正しい香典袋の書き方!急なお葬式で恥をかかない大人のマナー

祖父母や親類のお葬式に出席したことはあるけれど、一人の大人としてお葬式に参列した経験はないという人は少なくありません。しかし社会人になると、友人の親御さんが急に亡くなったり、職場で香典袋の代筆を頼まれたりということが時々起こります。弔事は急なので焦りますが、落ち着いて情報を探せば大丈夫ですよ。

まずは香典袋の準備から!どこで買える?どれを買う?

香典袋は、スーパーやコンビニで買える

香典袋はスーパーやコンビニに必ず売っているので、24時間いつでも用意することができます。宗教に関係なく使えるのは「御霊前」なので、宗教がわからないときは「御霊前」の香典袋を選びましょう。その香典袋に、適切な金額の相場や基本的な書き方が外袋に印刷されてある商品が多いので、参考になります。

表書き用のペンの購入を忘れずに!

香典袋には、差出人がわかるように表面に名前を書きます。薄墨で書くのが正式ですが、最近では濃い筆ペンや黒の油性ペンを使う人も少なくないのが現状です。但し、細いボールペンや黒以外のインクは避けましょう。

水引は黒×白?それとも黄×白?

また、水引(リボン)の色は黒×白、黄×白がありますが、黄×白は関西地方で使われている法事用の色です。関西でも一周忌までは黒×白を使いますので、お葬式に行く場合は全国共通で「黒×白」で問題ありません。

正しい香典袋の書き方は?住所や連絡先も忘れずに!

宗教に無関係な「御霊前」を選ぶのが無難

日本のお葬式はほとんどが仏式で、香典袋には「御霊前」「御香典」「御香料」と書きます。キリスト教は「御霊前」「御花料」、神式は「御神前」「御玉串料」「御榊料」。ですが、神式や最近増えている無宗教式でも「御霊前」は使えますので、「御霊前」だけを覚えておいても良いでしょう。なお、「御仏前」は法事用の表書きですので、仏式のお葬式やお通夜でも使えません。

差出人の名前はフルネームで書く!

お祝いの品などは苗字だけで届くことが多いですが、香典袋はフルネームで書くのが基本です。連名の場合も、二人のフルネームを並べて書きます。また、会社名を添える場合は名前の右側に少し小さめの字で書きます。職場の同僚で連名にする場合は右側が目上の人で、人数が多い場合は表書きには代表者の名前と「他五名」「○○会社人事部一同」などと書きましょう。その場合は香典袋の中に全員の名前を書いたメモを入れて、わかるようにしておく必要があります。

中袋に書く金額や住所は省略せずに書く!

香典袋の中袋には、表に「金○万円」「金○千円」と金額を書きます。万と円は「萬」「円」でも良く、「金○万円也」としてもかまいませんが、いずれにしても数字は漢数字です。また、中袋の裏側には住所、氏名、電話番号を明記しておきます。相手が知っているからと住所や電話番号を省略すると、先方が香典返しの手配をするときに年賀状や住所録を調べる手間がかかってしまうのできちんと書くこと。中袋のない香典袋の場合は、香典袋の裏側に書いておきましょう。

失礼にならないように、ちょっとしたことに気を付けよう

できれば旧札、新札の場合は折り目を入れておくこと

ご祝儀では新札を使いますが、香典では旧札を使うのがマナーとされています。新札では、お葬式に備えていたというイメージにつながるのを避けるためです。最近ではそれほどうるさく言う人は少なくなりましたが、関係者に気にする人がいるかもしれませんので新札の場合は一度半分に折って折り目をつけておきましょう。また、旧札でいいとは言ってもボロボロに破れているようなお札はやはり避けましょう。

弔事用のふくさを持っておくと便利。100円均一でも買えます

鞄に直接香典袋を入れておくと、折れたり汚れたりしてしまう可能性があります。かと言って、香典袋を売っていたビニール袋に入れておくのはお通夜やお葬式の受付で取り出す際にスマートとは言えません。暗い色のハンカチでも構いませんが、弔事用のふくさ(祝儀袋や香典袋を入れるための布ケース)は100円均一でも売っているので、ひとつ用意しておくと便利です。

まとめ

最後にお札の入れ忘れがないか再確認したら、これで香典の準備は完了です。お札の入れ忘れは実際のお葬式の現場で少なからず発生しているミスで、「お金が入っていなかったのですが…」と連絡するのは先方にとっても気まずいものです。最終チェックを忘れないようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!