予算が少なくても大丈夫!結婚式の資金節約法

結婚式は一生に一度の大切なイベントです。会場やウェディングドレス、当日の料理や演出など、どんな結婚式にするかは自分達次第ですが、結婚式を挙げるにはお金がかかります。新生活を控えるカップルにとって、結婚式の費用はできるだけ安くおさえたいところですよね。賢く節約して、素敵な結婚式にするための資金節約方法をご紹介します。

会場選びは慎重に!

貸切タイプの会場は値段が高い

結婚式の資金を節約する上で、大切なのが会場選びです。どの会場を選ぶかによって、結婚式の費用は大きく変わってきます。会場にこだわらないのであれば、同じ日に何組も結婚式を挙げることができるホテルやブライダル施設などがお薦めです。1組のカップルで貸切るタイプのゲストハウスなどの式場は、費用が平均的に高くなってしまいます。会場費用で節約をするなら、演出や飾り付けに少しお金をかけて、値段の安い式場を素敵な会場にコーディネートしてしまいましょう。

見積もりに含まれる物、含まれないものを細かくチェック

結婚式場に実際に足を運んで候補の式場が決まったら、費用の見積もりをもらいます。その時に、見積もり書を細かくチェックすることが大切です。結婚式には式場代、衣装代、お料理代などの他に、お花の飾り付けや、ブーケ代、アクセサリー代、など様々な細かい出費があります。大まかな費用だけを見て式場を決めてしまうと、式の準備をする間にどんどん追加料金がかかってしまうことがあります。細かな項目をあらかじめリストアップして、料金に含まれるかどうかを確認した上で、式場を選びましょう。

貸衣装屋を自分で選べるかどうかが重要

結婚式費用の中で大きな割合を占めるのが、衣装代です。衣装代の平均的な総額は60万円程度で、結婚資金全体の5〜7分の1程度の割合を占めています。この衣装代を節約できるかが重要なのですが、式場によっては衣装屋を自由に選べる式場と、提携した衣装屋からレンタルをしなければならない式場があります。衣装屋を指定されてしまうと、衣装の選択肢も狭くなってしまう上に、安くてお得なドレスに巡り会える可能性が低くなってしまいます。式場を決める時には、衣装屋確認と、持ち込み料の有無を確認しましょう。

衣装代で節約

お色直しをしないのも現代的

最近はお色直しをしないカップルが増えています。ドレス1着のレンタル料は約10万円から、高いものだと50万円前後するものまであります。お色直しを1回すると、これだけの出費が増えてしまうわけです。少しでも結婚資金を節約したい人は、お色直しをしないのが良い方法です。お色直しをしなくても、ヘアアレンジを変えたり、髪や新郎のコサージュに添える花を変えるだけで、雰囲気を変えることができます。

アクセサリーはなるべく持参で

ドレス代の他に、レンタルをするとお金がかかるのがアクセサリーです。衣装屋さんでは、ドレスにぴったりの素敵なアクセサリーを薦められることがありますが、高価なものはレンタル料金だけで数万円から数十万円になります。ゲストにとって、花嫁のドレスはとても印象に残りますが、アクセサリーは意外と見られていないものです。無料か格安で借りられるアクセサリー、または母親や祖母のアクセサリーなどを上手に使って、アクセサリー代は安く済ませましょう。

ペーパーアイテムや映像は手作りで

ペーパーアイテムは手作りキットで可愛く節約

結婚式に招待状や席次表などのペーパーアイテムは欠かせません。ですがこれらを全てプロにお願いすると、とてもお金がかかります。おすすめなのは、大手文具店やDIY商品を扱うお店に売っている、招待状の手作りキットを利用する方法です。種類も豊富で、印刷を自分で行うだけであっという間に招待状が出来上がります。席次表や当日のプログラムなど、結婚式に必要なペーパーアイテムの手作りキットはお店で揃っているので、1から手作りする時間が無い人にはお薦めの節約法です。

ムービーは映像ソフトを使って手作り!

最近、結婚式の演出で定番になってきているのが、新郎新婦の生い立ち・馴れ初めを紹介するムービーです。これらのムービーを素人が作るのは難しいと思いがちですが、最近は映像ソフトを使って、素人でも簡単にムービーを作ることができます。ウェディングムービーのテンプレートを扱っているソフトもあり、写真や文字を当てはめるだけで簡単にムービーが作れるものもあります。プロに頼むと1本数万円から数十万円するウェディングムービーですが、手作りをすれば、結婚式資金を大きく節約できますよ。

まとめ

いかがでしたか?結婚式の資金は、ポイントをおさえることで少なく抑えることができます。ぜひ参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!