お葬式の香典はいくら包むの?相場を知って大人の対応をしよう!

自分の知り合いや親戚に不幸があった場合にお香典を渡すのが常識ですが、いくら包んだら良いのか判らないという人も多いのではないでしょうか。不幸は急に訪れる場合が多いので喪服や持ち物の準備に慌ててしまい肝心な香典にまで気が回らない場合もあります。厳粛な葬儀の場で焦って粗相をしないためにも香典の相場を知っておくと良いでしょう。

親戚が亡くなった場合の香典の相場とは

自分と故人の関係によって金額が異なります。また自分の年齢が高くなるにつれて香典に包む金額も増えていきます。祖父母が亡くなった場合は香典の贈り手である自分の年齢が20代なら1万円、30代なら1万円から3万円、40代なら3万円から5万円が相場です。父母や義理の父母が亡くなった場合に香典の贈り手が20代なら3万円から10万円、30代なら5万円から10万円、40代なら10万円です。兄弟や姉妹が亡くなった場合は贈り手が20代なら3万円から5万円、30代もしくは40代なら5万円です。

おじ、おばが亡くなった場合は香典の贈り手の年齢が20代なら1万円、30代なら1万円から2万円、40代なら1万円から3万円が相場となります。その他の親戚や親族、いとこが亡くなった場合は香典の贈り手の年齢がが20代なら3千円から1万円、30代なら3千円から2万円、40代なら3千円から3万円です。

自分が喪主を務める場合は香典は用意する必要がありません。また、両親の扶養に入っている場合は両親が代表で香典を渡すので扶養者は香典を渡す必要がありません。両親の扶養に入らずに働いている場合や結婚している場合はお世話になった度合いに合わせて香典を包みましょう。

夫婦で香典を渡す場合は香典袋は一つ用意して一家族として数えてもらいます。しかし葬儀の後の会食に参加する場合は香典に包んだ金額よりも会食費が高くなってしまう事も考えられます。なので夫婦で会食にも参加する場合は葬儀費用に赤字が出ないように香典の金額は多めに包んでおくと良いでしょう。

会社関係者が亡くなった場合の香典の相場とは

自分が勤めている会社の関係者が亡くなった場合にも香典を渡します。まず会社の上司や社員、同僚や部下が亡くなった場合は贈り手となる自分の年齢が20代なら5千円、30代なら5千円から1万円、40代なら1万円以上が相場となります。また会社関係者の御家族が亡くなった場合も香典を渡します。金額は贈り手が20代なら3千円から5千円、30代なら3千円から1万円、40代なら3千円から1万円です。上司の御家族が亡くなり贈り手が40代の場合なら5千円から1万円が相場となります。

取引先の重役以上の役職者が亡くなった場合は会社名や社長名で香典を出す場合もあるので上司に相談をしてみましょう。また香典ではなく弔電やお花を手配する場合もあります。通常の社葬の場合は香典とお花の両方で1万円から3万円程が相場です。しかし、お付き合いのある会社や大口の取引先での社葬の場合は社長名で3万円から10万円程が相場となります。

また先方の直接の担当者が亡くなった場合も上司に相談し、取引の程度や亡くなった方の年齢を考慮して包む額は3千円以上が相場となります。香典は送らず弔電やお花を手配する場合も有ります。

友人や恩師が亡くなった場合の香典の相場とは

友人や知人が亡くなった場合は贈り手となる自分の年齢が20代なら5千円、30代や40代なら5千円から1万円が相場となります。また、友人の父母が亡くなった場合は贈り手が20代なら3千円から5千円、30代や40代なら3千円から1万円が相場です。友人との仲の深さや友人の両親と面識があれば金額を多く包みましょう。また友人同士でお金を出し合ってキリの良い金額で香典を用意する場合もあります。

恩師や先生、隣近所の人が亡くなった場合には贈り手の年齢が20代なら3千円から5千円、30代や40代なら3千円から1万円が相場となります。学生時代にお世話になった人や卒業後も親しいお付き合いがある場合に、その度合いに合わせて金額を包みましょう。また、仲人をしてくれた方が亡くなった場合は贈り手の年齢が20代や30代なら1万円、40代なら1万円以上が相場です。

まとめ

お葬式の香典に包む金額は贈り手の年齢や亡くなった方との関係、お付き合いの程度によって変わります。中には香典の金額ではなく故人を偲ぶ気持ちが一番大切と言う人もいます。しかし、お葬式はお世話になった人へ感謝の気持ちを表す貴重な機会です。遺族や関係者が皆で協力し合い、故人を送り出す事で悲しみから離れ一人ひとりの気持ちや絆が強くなることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!