知っておくと便利!お葬式で頂いた香典返しの知識

結婚式のお祝儀にお返しがあるように、お葬式で頂く香典にも香典返しが発生します。お葬式は頻繁に起こらないため、情報が少ないのが当たり前です。そこで、急なお葬式にも慌てずきちんと対応できるよう、いつ、何をお返しすればいいのか、お葬式の香典返しについて基本的な知識をまとめてみました。

香典返しはいつするの?

基本的な仏式の場合

基本的な香典返しは四十九日の法要後に渡します。これは、四十九日の法要が済むまでは喪中であると見なす仏式のしきたりによるもので、この期間は、お葬式に頂いた香典や来て頂いたお礼を行わないことになっているためです。最近では、お葬式当日に香典返しを渡す「当日返し」なるものも定着し始めましたが、これは感謝の気持ちをその場で表せることと、後の手間を省く効率の良さを好む遺族の方が増えたためと見られます。

神式の場合

日本のお葬式のタイプには、大多数を占める仏式以外に神式があります。香典返しは元来仏式のものですが、今日では、神式でも仏式のやり方に沿って行なわれています。香典返しを渡す時期については、神式の忌明けとなる三十日祭か五十日祭の日以降に行います。

キリスト教の場合

キリスト教の場合、香典返しの習慣はありませんが、日本にて根付いた習慣により今日では香典返しが多く行われています。渡す時期は、三十日祭の召天記念日(プロテスタント派)や追悼ミサ(カトリック派)の日以降に行います。

香典返しの相場はいくら?

基本的な香典返しの相場

香典返しの相場は、もらった香典の金額の「半返し」が一般的とされています。例えば、1万円頂いたのであれば5千円を予算として、その金額相当の品物でお返しをします。とはいえ、きっちりと半額を返す必要はなく、厳密にいえば3分の1から半額が基本的な相場となるようです。また、お葬式をお手伝いして頂いた場合などには、千円あたりの手軽な予算で使える日用品などを選び、お葬式後なるべく早く渡すと良いでしょう。

当日返しの相場

最近定着してきた「当日返し」の相場は2~3千円となっています。この金額が頂いた香典の半額であれば、四十九日後の香典返しは行いません。既に当日返しをした後にもしも頂いた金額がそれ以上のため気になるようであれば、四十九日後にもう一度、差額相当分のお返しをする場合もあります。

それ以外の相場

親しい関係の方、または親族内での弔事の場合は、通常よりも多額の香典を頂くこともあるでしょう。その場合には、半額に予算を組む必要はなく、自分なりのお礼を示した予算を組むと良いでしょう。また、お葬式当日にハンカチなどを弔問客へ配るケースがありますが、これは来て頂いたことへお礼の気持ちを表わす「会葬御礼品」と呼ばれる物で、香典返しとは異なります。

香典返しには何を選べばいいの?

よく選ばれる商品

基本的に「不幸を残さない」という意味で、香典返しにはすぐに使ってなくなるものを選ぶとされています。ひと昔前までは、お茶や砂糖、シーツやタオルが香典返しに選ばれる定番商品でしたが、最近では、お茶やお菓子などの食品、石鹸や洗剤などの日用品、漆器や陶器などの食器類がよく選ばれています。

ギフト専門店を利用する

ここ最近では品揃え豊富なギフト専門店が増えました。これらの専門店を利用することで予算に合わせて商品を選ぶだけでなく、面倒なのし書きや礼状の手配など、香典返しのプロセスを一斉に引き受けてくれるため、法要などに忙しく時間の切り盛りが大変な遺族の方には便利です。また、香典返しにカタログギフトを利用することで、感謝の気持ちをより深く伝えることができます。

向いていない商品

一般的に、宗教的な理由により肉や魚などの生鮮食品は昔から避けられています。神事に利用されるという理由から、お酒も香典返しには向きませんので、選ぶ際には注意が必要です。また、便利だという理由から、商品券を選ぶ方もいらっしゃいますが、額面が露骨に記載されているため、これも香典返しには向いていないとされています。

まとめ

ここ最近では、香典を受け取ることを辞退する遺族の方が増えています。これは、香典返しを面倒ととる現代ならではの風潮と見られます。しかし、香典返しは日本独自の贈答文化でもあり、人間関係のコミュニケーションを深めるきっかけともなり得るため、その習慣を引き継ぐかどうかは故人の意向に従いたいところですが、香典返しにばかり気持ちをとらわれないよう、無理なく行うと良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!