2016年スタートの新ルール!扶養家族の106万円の壁とは?!

2016年に扶養家族の法が改正になったのを知っていますか?今までは103万円の壁といわれていましたが、それが106万円の壁に変更になりました。103万円から106万円に変わることで影響を受ける人とは?今までの扶養家族の流れを振り返りつつ、新しい106万円のルールについても解説していきます。

扶養家族とは?一体どういうルール?

扶養家族というものがよく分からないという人へ

あなたは扶養家族に入っていますか?もしあなたが扶養家族の当人であっても、扶養する立場でないと意外と詳しく知らないかもしれませんね。そもそも扶養家族とは、簡単に言うと、養ってもらう必要のある家族のことです。例としてアルバイトで生計を立てている家族などが分かりやすいですね。所得がないかもしくは少ないので、養ってもらう立場の人の扶養家族となり、生活していくことになります。

扶養家族に入るためには、条件が設けられている

扶養家族に入る条件は、生計を共にする16歳以上の6親等以内の血族か3親等以内の姻族とされています。しかし、ここで色々と例を出すと分かりにくくなり複雑なので、一般的な同居する家族の関係をイメージして下さい。一番有名な条件なのが、所得制限が設けられることで、扶養家族は年間38万円以下の所得でなければいけません。もしこれが会社からの給料のみならば、年間103万円以下となります。ちなみに納税者の妻や夫は扶養家族には入れません。この場合は、配偶者控除というまた別の税法が適応になります。

法律上の扶養家族と保険上の扶養家族

税法上の扶養家族と社会保険上の扶養家族は違う

扶養家族にも2つ種類がありまして、【国税庁管轄】の税法上の扶養家族と【厚生労働省管轄】の社会保険の被扶養者となっております。一つ目の税法上の扶養家族は国税が対象なので、所得税や住民税が対象になります。いわゆる納税者が扶養者控除を受けれて税金がお得になるという事です。2つ目の社会保険の被扶家族は、会社の保険証に加入している場合に、扶養家族も加入できるシステムのことを指します。

社会保険の扶養家族は所得制限が年間130万円

税法上の扶養家族と違い、年間の所得制限が130万円未満とされています。これ以上稼ぐと扶養の対象から外れるため、外で働く人は年間の所得を計算するのを忘れずにしないといけませんね。また、保険に加入している被保険者と比べて収入が2分の1未満となっていることも条件の一つとなっています。また別居している場合は、援助を受けている額よりも少ない収入でなければいけないという条件もあります。

旧103万円から新106万円へ変更になって変わることとは

パート社員がぶつかる問題、103万円の壁

扶養家族に入ると年間の所得制限が設けられていることが分かりました。所得制限額103万円を超えると、そこから所得税が発生する仕組みになっています。100万円以上の収入で住民税も発生しますから、103万円を超えて所得税と住民税を払うことになると扶養してくれる人の所得税控除もう受けられなくなるので、ダブルの痛手になります。そのため、どうしても扶養家族に入ったままでいたいという人は、103万円を超えないように労働時間を減らしたり調整する必要があるのです。

106万円に変わって仕事はどうなる?

2016年10月から法が改正になり、社会保険加入の条件が年収106万円以上になりました。今までは130万円以上が加入条件となっていたため、今後はかなりの人が社会保険に加入することになりそうです。勤続一年以上であることや週20時間以上労働すること、従業員が501人以上いる企業との条件もあることから、すべての人が当てはまる訳ではないです。自分が扶養家族の対象から外れるかどうか、細かくチェックしておいた方が良さそうです。

2019年には301人以上の従業員を持つ企業も対象になる!

3年経つと従業員数が301人以上の企業も対象にあるため、現在のままの感覚で働いていると、気付かない内に社会保険加入対象になる場合があります。扶養に入る家族の納税額を試算してから扶養を外れる方がお得か、それとも106万円以下で働き続けるかの選択をした方が良さそうです。もし、どうしても扶養に入らなければいけない事情がおありなのでしたら、従業員数が301名以下で年収が106万円を切る職場を探して転職も検討してみましょう。

まとめ

どうでしたか?扶養家族の法が改正になると意外と多くの人が影響を受けるのではないでしょうか。自分が扶養家族に入っている人は、どのタイミングで扶養家族を抜けて社会保険に加入するか、所得税と住民税を納めるかを自分自身でよく計算しておくと良いですね。税金が発生してからあせるよりも、早めに転職したり扶養条件を見直すことで、無駄な出費も抑えることが可能になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!