お得なふるさと納税が更にお得に?ふるなびグルメポイントとは

最近何かと耳にするようになったふるさと納税。あなたはもうやっていますか?地域の美味しいものや、最近では家電までもがお礼の品に加わって、ますます盛り上がりをみせています。ふるさと納税自体がお得な仕組みですが、ふるなびというサイトを使って納税すれば、もっとお得に!今回はふるさと納税の仕組みから、ふるなびまでご紹介します。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税って?

ふるさと納税とは、各自治体に寄付をすると、税金が控除されお得になる制度。そして自治体からはお礼として、その自治体の特産品などがもらえるのです。お礼の品は各自治体によって様々で、好きなお礼の品がある地域や、応援したい地域を選んで納税することができます。

もらえるものはどんなもの?

お礼の品としてもらえるものには、お肉やお米、海産物から、果物やお酒、スイーツなどその地域の美味しいものがたくさんあります。自分では買わないようなプレミアムな食品や、その地域に行かないと食べられない名産品がいただけるのもうれしいポイント。また、温泉チケットや食器、インテリアや家電まで、ありとあらゆるものがあるので、インターネットなどを使ってよく検討してみてくださいね。

ふるさと納税はいくら納めればいいの?

世帯によって変わってきます

各自治体への寄付の額は人それぞれです。2,000円、5,000円、10,000円、中には150,000円寄付するという人も。寄付の額によってお礼の品も変わってきますし、控除額も変わってきます。また、複数の自治体に寄付しても問題ありません。税金の控除を考えて、いくら寄付するのがお得かということは、自分の世帯の年収によって違いがあります。

寄付の限度額って?

いくら寄付をすれば、総じていくらの自己負担になるかということは、家族構成や年収を使って計算することができます。高額の寄付をするほどお得になるというわけではなく、自己負担を最小限である2,000円になるように寄付することが一番お得な方法なのです。その限度額を知るには、所得税と住民税に分けて計算しなければならないのですが、インターネット上でシミュレーションソフトなどを使えば簡単に調べることができます。

限度額の例をご紹介

年収額が500万円、配偶者は専業主婦で中学生以下の子どもが一人いる場合、自己負担が最小限になる寄付の上限は、47,000円です。年収額が350万円で、独身の場合の上限は34,000円。年収が700万円で、配偶者は専業主婦、中学生と高校生の子どもが一人ずついる世帯では74,000円になります。それ以上、寄付しても構いませんが、超えた金額分が自己負担になることは覚えておきましょう。

ふるさと納税ができる、ふるなびって?

ふるさと納税は電話やインターネットを通して行います

ふるさと納税の申し込みの方法は、電話やインターネットなど、自治体によって申し込み方法が違います。インターネットで申し込みをしようと思ったら、次に決めるのはどのサイトを使うかということ。ふるさと納税専門のサイトは10個ほどあり、サイトによって掲載自治体数やスマホでも利用可能どうか、会員機能があるかどうかなどに差があります。

ふるなびってどんなサイト?

「ふるなび」は、株式会社アイモバイルが運営している、ふるさと納税のポータルサイト。ふるなびの特長は、ふるなびを使ってふるさと納税を行うとポイントが貯まるというところです。「ふるなびグルメポイント」は、提携する店舗で1ポイント1円として利用することができます。ふるさと納税をすれば、税金控除を受けられ、特産物がもらえる上に、貯まったポイントで美味しいものを食べにいけるなんて、知った者勝ちですよね。

ふるなびグルメポイントの利用方法は?

ポイントを貯めるには、ふるなびのサイトで会員登録をした上で、ふるさと納税の手続きをすればOK。ふるさと納税の金額の半分がポイントとして付与されるということなので、結構な金額になりますよ。ポイントを使う際には、まず利用店舗を決めて、直接店舗予約しましょう。その後予約した店舗の「ふるなびポイントの利用申請ボタン」から利用申請を行います。お店に来店したらお会計からポイント分が引かれるという流れです。

利用店舗について

ふるなびグルメポイントが利用できる店舗は、松阪牛、飛騨牛、常陸牛を扱う有名高級店ばかり。上質なお肉をポイントでいただけるなんて、とても魅力的ですよね。2016年の7月に始まったばかりのサービスなので、今後利用できる店舗や地域が増えることに期待が高まっています。

まとめ

「なんだか面倒くさそう」「仕組みや手続きが難しそう」という理由で、ふるさと納税は知っているけど手を出していない人、こんなにお得な制度を利用しないのはもったいないですよ。ふるなびを使えば、お得な制度がさらにお得になるのでとってもおすすめです。どの自治体に納税するか悩むことも大事ですが、どのサイトを使って納税するかということも一緒に検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!