副業にメルカリを利用している人がたくさん!ヤフオクとの違いってなに?

スマホは常に持ち歩いているほど、生活の一部になっていますよね。そんなスマホのアプリで簡単に物品の販売や購入ができるメルカリをご存知ですか?自分で作ったものやいらなくなったものを簡単に出品できるとあって、副業でやっている人も多いのです。今回は、ネットオークションの有名どころでもあるヤフオクと比較してご紹介していきます。

メルカリってなに?

簡単に利用できるスマホのフリマアプリ

フリーマーケット、通称フリマは、よく耳にして知っている人も多いでしょう。屋外でビニールシートの上に、古着や使わなくなった食器などを並べて売るのですが、それをインターネットつまりスマホのアプリ内で行うのです。売りたい値段を設定して、写真を撮り、簡単な説明文を付けてボタンをポチッと押せば出品完了。あとは売れるのを待つだけです。

売れたら手数料が10%かかる

メルカリで出品したものが売れると、10%は運営側に手数料として引かれます。例えば10,000円で売れたとしても、手数料として1,000円引かれた9,000円が実質手元に入ってくる金額になるのです。アプリの簡単操作で手軽に販売できますが、手数料が高いことが少しネックになっている人もいます。

メルカリでうまく売るためには

自分が出品したものは、できるだけ売れてほしいと思うものですよね。うまく売るためには、基本を忠実にして、相手に安心感かつ使う場面を想像させるように誘導するのです。まず基本は、紹介分を丁寧に書くこと。保証もなければ、新品でもないものの購入を決めるのに、その商品・出品者へ安心感を求めますよね。基本情報をしっかりと記入したうえで、どのように使いやすいものなのか具体的に書くことで、相手に信用してもらえます。

評価するシステム

メルカリではお互いを評価するシステムがあり、取り引き成立後に評価をし合います。そこで対応が悪かったり、紹介分とは違うことがあったりすれば、購入者から低い評価を受けますよね。評価は他の人も見られるようになっているので、人から受けた評価が低いと、次から出品した商品が売れにくくなってしまいます。

メルカリ?ヤフオク?違いってなに?

ヤフオクはオークション

ネットーオークションといえば、ヤフオクをすぐに思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。メルカリはフリマなので、設定した金額で売却します。しかし、ヤフオクはオークションなので、初めに設定した金額よりも購入したい人が値段を上げていくこともあるので、高い値段で売れることもあるのです。メルカリは出品したものは売れるまでずっとアップされていますが、ヤフオクの場合は期限を設定して出品するところも異なります。

売却時にかかる費用が異なる

メルカリは前述しているように、10%を手数料として引かれますが、ヤフオクの場合は8.64%を手数料として支払う必要があります。ヤフオクの場合は、オークションに出品するためにはプレミアム会員になる必要があるので、手数料に加えて、会員費の498円も必要です。

ヤフオクはパソコン、メルカリはスマホがメイン

ヤフオクのメインはパソコン操作になっています。もちろんスマホでも可能ですが、ヤフオクで購入を検討している人の多くもパソコンから見ている人が多いのです。一方メルカリは、スマホでしか対応していません。スマホが普及しているものの、利用者の年齢層は、メルカリが10代から20代、ヤフオクが30代~40代と分かれています。出品するものによって対象の年齢がどちらに適しているのか、出品前に考えたほうがいいですね。

お金のやり取り方法が異なる

ヤフオクとメルカリの大きな違いには、お金のやり取りの方法が異なります。ヤフオクの場合はユーザー同士が直接連絡を取りあうことで、お金のやり取りを行いますが、メルカリは運営側を通して行うのです。メルカリの場合は、発送のやり取りをし終わった後に、手数料を引かれた売上金が入ってきますが、そのあと換金申請をして初めて手元にお金が入るシステムになっています。運営側がお金の管理をしてくれるのです。

メルカリとヤフオク、それぞれに向いてるのはこんな商品

メルカリに向いている商品とは

対象としている年齢層が10代から20代ということもあり、ゲームやアクセサリー、子ども服などファッション系のアイテムが向いています。若い人はもちろん、女性利用も多いので、アクセサリーや子ども服など、検索するとたくさん出てきて、既に売れている商品もたくさんあるのです。

ヤフオクに向いている商品とは

ヤフオクは年齢層がメルカリよりも高いことはもちろん意識するべきですが、オークションなので、価値が付きやすいものを売ると高く売れるのです。例えば、限定版のDVDやフィギュアなど、ファンであればすぐに食いつきますよね。また家電やAV機器など、高価なものもヤフオクのほうが向いているでしょう。

まとめ

気軽に使えるメルカリですが、なんでもかんでも出品すれば売れるものではありません。きちんと相手に安心感を与えられる対応や、メルカリの対象に合っている商品を選ぶ必要があります。ものによってはヤフオクを利用したほうがお得な場合もあるので、よくよく対象者を検討しながら進めてください。副業でお小遣い稼ぎをして、少しリッチな生活を楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!