確定申告のために必要書類と事前に必要な準備とは

確定申告の必要書類は人によって変わってきます。これは給与所得者と自営業者で変わるだけでなく、土地や建物、株式の譲渡所得が発生した場合に申告が必要だからです。また、所得が赤字になる場合も申告が必要になるケースがあるのです。

申告書は税務署などで受け取ることができる

確定申告のための申告書を入手する方法は、税務署で受け取る他、税務署から取り寄せる方法や、インターネット上からプリントアウトする方法があります。取り寄せる際は必要な書類のを明記した上で、返信封筒に自分の住所と重量に応じた切手を貼って税務署に郵送することになります。重量によって切手の金額が変わるため、事前に税務署に確認することも大切になります。他にも確定申告の相談会場で用意している事もあり、市区町村の相談窓口で貰えることがあるのです。

青色申告か白色申告かで別れてくる

確定申告は青色申告か白色申告かでも別れてきます。青色申告は事業所得や不動産所得がある人で、事前に届け出をした人に限られます。給与所得者は白色申告で申請するのが一般的になっているのです。

源泉徴収票や各種控除の書類の添付が必要になる

確定申告は申告書に必要事項を記入し、源泉徴収票や医療費控除のための領収書等必要書類を添付して提出することになります。給与所得者で年末調整を行っていても、住宅ローンの控除や、医療費控除を受ける際は別途申告が必要になるのです。また、副業を行っていて給与所得の他に副収入がある場合は併せて申告する義務が発生するのです。

必要書類は主に控除に利用するものになる

確定申告書の記入を行う際には必要書類を揃えた上で正確に記入する必要があります。申告額と書類にズレがあれば、修正申告の必要が生じるだけでなく、追徴課税が発生する可能性も存在するからです。給与所得者であれば、申告の必要書類は主に税金の控除に使われるもののため、まず書類をしっかり揃えることと合計額を間違えない事が大切になるのです。

確定申告書には必要書類のチェックリストもついてくる

確定申告書の中には、必要書類のチェックリストが含まれています。給与所得や公的年金の源泉徴収票等、基本的に必要となる書類に漏れがないか、確認できるようになっているのです。医療費控除に利用する領収書や、保険料の支払い証明書だけでなく、寄付金の受領書等を添付することで控除を受けることができます。書類を無くすと申告できない可能性があるため、事前に再発行ができないか確認することも重要です。また、年末調整時に保険料等の控除を受けている場合は、支払い証明書の再提出は不要になります。

電子申告や郵送での提出も可能

確定申告は一定条件を満たせば電子申告が可能となっています。添付書類もe-Taxに適合するものであれば電子申告が可能ですが、対応していないものは別途郵送する必要があります。確定申告書自体も郵送が可能なため、期日までに税務署に行くことが難しい場合は郵送で提出してしまうのも方法なのです。

確定申告を行う際の注意点は

領収書やレシートは、希望しないと返却されない

各種控除に使った領収書やレシートは、返却を希望しなければ返ってこない点に注意が必要です。原本を残す必要がある場合は、返信用封筒に切手を貼った上で返却希望である事を記した書類を添付するか、確定申告の際に提出ではなく提示で済ませる必要があるのです。税務署での領収書等の保管期間は1年間と定められているため、1年を過ぎれば戻ってこないことを理解する必要があります。

不安な場合は申告前にチェックしてもらうことも重要に

確定申告で必要書類が揃っているか、あるいは記入にミスがないかは事前に税務署でチェックしてもらうことができます。期日直前はどうしても込み合ってしまうため、不安がある場合は早めに相談するのがポイントになります。領収書やレシートがない物でも、家計簿などを見せることによって申告が可能になる場合もあるため、余裕をもって行動することが大切になるのです。

株や不動産の譲渡収入がある場合は別途書類を用意する必要がある

株や不動産の譲渡収入がある場合は、別途書類を作成し添付する必要があります。株や投資信託等は配当収入に関しても課税対象となるため注意が必要です。また、譲渡損が発生した場合や事業者で所得が赤字になってしまった場合は、必要書類を添付することで赤字を翌年以降の所得から差し引ける場合があります。金額が大きくなる場合や赤字の際は処理が複雑になる事が多く、税理士への相談がおすすめです。

まとめ

確定申告の必要書類は、確定申告書と収入や控除の正当性を証明する書類になります。株式等の収入がある場合は別途添付が必要になるケースもあり、書類に漏れがないように注意が必要です。基本的に申し込まなければ書類の返却は無いため、原本が必要な場合は別途申し込む等、確定申告後の事も見据えて行動する必要があるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!