安過ぎても高過ぎてもいけない?結婚式の引き出物の相場とは

入籍をして、結婚式をするとなると様々なことを考えなければなりません。それは式場の場所だけではなく、誰を招待するのか、いつにするのか等、無数に考えなければならないことはあります。そんな中、多くのカップルを迷わせてしまうのが、結婚式の引き出物ではないでしょうか。そこで今回は結婚式の費用相場と定番ギフトについて紹介します。

引き出物の定番、カタログギフトの費用相場を理解しよう

なぜ結婚式の引き出物にカタログギフトは選ばれるのか

結婚式の引き出物で迷った際に、最終的にカタログギフトに決めるカップルは少なくありません。しかしながらカタログギフトは昔から伝統的にある結婚式の引き出物ではありません。では何故そんな引き出物業界では新参者であるカタログギフトは多くの人に選ばれるのでしょうか。その理由は個人が欲しいものを選べるからです。結婚式の引き出物は全員に同じ物を渡すので個人のニーズに添えません。しかしカタログギフトなら少なくとも不要なものを頼む人はいないので、結果として喜ばれる可能性が高くなるのです。

結婚式の引き出物としてのカタログギフトの費用相場

では結婚式の引き出物としてのカタログギフトの相場はどの程度の金額なのでしょうか。その費用は4,000円~5,000円程度です。この程度の価格帯を選んでおけば安過ぎず、高過ぎずちょうど良い金額だと言えるでしょう。しかしながら20代前半の夫婦の結婚式であればこれより安い価格のカタログギフトである場合は少なくありません。大切なことは相場費用に合わせることではないのです。相場を参考にしながらも、無理がないように身の丈に合った結婚式にすることを心がけましょう。

引き出物をカタログギフトとした場合、引き菓子は必要か

引き菓子を用意する際は、程度の金額のものを選ぶべきなのか

結婚式の引き出物で引き菓子を用意するケースは珍しくありません。お菓子づくりが得意は奥様がいる場合は、その奥様がお菓子を手作りする場合もあります。しかしながらそれは少数派で、引き菓子を用意する際は有名な菓子店のお菓子を取り寄せて準備する場合がほとんどです。では結婚式で引き菓子を用意した場合、その費用相場はどの程度なのでしょうか。引き菓子の相場は1,300円前後です。この金額からも解るように引き菓子は紅白饅頭のような軽く食べられる程度が適しているのです。

カタログギフトと引き菓子はセットにした方がいい理由

結婚式の引き出物でカタログギフトと引き菓子をセットにすべきかどうか迷った場合は、できるだけ両方をギフトとして用意しましょう。何故なら引き出物の定番の数は2個から3個が基本だからです。実際に友人や親戚の結婚式に参加した際の引き出物でカタログギフトしか入っていなかった、ということは無いのではないでしょうか。やはりカタログギフトのみとなると、それは後日自宅に送られてくるものなので、引き出物として嬉しいものではありますが、物足りなさを与えてしまうのが実際のところなのです。

結婚式の引き出物は贈り分けることも検討しよう

ご祝儀の金額に合わせて、引き出物を贈るという考え方もある

ゲストに合わせて、引き出物を変えることは珍しいことではありません。例えばゲストによってはご祝儀の金額3万円の人もいますが、10万円の人もいます。そういった方々全員に同じ引き出物とするのは失礼だと感じるのは自然な考え方です。実際に最近の結婚式では贈り分けをしていることは少なくありません。その代表的なものはカタログギフトの価格でしょう。カタログギフトの贈り分けは、あからさまにそれをしていることが伝わらないので、好まれる贈り分け方法の一つなのです。

ゲストの家族構成により引き出物を贈り分ける際の考え方

結婚式の引き出物の贈り分けは金額だけを基準にする必要はありません。ゲストの家族構成で贈り分けをすれば、喜ばれる可能性が高いですよね。例えば引き出菓子の数も、独身で一人暮らしのゲストに大量に持たせても迷惑な可能性がありますよね。ところが子供が3人いる夫婦のゲストに子供の分まで配慮した数のお菓子が入っていたらどうでしょうか。受け取った側は嬉しいですよね。このようなちょっとした引き出物への心配りで結婚式はゲストにとっても思い出深いものとなるのです。

まとめ

ここまで結婚式の引き出物の相場やアイテムについて紹介しましたが、いかがでしたか。引き出物と引き菓子、その両方を合わせる、もしくは2~3品の引き出物を用意しても相場は6,500円程度です。しかし結婚式の引き出物で大切なことは相場に合わせることではありません。それよりもゲストに対する感謝の気持ちが伝わる引き出物選びをすることが大切なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!