いまさら聞けない!結婚式での親族間のご祝儀の相場は

兄弟姉妹、いとこなど。親族の結婚式に招待された場合、いくら包むべきなのか?迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。友人のように仲の良い間柄であっても親族である以上、それなりの金額を包むのが妥当と言われていますが、その相場とはいったいいくらくらいなのでしょうか?

兄弟姉妹の場合のご祝儀の相場は?

そもそもご祝儀は必要なの?

友人・知人の結婚式に招待された場合、それなりの金額をご祝儀として包みますよね。しかし、子供の頃から共に育ってきた兄弟姉妹へのご祝儀となると、いくら包むのか、そもそもご祝儀は必要なのか?わからない人も多いのはないでしょうか。地域やその家庭によっても変わってきますが、お祝い事ですのでお祝いを贈るのは一般的なことです。ただし、招待された人が未婚か既婚かや年齢によっても大きく変わってきます。

渡す派の人たちのご祝儀の相場

友人の結婚式に夫婦で出席する場合に包むご祝儀は5万円が相場とされています。兄弟の場合さらにお祝いの意味を含めた5万円をプラスして10万円包むのが相場とされています。その家庭によって金額が決められている場合もありますので、不安な場合は、両親に確認しておくのがよいでしょう。

先にもらった場合は同額を包むことも

また、自分たちが先にご祝儀を頂いた場合は同額を渡すというのも一般的です。自分たちの結婚式に、先に結婚した兄弟夫婦を招待した場合は頂いたご祝儀と同額を、まだ独身の兄弟からご祝儀を受け取り、自分たちは夫婦で出席する場合は2人分プラスお祝いの気持ちを入れて7~10万円程度が一般的とされています。

渡さない派はきちんと話し合うことが大切

兄弟同士、いずれ渡し合うことになるのでご祝儀はなしにしようと言った話し合いがなされている場合もあります。また、独身の場合は両親とともに一家族として出席し、引き出物も家族として1つになりますので、基本的にご祝儀の必要はないとされています。しかし、ある程度の年齢になり収入もそれなりにある場合は相場の金額を渡しておく方が無難です。また、現金でのお祝いはしないでプレゼントを贈るという人も多いです。

いとこや親戚などの親族へのご祝儀は?

いとこへのご祝儀相場

おじやおばの子供であるいとこの場合。自分が未婚で実家暮らしの場合は両親が包むご祝儀の中にあなたの分も含まれていることが多いです。事前に両親に確認を取っておけば問題はないでしょう。そうでない場合は、兄弟の時と同じように一人で出席するなら20代なら3万円、それ以上なら5~7万円、夫婦で出席するなら10万円程度を用意したほうがよさそうです。

姪・甥へのご祝儀相場

自分の兄弟の子供である甥、姪の結婚式に出席する場合、自分ひとりであれば5万円~7万円が相場とされています。夫婦で出席する場合は10万円は最低ラインとされています。しかし、とくに親族が多い家庭の場合、親族間ですでに金額が決められていることもありますので、わからなければ両親や兄弟、親族に聞いてみるのもいいかもしれません。

結婚式に出席しない場合はどうすればいい?

ご祝儀を頂いたなら同額で。そうでなければ一般的な相場でOK

出産や仕事の都合などやむをえない事情で結婚式を欠席する場合、お祝いを頂いた兄弟姉妹、親族へは同額をご祝儀として渡すのが一般的です。また、病気などで突然欠席となってしまった場合は予定していたご祝儀を全額渡しましょう。出席していないから料理等分を差し引いた額でもよいという話も耳にしますが、それは友人、知人の結婚式の場合です。また、どんな間柄でもドタキャンの場合は出席した時と同じ額を渡すのが一般的です。

現金ではなく品物でもいいの?

親族でお互い結婚式には出席しておらず、ご祝儀ではなく贈り物にし、内祝いはしない、など取り決めをしている場合はそれでも大丈夫です。いずれにせよ、親族というのはこれからも関係が続いていくもの。お互いが気持ちよくこれからも親戚付き合いできるように、わからないことがあれば身近な人に聞くというのがベストです。

大切なのは関係性

ご祝儀は地域によって変わることも多いです。さらに兄弟・姉妹・親族へのご祝儀となると家族間・親族間での取り決めがある場合もあります。たとえば、一人あたりのご祝儀額の相場は、北海道では5.8万円ですが、関西では6.7万円と約1万円のひらきがあります。その土地や親族間の関係性を尊重することが大切です。

まとめ

親族間のご祝儀相場をご紹介しました。お祝い事ですのでその気持ちを大切にした金額を渡すことが大前提ではありますが、挙式、披露宴にかかる金額の負担を考えると、兄弟姉妹、親族の場合は友人、知人へ渡す額よりも多くなるのが一般的と言えるでしょう。年齢や出席する人数によっても変わってくるものですので、ある程度取り決めをしておくと、あとあと頭を悩ますことも揉め事にもならないのでおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!