5万円以下で行ける!おすすめの格安海外旅行

海外旅行は高いというイメージがありますが、旅行先によっては5万円以内の格安パッケージもあります。国内旅行で遠方に行く旅費と同等の金額で、思い切って海外旅行に行ってみませんか。旅費を安く抑えて、海外での休暇を満喫できるおすすめの渡航先をご紹介します。

美味しい食べ物がたくさんある台湾

台湾はどんな国か

台湾は日本の九州ほどの大きさで、日本との時差はマイナス1時間です。東京の成田空港から約4時間、大阪の関西国際空港から約3時間ほどで到着します。時差もわずか1時間で、日本からも比較的近いのでおすすめの海外旅行先です。現地では中国語、台湾語が話されています。また、現地の物価は食費や交通費は日本より安いですが、衣料品などは日本と変わらない場合もあります。食事に関しては地元の食堂などを利用すると、約300円程で十分食べられます。

台湾の魅力

台湾の魅力は、日本人の口に合う安くて美味しい台湾料理やスイーツと、台北に点在する夜市です。夜市の中でも特におすすめは寧夏夜市で、観光客だけでなく地元の人も多く買い物に来ます。夜市の屋台で餃子やスイーツなどを購入して食べ歩きを楽しむのがおすすめです。また、九份、TAIPEI101、国立故宮博物館、台湾南部の高雄などもおすすめの観光地です。

台湾旅行にかかる費用

旅行会社で申し込んだ場合、台湾の旅費の平均価格は2泊3日で往復航空券と宿泊費を含め、約20,000円からです。航空券とホテル代も込みの価格でお得なプランがたくさんあって便利です。また、航空券のみの費用であれば、バニラエアやpeachなどの格安航空会社で片道約5,000円から利用することができます。

英語が通じるおすすめのリゾート地であるセブ島

フィリピンはどんな国か

7109もの島で構成されているフィリピンは、公用語としてフィリピノ語以外に英語も使用されているので、日本人にも安心して観光できる国です。日本とフィリピンの時差はマイナス1時間です。日本の成田空港からセブ島までの飛行時間は、約5時間程度です。セブ島の物価は、日用品の価格はあまり日本と変わりませんが、食費と交通費は日本よりも割安なのでお得です。ただし、外食はレストランによって価格が異なるので、観光客向けのレストランは日本と同等の価格の場合が多いです。

セブ島の魅力

セブ島の魅力は、透明度の高い青い海と白い砂浜が綺麗なビーチが多く、高級ホテルやスパなどでリラックスしながらリゾート滞在が出来ることです。セブ島の年間平均気温は26℃から27℃なので、一年を通してマリンスポーツなどのアクティビティを満喫できます。また、リゾート地にある豪華なホテルも日本に比べて比較的安い料金で滞在できるのでおすすめです。

セブ島旅行にかかる費用

旅行会社のセブ島への旅費は、3泊4日で往復航空券と宿泊費込みで約40,000円からです。ホテルはエコノミークラスなので、ランクアップする場合には別途手数料が必要です。日本からセブ島への格安航空は就航していませんが、セブパシフィック航空を利用すると成田空港からセブ島まで片道約25,000円程度です。

世界的にも人気のリゾート地であるバリ島

インドネシアはどんな国か

日本の約5倍の面積であるインドネシアは、国民の8割以上がイスラム教徒です。現地の言語はインドネシア語ですが、観光地では一部英語が通じるので日本人にも安心です。インドネシアと日本の時差はマイナス2時間です。日本からバリ島までの飛行時間は成田空港から直行便で約7時間です。バリ島はインドネシアの中でもヒンズー教が信仰されている土地なので、リゾート地以外にもその独特の文化や習慣が観光客に人気です。

バリ島の魅力

世界屈指のリゾート地として有名なバリ島は、癒しの島と呼ばれるほど自然豊かな環境とバリ島のゆったりした時間が多くの観光客を魅了しています。バリ島にはビーチだけでなく田園風景が美しいジャティルイやタマンアユン寺院といった世界遺産もあります。また、リゾート施設でのスパも女性観光客に人気です。また、バリ島での買い物は価格交渉次第で安くなる場合もあるので、買い物の際には店員との価格交渉も1つの楽しみです。食事や交通費は日本よりも割安です。

バリ島旅行にかかる費用

旅行会社のバリ島の費用は、直行便利用の宿泊費込みで3泊5日が約45,000円からです。バリ島への格安航空会社は、エアアジアが就航しており、成田空港からバリまで片道約25,000円で利用可能です。現地のホテルはエコノミークラスであれば1泊10,000円以内から探せますが、リゾート地などの有名なホテルであれば1泊約30,000円からが平均です。

まとめ

海外旅行も日本から近いアジア圏であれば、格安で魅力的な観光地があります。時差も少なく、渡航時間も半日程度で行ける国であれば、移動にも負担がかからず楽です。また、現地の物価も日本より割安のところが多いので、現地滞在中の食費や交通費も安く抑えられます。5万円以下で行ける海外旅行で、異文化や美味しい食べ物や買い物などを満喫してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!