一人暮らしの社会人必見!生活費を抑えて簡単にできる貯金のコツ

一人暮らしの社会人であれば、毎月の給料日前に「お金がない」という言葉が口癖になっていませんか。都心部での一人暮らしの平均生活費は約13万から15万円と言われています。一人暮らしの社会人にとって毎月10万以上の生活費は経済的にも負担が大きいです。そこで、毎月の生活費を抑えて簡単にできる貯金のコツについてご紹介します。

毎月の生活費を管理することから始めよう

家計をやりくりして生活費を抑えよう

まずは、生活費を管理し、家計費としての使い道を決めましょう。月々の光熱費や通信費など固定費はあまり変動しないので、家計費からその合計金額を差し引き、変動性のある消費に対して今月はいくら使うか決めてやりくりすることをおすすめします。金欠状態にならないためには、毎月何にいくら使っているか把握することが重要です。生活費の管理には家計簿よりも家計簿アプリの方が簡単に管理できるのでおすすめです。

生活費を管理するための銀行口座を2つ用意しよう

社会人になって、給与振込用の口座だけでお金を管理していませんか。おすすめは貯蓄用と生活費用など、口座を分けてお金を上手く管理することです。給与振込口座を貯蓄用とし、もう1つ口座を作り、光熱費や通信費の引落など生活費用の口座にしましょう。給与が振り込まれたら、貯蓄用の口座と生活費用の口座に給与を振り分けましょう。お金を複数口座で管理することに慣れると、貯金もしやすくなります。

生活費を抑えて貯金をしよう

一人暮らしの食費節約は生活費を抑える効果大

食費の節約は、意識を変えれば誰にでもすぐできる節約効果の高い方法です。一人暮らしの社会人で金欠になりやすい人は、飲み会やレストランでの外食、コンビニでの買い物が多い傾向にあります。自分へのご褒美や友人、家族、仕事仲間との食事にかけるお金は無駄ではないと思いがちですが、生活費を圧迫する大きな要因です。また、自炊を始めるのも食費節約に有効です。1回分の外食代で数日分の食材を買うことができますよ。

一人暮らしなら通信費の見直しも生活費を抑えるのに効果あり

一人暮らしの社会人であれば、仕事で外出している時間が長いため、思い切ってインターネット回線を自宅に引かないという選択もおすすめです。NTTの光回線の使用料とプロバイダ料を合わせると通常料金で5,400円かかります。家にインターネット回線を引かなくても、格安SIMのデータプランでWiFiルーターを契約すれば、月々のインターネット料金よりも安くスマホやタブレットやパソコンの利用が可能となり、お得です。

社会人の貯金は先取り貯金がおすすめ

社会人であれば、会社の給与天引きや自動積立を利用して貯金することもおすすめです。自動的に貯金するシステムを確立してしまえば、生活費として使える金額も減りますが、自分で貯金の管理を行う手間が省け、確実に貯金が増えます。このように強制的に貯金し、生活費を抑える方法も1つの手段です。貯金額の目安は、一般的に手取り給与額の1割と言われています。しかし、予期せぬ出費も考え、2割の貯金を目指しましょう。

もっと生活費を抑えたい人におすすめの節約方法

今よりも家賃が安い物件に引っ越そう

家賃の生活費に占める割合は大きいです。高い家賃の物件に住めば生活環境は快適かもしれませんが、節約術を実践しても効果をそれほど実感できない場合が多いです。UR賃貸の利用や賃貸物件選びの条件を低くすることで、家賃を少し下げることができます。駅から離れていたり、間取りが狭くても、家賃が今より下がればそれだけで生活費にゆとりができるのでおすすめです。

お金のかからない趣味を見つけよう

社会人になって健康管理のために、ジムに通う人も多いでしょう。毎月のジム代も生活費として省ける費用です。ジムの代わりに無料でできるランニングやウォーキングを趣味にしてしまえば、毎日行ってもタダで健康管理ができますよ。ランニングやウォーキングは運動効果だけでなく、気分転換や新しいアイデアのきっかけになる場合もあるのでおすすめです。無料の趣味で健康になるだけでなく、無駄遣いも減るので一石二鳥です。

まとめ

お金の管理を習得し、生活費の中から無駄を省いて節約できる費用を節約すれば、一人暮らしの社会人でも一定の貯金額を捻出できます。生活費を抑えて貯金できるように、食費の節約や自炊、通信費の見直しなど、まずは無理のない範囲で手軽にできることから始めてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!