転職サイトを上手に利用して年収アップ!

転職したいと考えている方が、まず最初に利用するのが転職サイトだと思われます。数ある転職サイトには、それぞれどのような特徴があり、自分に合った転職サイトをどのように見つけることができるのでしょうか。よりよい条件で転職し、年収アップを目指してください。

転職して年収アップ、成功者はどんな人?

転職しやすいのは何歳ぐらいまで?

大手転職情報サイトDODAによると、転職して年収アップした成功者の傾向として、以下のように挙げています。平均年齢31.1歳、平均転職回数0.8回、平均年収(転職前)417.1万円、平均アップ額56.7万円、最大アップ額440万円という数字が出ています。職種によってこの条件に当てはまらないものもありますが、転職しやすい年齢として20代後半から30代前半といえるでしょう。ちょうど社会人としてある程度、独り立ちできる年齢です。

転職で成功を収めやすいタイミング

先述したDODA発表によると、転職後の年収アップ率が高かったのが、28歳を頂点にその前後の27歳、29歳が高く、それ以降、年齢が高くなるにつれ、年収アップ率が低下しています。終身雇用、年功序列で年収が決まる会社はともかく、実力主義で自身の実績が年収に影響するような職種では、若すぎず、かつ年齢も高すぎないタイミングでの転職が、年収アップに繋がります。

転職なら同業界/同職種にすべきか?

同じく、DODAの発表によると意外な結果となりました。一般的に転職するなら同業界/同職種のほうが有利と思われがちですが、一概にそうとはいい切れないようです。転職前、転職後の業種・職種をリサーチしたところ、転職者のうち全体の25.0%が同業界/同職種、7.0%が同業界/異職種、39.0%が異業界/同職種、29.0%が異業界/異職種となりました。つまり、それまで培ってきたスキルを異なる業界、異なる職種でも十分に活かせるということです。

転職サイトの上手な利用方法とは?

上記のことを踏まえると、必ずしも同業界/同職種から転職先を探す必要はないようです。もちろん、ご自分が希望する業界、職種から探すことは大切ですが、既存の考え方を一度捨て、広い視野を持って転職先を探すことも一つの手ではないでしょうか。違った角度でご自身を見つめ直すことで、新たな世界が広がることでしょう。これは経験を活かすことができるという前提での話で、まったく未経験、その業界のことも職種のことも知らずゼロからスタートで、年収アップは難しいでしょう。

大手転職サイトのメリット、デメリット

大手転職サイトのメリットとは何か?

転職サイト最大手の「リクナビNEXT」は転職者の8割が利用しているサイトです。最大手となれば、それだけ多くの情報が集まり、多くの選択肢から選ぶことができます。運営する株式会社リクルートホールディングスは1960年代から就職情報を扱ってきた実績のある企業です。最大手の転職サイトには、情報と実績という安心が備わっているといえます。

大手転職サイトのデメリットとは何か?

一方、大手転職サイトにもデメリットはあります。それは情報量が多すぎるということと、登録者数が多いということです。人間は、いくつかある選択肢の中から一つ選ぶのに、分母の数が多い(選択肢が多い)となかなか選べない、という性質があります。情報過多は必ずしもメリットとはいえません。また、登録者数が多いということは、それだけライバルも多いということです。希望する転職先への応募者数が多いということは、やはりデメリットといえるのではないでしょうか。

マイナーな転職サイトのメリット、デメリット

マイナーな転職サイトのメリットとは何か?

大手転職サイトから漏れた情報にこそ、ニッチな需要があります。ご自身のスキルが特殊なものの場合、大手転職サイトに登録するより、ある程度その業界/職種、または地域に特化した情報を提供してくれるサイトのほうが、よりよい転職先が見つかる可能性が高くなり、年収アップも期待できます。また、登録者数が大手より少ないというころは、逆にメリットになります。

マイナー転職サイトのデメリットとは何か?

マイナーな転職サイトのデメリットというと、やはり情報量の少なさが挙げられます。先述したとおり、確かに情報過多はデメリットに繋がります。しかし、そもそもの情報量が少なすぎると必然的に選択肢も狭まります。さらに、マイナーな転職サイトでは、大手のような「痒いところに手が届く」的なサービスが十分に提供されない場合が多くあります。たとえば転職先が決まった際に出る「お祝い金」が出るとか、転職セミナーを開催などというサービスは、大手に限られてしまいます。

まとめ

転職サイトに登録したら自動的に好条件の転職先が見つかるということはありません。転職サイトはあくまでもツールの一つ、人脈を活かしたり、転職セミナーなどに参加したり、ご自身の足で情報収集することも大切です。転職の目的は人それぞれ異なりますが、転職を希望される方は、より良い条件で年収アップに繋がるよう、そしてやり甲斐のあるお仕事に巡り合えるよう、常に情報のアンテナを張るように習慣づけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!