クレジットカードの審査基準とは?審査に通る方法を徹底解説

クレジットカードを作る際には必ずカード会社の審査があります。これは裏を返せば、審査に通りさえすればクレジットカードを作ることができるわけです。そこで今回は、クレジットカードの審査基準から審査に通る方法までご紹介したいと思います。

クレジットカードの審査の流れとは?

クレジットカードを申し込んだら、信用力を確認される

クレジットカードの申し込みは、各クレジットカード会社のホームページから行うことができます。パソコンからはもちろん、スマートフォンから申し込むこともできます。申し込みが完了したら、クレジットカード会社が個人信用情報機関で管理されている情報で、申込者の過去のクレジット使用履歴などを確認します。つまり、ホームページで申し込んだ内容だけでなく、あなたの過去の履歴も確認されるわけです。このように、個人の信用力は、事実的なデータをもとにはっきりと判断されます。

在籍確認や本人確認

信用力の確認が終われば、審査に通ったも同然と言えるでしょう。そして前述の審査のあと、人によっては在籍確認や本人確認が行われます。在籍確認とは、あなたが申し込み内容に記載した会社で、本当に働いているかどうか確認する作業です。ただしこれは、クレジットカードの場合必ず行われるわけでなく、人によっては確認が必要な場合もあるといった具合です。ただし、これがキャッシングなどお金を借り入れるのであれば、必ず行われます。

クレジットカード会社で社内審査が行われ、審査終了

その後、クレジットカード会社での社内審査となります。この時点でクレジットカードを発行できることはほとんど確定しています。では何を決めるのかというと、ショッピング枠やキャッシング枠の限度額です。いくらまでならクレジットカードを利用していいのかが決まるわけですね。ここで信用力の低い人は、ショッピング枠が減額されたり、キャッシング枠が使用できないといった制限が設けられます。また、限度額は自分で選択することができる場合もあります。

クレジットカードの審査基準

安定した収入があるかどうか

クレジットカードの審査に際して必須の基準はまず、安定した収入があるかどうかです。利用者に安定した収入がなければ、クレジットカードを利用した分の金額をカード会社は回収できません。そのため、申し込みの際は勤務先の名前や住所、年収などを記入する欄があるのが普通です。もちろん、安定した収入があれば、正社員でなく学生やフリーターでも審査に通る可能性がありますのでご安心を。

過去の利用歴が、信用に値するものかどうか

クレジットカードを作る審査の際、信用情報機関に登録されている情報が参考にされます。そのため、登録されている情報が審査基準と言えるでしょう。過去に支払いを延滞していたり、複数社からの借り入れがある場合は、審査に通過するのは難しいです。さらに、信用情報機関に登録されている情報は、クレジットカードだけでなく、家や車のローンを組むときの足かせになってしまいます。ゆえに支払いの延滞などは、安易に行わないことが身のためです。

すぐにでも実践可能なクレジットカードの審査に通る方法

申し込み書を正直に記入する

信用情報や個人の収入は、どうしようもできない場合が多いです。ただ、信用情報に関しては、意識しだいで信用力を高めていくことができます。まずは、申し込み書を嘘偽りなく正直に書くことが第一歩だと言えるでしょう。また、他者からの借り入れを書く欄があるかと思いますが、ここは信用情報機関に登録されている情報によって分かってしまいます。そのため、キャッシングを利用しており、他者からの借り入れがある場合は正直に記入しましょう。

また、申込書の空欄部分も、極力なくしましょう。空欄部分があると、そもそも審査すら行えない可能性があるため、クレジットカードを作るための準備すらできていない状態といえます。審査のための判断材料が揃っていないと、審査しようにもできないため、記入できる場所は隅々まで記入すべきです。クレジットカードを作る際に大事なのは信用ですので、その際もやはり偽りなく記入してください。

まとめ

実際、クレジットカードの審査に通るか否かは、自分のこれまでの使用履歴や借入の状況に左右されます。また過去の履歴は、各会社で共有される情報ですので、現在カードを複数持っている方は使いすぎ、払い忘れに充分注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!