大学生の子供への仕送りはいくらがいいの?実態と節約方法とは

子供が大学生になり一人暮らしを始めると必要になるのが仕送りですよね。子供がアルバイトをしたとしても生活費を全て自分で賄うには負担が大きくなってしまいます。では、一人暮らしの大学生にはいくら仕送りするのが良いのでしょうか?仕送りの平均金額や大学生の生活費の内訳などを見て、節約できるポイントを探してみましょう。

大学生の生活費の支出金額と内訳

生活費の平均金額と内訳は

2014年の大学生協連の調査結果によると、1ヵ月の必要生活費の合計は104,650円が平均です。内訳は、家賃52,630円、食費24,480円、交通費3,410円、電話代4,030円、その他に教養娯楽費や日常費などが含まれています。日常費の中に含むのは電気代や水道代、ガス代です。結果として、毎月10万円を超える生活費が必要になると言えるでしょう。首都圏の場合はもう少し支出が多くなると考えられます。

首都圏での生活費を比べてみよう

大学は首都圏に行くほど数も多く、子供がその方面に行く可能性がある場合は金額が更にかかると予想されます。東京の大学に通っている場合で見ると、東京23区内の平均家賃は58,950円、プラス平均管理費2,953円の合計61,903円です。全国平均の家賃よりも約1万円も差が出るでしょう。都会に行くならセキュリティもしっかりした安心なところをと考えて探せば、更に金額がアップするはずですね。

大学生の生活費の収入金額と内訳

仕送りの平均金額は

日本学生支援機構のアンケート調査によると、1ヵ月の仕送り平均額は124,000円(授業料を含む)です。これは寮や自宅を除いたアパートなどの一人暮らしや学生会館、下宿の学生が対象になります。大学の形態別に比較してみると、国立大学99,658円、公立大学84,658円、私立大学139,250円と仕送り金額に大きな差があります。これは私立は国公立よりも授業料が月額4万円高いのが原因と言えます。

アルバイトの平均金額は

一人暮らしの大学生がアルバイトから得る収入の平均金額は25,560円位です。2015年のリクルートジョブの発表では三大都市圏での平均時給は959円。1日3時間働いたとしても、月に8日位の勤務が必要になるでしょう。大学1年目は授業に頻繁に出席することになりますし、サークル活動や友達と過ごす時間も考慮すると、アルバイトでの収入をそこまで高額に稼ぐことは難しいかもしれません。

奨学金の平均金額は

親からの仕送り、アルバイト以外に大学生の収入源に大きく占めているのが奨学金でしょう。全国大学生活協同組合連合会の調査によると、2015年の奨学金の平均金額は23,270円になります。奨学金は経済的な理由で修学困難とされる学生だけでなく、能力のある学生に対しても金銭の給付や貸与があり、通常は返済がないものが多いので奨学金があることは重要なポイントになると言えるでしょう。

うまくやりくりするポイントとは

光熱費、水道代を見直そう

生活費の中で見直すポイントは電気代やガス代、水道代です。中でも電気代は一番高くなる傾向があるので、節電を心がけ、つけっぱなしやエアコンの使い過ぎなどムダが出ないよう注意して過ごしてもらいましょう。2015年の総務省の統計によると、一人暮らしの1ヵ月にかかる光熱費の平均金額は、電気代3,257円、ガス代2,537円、水道代1,342円です。少しでも節約できれば、親の負担も減らせますよね。

仕送り額を物に変えてみる

仕送りは、お金だけではありません。生活に必要な洗剤やボディーソープから、食料品、お菓子など段ボールに詰めて、一人暮らしの家へ送るという手もあるでしょう。実家で作っているお米や日持ちしそうなおかずなどを送れば、負担も少なく済む上に、実家からの温もりを感じられ、受け取った方も嬉しいはずです。物を送った場合は、その分仕送り額を減らしてもいいでしょう。何が必要なのか考え、お金をかけずに賢くやりくりを。

まとめ

大学生の平均仕送り額や生活費の実態を紹介しましたが、あくまで平均金額になり、それぞれの生活環境によって差があるでしょう。仕送り額が少なすぎるとアルバイトに時間を割いて学業に支障をきたす可能性があり、多すぎると逆に遊びに使ってしまうかもしれません。親としては仕送り金額をどの位にするのか迷うところですね。数カ月過ごしてみて実際かかった支出金額から、今後どうするべきなのか考えてもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!