フリルで賢く副業!始め方から、振り込み申請手順まで大紹介!

空いた時間で副業したいけれど、なかなか難しそう…という方に朗報です!フリマアプリのフリルを使えば、家に居ながら、使わなくなった物をお金にすることができます。ハンドメイド商品を出品してもよいですね。着々と知名度の上がっている、フリルについて詳しく見ていきましょう!

フリルについて知ろう!

フリルって何?

フリルはフリマアプリのひとつで、フリーマーケットをアプリ上で行うものです。一般的なフリーマーケットというと、開催日や場所が決まっているものですが、フリルを使うと、スマホのカメラで撮影した物をすぐに出品でき、家に居ながら掘り出し物を探せます。場所や時間を選ばない手軽さで、累計で600万ダウンロードを超える人気です。

どんな物を売ればよいの?

フリルは、洋服やバッグなどのファッションアイテムが特に充実しています。他には、ベビー用品、家電、楽器、食品、ハンドメイド作品などと、ジャンルは多様です。意外な物に需要があったりするので、これは売れないかなと自分で決めつけずに、どんどん出品してみましょう!

安心・安全の取り組みが充実しています!

顔の見えない相手とのやりとりは、トラブルも心配ですよね。フリルは、購入者から代金を預かり、取引完了を確認してから、出品者に支払うシステムなので、「商品を送ったのに支払われない!」という問題を回避できます。その他、紛失補償や高額な取引の場合は本人確認のシステム、相手に住所を知られずに、配送できる匿名システムなど、出品者と購入者の間でしっかりサポートしてくれるので、安心です。

出品したい!

まずはダウンロード

フリルの利用は、アプリが使いやすくておすすめです。まず、App Storeなどでフリルを検索し、アプリをダウンロードしましょう。初回起動時に、説明が出るのでしっかり確認してください。情報を入力して会員登録をします。登録は新規でもできますが、SNSの情報で利用することも可能です。情報を入力後、仮登録されるので、送られてくるメールに従って本登録をしてください。

出品しましょう!

アプリを立ち上げ、「出品」のアイコンを選びます。「+」を選び、最大4枚までの写真を設定、商品の説明や価格、購入に出品者の承認が必要かなどを入力し、「出品する」を押すと、出品が完了です。写真は、あらかじめ撮ったものを選ぶこともできますし、入力中に撮影することもできます。下書き保存や編集も可能です。

出品後の流れは?

出品後の流れは、購入希望者が購入申請をし、出品者が大丈夫と判断すれば、承認して代金を支払ってもらいます。出品の時に、承認不要にした場合は、購入申請のやりとりはなく、すぐに代金支払いです。支払いを確認したら、出品者が商品を発送します。購入者に商品が届くと、届いた確認とお互いの評価をして、取引は終了です。

売上金を使いたい!

売上金を使う方法

売上金を使う方法は、フリルのアプリ内での買い物にそのまま使うか、振り込み申請をして、現金で受け取るという2種類があります。

そのまま使う方法と注意点

そのまま使う方法は、購入する商品の、代金支払いの画面で、「ポイント/売上金の利用」を選び、希望の利用方法を選択します。全額でなくても、一部のみ売り上げを使うことも可能です。フリル内で使う場合は、手数料がかからないので、売上金すべてを利用できます。ただし、利用できるのはフリルのみなので、注意しましょう。

振り込み申請の方法と注意点

振り込み申請方法は、マイページ内の「売り上げ確認、振り込み」から、振り込みを選びます。振込先の情報を正しく入力して、完了です。基本的には翌週の木曜日に振り込まれるでしょう。注意点として、振り込み申請をするには、1,000円以上の売上が必要で、手数料が210円かかります。金額が10,000円以上だと、手数料は無料です。手数料がかかりますが、現金で手にできるのは、使う場所を選ばないので嬉しいですね。

売り上げを上げるポイント!

ポイントは2つ!

出品しても、購入希望者がいない場合もあります。せっかくなら、少し工夫をして、売れやすくしましょう。ポイントは、明るくはっきりした写真を使うことと、説明を丁寧に分かりやすくすることです。購入者は、商品を実際に見て買うことができない分、説明が丁寧だとイメージしやすくなります。自分が買うとしたら…を考えて写真や説明文を選びましょう。

まとめ

フリルについて詳しく紹介しましたが、いかがでしたか?出品や購入の操作が簡単で、サポートもしっかりしているので、フリマアプリ初心者にも始めやすいですね!さっそく、ダウンロードして、眠っているものを、お金に換えましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!