国内旅行にもトラブルは付きもの!知っておきたい国内旅行向け保険の仕組み

楽しいはずの旅行が一瞬で台無しになってしまうのが、予期せぬ事故や所持品の盗難などのトラブルです。海外に旅行する場合は保険に加入される方が多いと思いますが、国内の旅行において保険に加入される方はまだまだ少ないのが現状です。今回はそんな国内旅行向けの保険にスポットを当て、賢い保険の使い方についてご案内します。

国内旅行なのに保険に加入する必要はあるの?

昨今はアウトドアブームもあり、ラフティングやパラセイリングなど全国各地でアクティビティがどんどん豊富になっています。また、登山ブームも続いており、毎年1,000万人以上が登山を行うなど、その人気は衰えることを知りません。アウトドア用品の進化により、以前に比べればかなり安全に色々な場所でアウトドアできるようになっていますが、100%安全とは言い難いもの。そんな時に必ず助けになるのが、国内旅行向けの保険です。

国内旅行向けの保険は、1日数百円のプランもあり負担額が少ないのが特徴です。
また、高齢者(70代)でも加入できるので、シニア世代の旅行でもその効果を発揮してくれます。補償内容に関しても、旅行先での事故や盗難に対応してくれるだけではなく、留守中の自宅家財の盗難にまで対応してくれるプランもあります。負担額が少ないにも関わらず、補償内容が幅広いのは本当に助かりますよね。これなら、国内旅行向け保険に加入してみても良いなと思われたのではないでしょうか?

日本は安全な国だけど、予期せぬトラブルは起きてしまうもの

海外に比べ治安が良いとされる日本ですので、当然盗難や傷害などのリスクは低いと言えますが、旅行先でのトラブルには他にも色々なケースが想定されます。例えば「温泉で足を滑らせて怪我をしてしまった」「旅館の骨董品を誤って破損してしまった」「海水浴中にクラゲに刺されてしまった」などなど想定外のトラブルはどうしても起きてしまいますよね。こんなことなら保険に加入しておけば…と思ってからではもう遅いので、国内旅行でも保険に加入するという選択肢があることを覚えておいてください。

どんな保険があるの?誰でも加入できるの?

ここまでお読みいただき、国内旅行向け保険の必要性を感じていただいた方のために、おすすめの保険を3社ピックアップしてみましたまさに三者三葉といった保険会社とプランですが、いずれも旅行プランによりどの保険を選ぶべきか分かりやすいと思います。国内旅行保険を考えるのが初めてという方もぜひ、保険への加入を検討されてみてください。

国内旅行向け保険、選ぶならこの保険がオススメ!

とにかく簡単、低価格!はじめての保険なら「au損保」!

auの名は付いていますが、au加入者以外でも利用できるのが「au保険」です。この保険の魅力はその手軽さにあるといえるでしょう。スマホ、PCなど場所を選ばず24時間手続きができ、3種類あるグレードも明瞭で分かりやすいです。価格設定も非常に安く、日帰り・1泊2日なら262円から加入ができるので、敷居はとても低いですね。また、「auかんたん決済」でも支払いができるので、クレジットカードを利用できない場合でも加入できます。まさに初めての方にぴったりの保険といえるのではないでしょうか?

独自の補償が魅力的!品質を求めるなら「AIU保険会社」!

1泊2日で934円からと、少し価格は高い「AIU保険会社」ですが、他の保険にはない独自の補償が魅力的です。特に利用価値が高いものとして「航空機欠航補償」があり、空港での急なトラブルにもしっかり対応してくれます。また、旅行中に自宅で盗難が起きた場合の補償もあり、細かい所に手が届く安心・安全の保険といえるでしょう。少し値段は高くても、心から安心して旅行を楽しみたいという方にはとてもおすすめできる保険です。

団体旅行に最適「エイチ・エス損保」!

1泊2日340円からと、丁度「au損保」と「AIU保険会社」の中間の価格設定なのがこの「エイチ・エス損保」です。他の保険にない魅力として、1契約で最大10名まで契約が可能という点があります。団体の旅行において、一人ずつ保険に加入するのは面倒ですが、「エイチ・エス損保」ならまとめて加入ができるので、非常に手間が少ないですね。団体旅行ならば、迷わず選ぶべき保険といえるでしょう。

まとめ

これからも多種多様なアクティビティの増加に伴い、国内旅行向けの保険のニーズは今後高まっていくことでしょう。最高の旅行をするなら、最高の安心と安全とともに良い旅をお楽しみください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!