他の家庭はどうしてる?夫婦で仲良く家計管理しよう!

お金の悩みは尽きないものです。特に独身のときには自分の好きなように使えたお金ですが、結婚したらそうはいきません。そういった点で、夫婦間の問題の上位にお金が挙がるのも納得できると思います。では、上手に夫婦で家計管理するにはどうすればよいのでしょうか。

日本の家計管理

日本で妻が家計管理をしている家庭が多い理由

日本では、やはり妻が管理している家庭の方が多いようです。その理由としては、元々夫が外で働き、妻は家で専業主婦という文化から来ています。最近では専業主婦は少なくなったものの、妻はパートで夫が正社員という家庭が多いのが現実です。そのため、妻が平日に家にいることが多いため、銀行に行ったりさまざまな支払いをするのに便利だというのが理由だと考えられます。

家庭によってさまざまな家計管理

しかし最近では、夫婦共働きで妻も正社員として働いている家庭も少なくありません。そのため、それぞれの給料から生活費を出し合って共有財布のようなものを作り、残りをそれぞれのお小遣いにするという家庭も増えてきているようです。また、夫の方が家計管理が得意であったり、自分の給料を自分で管理したいという考えから、夫が管理しているという家庭もあります。家庭によって誰が管理するかはさまざまのようです。

家庭のお金のトラブルの原因は?

金銭感覚の違い

夫婦の間でのお金の問題の原因は一体どこにあるのでしょうか。まずは、金銭感覚の違い、意見の相違が挙げられます。それぞれ別の家庭環境で生きてきた上に、男女の違いもありますから、家計管理に対する考え方が違うのは当然と言えば当然ですね。一方は、節約する傾向にあり、他方は浪費する傾向があれば喧嘩になります。また結婚前にずっと実家で暮らしていたのであれば、請求書の支払いをしたり、費用を分担するという習慣に慣れていないと考えられます。

「見えないお金」の罠

お金のトラブルの別の原因は「目に見えないお金」の罠、つまりクレジットカードなどの支払いです。現在はクレジットカードの使用が一般的となりました。そのため、手元にお金がなくても購入することが可能となっています。実際の経済能力以上の買い物をしてしまうことがあります。しかも、クレジットカードの使用をパートナーに内緒で支払い能力を超えるほどに使用しているならさらに大きな問題を招くことになります。

家計管理を夫婦仲良く行う方法

協力し合う

妻が家計管理を行うにしても。夫が行うにしても、共働きで共有財布を利用して行うにしても、やはり家族というチームである以上協力して行うことが必要です。相手のせいにするのは簡単ですが、そうやって責任転嫁をしていては一向に問題は解決しません。言い争いをしても何の解決にもなりませんので、まずは喧嘩しないと決意しましょう。それから、落ち着いて話し合います。

予算を立てる

次に、収入と出費を調べて書き出してみます。出費を細かく1ヵ月分書き出してみると、不必要な出費を見極めることができます。ケガや病気で出血している場合、出血箇所を特定して止血するのが必要なのと同じように、家計を圧迫している出費の原因を特定するのは、家計管理の基本です。その後、食費、家賃または住宅ローン、光熱費、服飾費などの項目ごとの必要経費を割り出します。そして毎月の基金を割り振ります。カード払いにする必要がなければ、それぞれの項目ごとに現金を入れた封筒を利用することもできます。

調整する

予算を立てその通りに行っていたとしても、状況は変わります。例えば、子供が生まれた、進学で費用が増えた、また病気や失業、転職などです。また、逆に昇進などで給料が増えることもあるかもしれません。そのような変化に合わせて予算を調整していくことが必要です。今までは必要、また可能だったケーブルテレビなどの加入や頻繁な外食が、不必要、また不可能になっている可能性もあります。また、子供の将来の進学や自分の老後のために貯金を増やす必要も出ているかもしれません。時々予算を見直す必要があります。

夫婦円満には日本の伝統的な、妻による家計管理がいい?

近年ますます離婚が増加しています。その原因は、欧米化した共働き、そしてそれぞれの給料から必要な経費を出し合う共有財布による家計管理が1つの理由とも考えられています。欧米などはもともと離婚する可能性が高いこと前提でこの管理を採用していたりするとか。そう思うと、日本の伝統とも言える妻が家計管理するのが案外家庭の安定に役立ったりするのかもしれません。もちろんこれは、妻が浪費家でなければの話です。

まとめ

夫が家計管理する、妻がする、共働きで共有財布、色んな方法がありますが、やはり大切なのはコミュニケーションです。自分ばっかり!という気持ちになると不満も溜まり、別れることばかり考えてしまうようになります。誰が管理するにしても、話し合って協力し合うことが必要ですね。そして不満な気持ちも感情的にならず、上手に伝えて、自分の主張にこだわりすぎず、お互いに妥協点を見つけていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!