家計簿をつけ続けるなら自分に合った方法を選ぶのが大切です。家計簿をつける方法には大きく分けて3つの方法があると考えられます。それがスマートフォンでつける方法、パソコンでつける方法、紙媒体でつける方法になります。スマートフォンであればすぐその場で記録できる、パソコンだと集計がラク、紙媒体だとメモなどを手軽に残すことができるといったメリットがあります。自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

きっちりと正確につけようとしない

ところで、家計簿というのはお金の流れを記録するためのものです。しかし、逆説的でもありますが、あまりにお金の流れをきちんとつけようと意識しすぎると挫折する可能性も大きくなります。1円単位までしっかりと記録を合わせるということを意識せず、ある程度大づかみにでも家計の兆候をつかむことができればよいというくらいのつもりで記録を行っていくようにしましょう。

まとめ

一人暮らしには楽しいことがたくさんあります。特に初めて親元を離れる人であれば、しばらくはその自由を満喫できるでしょう。しかし、一人暮らしには同時に自分自身でしっかりとお金を管理しなければいけないという責任もあります。したがって、自分の使ったお金を把握するためにも、家計簿をつけるようにしましょう。初めて家計簿をつける場合の注意点は上記の内容を参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!