ネットで簡単!確定申告の電子申告

勤務先で年末調整を行うだけで、所得税の納税額の計算が完了する人以外にとっては、2月から3月には確定申告というイベントを意識する必要が出てきます。この確定申告は近年ではインターネットで申告を行うことができるようになっており、以前よりは負担はかなり減っています。

確定申告についての知識

確定申告の目的

確定申告というのは主として個人事業主が対象となってきます。ただ、住宅ローン控除といったような控除を受ける必要があるサラリーマンや副業・株式投資で一定の金額以上を稼いでいるようなサラリーマンなども対象になってきます。このような人は確定申告を通して、自分自身がその年度に稼いだ金額、つまり所得金額を計算する必要があります。さらにその所得金額に応じた所得税の金額まで計算して、税務署に伝えるというのが確定申告という作業になります。

確定申告の時期

確定申告については、毎年2月16日から3月15日の間に行う必要があります。この期間内に、その前年1月1日~12月31日までの所得の金額を申告する必要があります。また、確定申告には実は2種類あって、所得税の確定申告と消費税の確定申告があります。消費税の納税義務がある個人事業主については確定申告で所得税と共に消費税についての申告も行う必要があります。ちなみに、この消費税の確定申告の期限は3月31日までになります。ただし、所得税と併せて申告するケースが多いといえます。

確定申告をネットで行うメリット

自宅から申告することができる

インターネットで確定申告を行わない場合、確定申告書を税務署へ郵送する方法が一番手軽な方法になります。しかし、確定申告書を税務署へ郵送すると、何か大きな問題があった場合などに修正が効きません。したがって、多くの人は確定申告の時期に税務署の窓口に殺到することになります。しかし、インターネットで確定申告をすると、画面上の指示に従うことにより形式の整った確定申告書を作成でき、24時間いつでも、自宅で簡単に確定申告を完了させることが可能になります。

添付書類を省略することができる

インターネットを介して確定申告する場合のメリットとしては添付書類を省略できるというメリットがあります。確定申告で控除を受ける場合、例えば医療費控除を受ける場合には医療費の領収書のような添付書類が必要になります。ただ、インターネットで確定申告することにより、このような添付書類が不要になるメリットがあります。

還付を受けるまでの期間が短くなる

インターネットで確定申告をするメリットとしては、還付までの期間が短くなるというものもあります。インターネットで確定申告すると平均して3週間程度で還付を受けることができます。

確定申告の電子申告を開始するまでの準備

開始届出書の提出

確定申告で電子申告を行う場合、いきなり思い立った時に電子申告ができるわけではありません。確定申告を電子申告で行いたい場合にはまず電子申告をするための手続きが必要になります。その手続きが税務署に「開始届出書」という書類を提出するという手続きになります。そして、税務署がその開始届出書を元に審査と登録の処理を行うという流れになっています。この開始届出書の提出についてはインターネット上からでも行うことが可能になっています。

利用者識別番号と暗証番号の入手

さて、開始届出書をインターネットで経由で送信すると、利用者識別番号というものが発行されることになります。ちなみに、もしインターネット経由ではなく、開始届出書を郵送するといった形で提出していた場合には利用者識別番号と暗証番号が記載された通知書が税務署から送付されることになります。ちなみに、開始届出書を郵送する場合にはどこの税務署に送ってもいいわけではなく、自分自身が住んでいる場所を管轄している税務署に郵送する必要があります。

将来的に実施される可能性がある認証の仕組み

現在の認証の仕組みでは、利用者識別番号を入手した後、電子証明書というものを導入する必要があります。しかし、今後の確定申告においては、認証コードを用いて、認証のやり方を簡略化するという計画があります。携帯電話の番号をインターネット上の画面に登録すると、認証コードが届き、これを入力することで本人確認を行う形になります。当初、2016年にはこの仕組みを導入される予定でした。しかし、近年情報漏洩事故などが頻発している事情も受け、セキュリティ強化のために導入は延期されています。

まとめ

今回は、インターネットを介して行う確定申告についてみてきました。そもそも確定申告とは何か、確定申告をインターネットで行うことにはどのようなメリットがあるのか、確定申告をネットで行う際の事前準備に必要な作業は何があるのか、について説明しています。次回の確定申告からインターネットでの申告を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!