加入前に知っておきたい!自動車保険の相場と費用の抑え方

自動車を購入したら、必要になるのが自動車保険です。任意で入る自動車保険は種類も様々で、保険会社によって大きく保険料が異なります。自動車保険の保険料は年間を通して大きな出費になりますので、少しでも費用を安く抑えたいですよね。保険に加入する前に知っておきたい、自動車保険料の相場や費用を抑える方法についてご紹介します。

自動車保険に一般的な相場は無い

個人の条件によって異なる保険料

自動車保険の保険料は、個人によって、大きく変わってきます。年齢、運転免許を取得してからの年数、事故歴などによって、保険料は変わります。また、居住している住所によって保険料が左右する保険会社もあります。これは自動車事故が多い地域では、事故が発生するリスクが高まるためです。細かな条件が保険料を左右するため、何歳から何歳はいくら、ゴールド免許ならいくら、というように一般的な自動車保険の相場を算出することはとても難しいのです。そのため、個人の保険料の相場を知る必要があります。

保険会社によって異なる保険料

自動車保険の保険料は、加入する保険会社によっても大きく変わってきます。保険会社によってそれぞれ特徴があり、得意とする顧客(加入者)がいます。保険会社が加入してほしいと思う条件を満たす顧客に対しては料金が安くなりますし、できれば加入して欲しくないとされる顧客の保険料は高くなります。自分がどの保険会社に加入すると有利になるかは、見積もりをとってみなければ分かりません。ですから、保険会社を決めてから料金プランを選ぶのではなく、まずはしっかりと保険会社選びから始めましょう。

保険会社を比較して自分の相場を知る

自動車保険の一括見積もりをしよう

オンラインでは、複数の自動車保険会社に一括で見積もりを取ることができるサイトがあります。そのようなサイトを利用して、まずは自分の条件で自動車保険に加入した場合、年間いくらぐらいの費用になるのか、自分自身の相場を知りましょう。自動車会社の数は日本国内でも非常に多く、見積もりや保険会社からのお知らせ、ダイレクトメールが多く届くことになりますので、自動車保険の見積もり用のメールアドレスを作成するのがオススメです。見積もりを受け取ったら、複数の保険会社の保険料を比較しましょう。

細かなプランや条件をしっかり確認

複数の保険会社の見積もりが揃ったら、次は細かなプランや条件の確認が重要です。最初の保険料だけを見ると安い保険会社も、加入期間が長くなると損をする場合があります。多くの自動車保険は、保険に加入してから無事故期間が長くなるほど、保険料が下がっていきます。ですから、加入時の保険料だけに注目するのではなく、今後どれくらい保険料が下がる見込みがあるのか、また事故を起こさなかった場合のキャッシュバックなども含めて、しっかりと確認をしましょう。

保証内容を再度見直そう

本当に必要な保証かどうかを考える

自動車保険はあくまでも保険です。事故を起こさなかったり、事故に巻き込まれたりすることがなければ、基本的には帰ってこないお金です。ですから、自動車保険にどういった保証内容を盛り込むかは、加入する前に慎重に考えなければいけません。見積もりの結果、個人の自動車保険料の相場が予算内だったとしても、もう一度必要な保証かどうかを再度見直してみましょう。自動車保険は短期間での入り直しやプランの見直しも可能ですが、自分の収入や財産とよく相談をしてよく検討することで、お金を節約できます。

自動車保険は定期的な見直しを

自動車保険に加入した後も、個人の条件は日々変化していきます。例えば、年齢、免許保有期間、無事故期間などは時間が経つにつれて自然と変わっていくものです。これらの条件の変化によって、自動車保険料が加入時より安くなる可能性があります。保険会社によって、自動車保険料が変わる年齢、細かな条件などが違うためです。ですから、自動車保険に加入した後、最低でも1年に1回は自動車保険料の一括見積もりをすることをオススメします。そうすることで、より保険料が安い自動車保険を保有することができます。

まとめ

いかがでしたか?自動車保険料の相場は個人の条件や保険会社によって大きく変わってきます。より多くの保険会社の料金やプランを比較することによって、少しでも保険料を安く抑える方法をご紹介しました。自動車保険に加入する際には、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!