クーポンがあれば非会員でもコストコで買い物ができる!

コストコといえば、各種メディアでも取り上げられ倉庫型の大きな店舗が有名ですが、コストコはそもそも豊富な品揃えと共に、低価格が人気のショップです。そんなコストコが、わざわざクーポンを発行しているのはなぜなのか。その理由や、会員制であるコストコを非会員でも利用できるクーポンについてご紹介します。

コストコがクーポンを発行する理由とは

そもそもコストコは会員制

コストコは会員制のショップで、個人で4,000円、法人の場合でも3,500円という年会費を支払って会員にならなければ、買い物はおろか入場することもできません。その分、会員制だからこそ実現できる低価格が強みではあるのですが、ただでさえ低価格の商品を、さらにクーポンによって割り引くのはなぜなのでしょう。

会員費の還元という側面

クーポンが発行されている理由は当然のことながら、年間4,000円という決して安くはない会員費の還元という側面が大きいです。しかし、コストコを日常的に使う人ならば分かる通り、割引など適用せずともコストコの商品は低価格であり、年会費の元を取ることはそう難しくありません。

利用者にとっても無数の商品から選ぶ目安になる

また、クーポンは割引という金銭的なメリットだけでなく、豊富過ぎる品揃えの中から買うものを選ぶ基準にもなってくれます。これは店舗の大きなコストコならではのデメリットともいえますが、クーポンによってある程度おすすめの商品を提示することで、買う側の選択を助けてくれているわけですね。もちろんそれは店側が売りたい商品を提示しているわけですが、やはり大きな店舗を歩き回る労力を考えると利用者にとっても悪いことではありません。

コストコのクーポンは会員向けばかりではない

ここまで割引クーポンについてのみ説明してきましたが、実はコストコが発行しているクーポンはそればかりではありません。本来コストコ利用者ではない、非会員向けに発行されているクーポンがあるのをご存知でしょうか?

コストコのクーポンは大きく分けて3種類

コストコのクーポンは、大きく分けて3種類あります。
・商品の割引クーポン
・コストコタイヤ館で使用できる割引クーポン
・非会員でも入場可能になるワンデーパス
こう見ると、非会員でも入場可能になるクーポンがあるなら会員になる必要はないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、やはり会員に比べるとデメリットもあります。

ワンデーパスのメリット

ワンデーパスの種類

まずコストコの発行するクーポンの中でワンデーパスと呼ばれるものにはいくつか種類があります。コストコ商品券という形であったり1日特別招待券という形であったりするのですが、それぞれ共通のメリットとデメリットについてご説明します。

ワンデーパスのメリット

ワンデーパスのメリットはいわずもがな、会員でなくともコストコで買い物が楽しめるという点です。前述の通りコストコの年会費は通常4,000円かかりますが、それを支払う必要がないだけで十分なメリットといえるでしょう。

ワンデーパスのデメリット

商品券や招待券を利用してコストコで買い物をした場合、商品の価格が一律5%上乗せされてしまいます。これは、会員費によって低価格を維持しているコストコとしては当然の対応でしょう。単純に5%上乗せと考えると、ひどく割高になるような印象があるかもしれません。しかし会員費4,000円がすでに差し引かれていることを考えると、それを超える80,000円分の商品を購入しない限りやはりメリットの方が勝ることになりますので、一度コストコへ行ってみたい、という方には打ってつけのクーポンです。

ワンデーパスは雑誌や折り込みチラシでゲット

気になるワンデーパスの入手方法ですが、近隣にコストコの店舗がある方はクーポン付の折り込みチラシが入ることがあります。そうでない方は、クーポン付の雑誌を購入することで場所に関わらず入手することも可能です。また、オークションなどでも出品されていることが多いのですが、こちらは通常の入手法に比べると割高な場合も多いため、注意が必要です。身近にコストコ会員がいらっしゃる方は、直接お金を渡すなどして商品券を買ってきてもらうというのが最も確実な方法かもしれません。

まとめ

会員にとってはもちろんのこと、非会員でも楽しめるコストコ。気になってはいたけれどいきなり年会費を払うのはちょっと……という方にこそおすすめなのがワンデーパスです。5%の上乗せがされるとはいえ、年間購入額が80,000円に満たない人にとっては悪くない選択肢といえるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!