医療保険の先進医療特約は必要?金額と先進医療の現状から判断してみた

医療保険でつけるべきか悩むオプションの一つが先進医療特約ですよね。決して高額ではないのですが、本当に必要なのかなかなか判断がつかない方も多いのではないでしょうか。今回は先進医療が現在どのように行われているのかを整理したうえで、特約をつけるべきかどうかをまとめました。医療保険契約の参考にしてみてくださいね。

先進医療特約とは?

わずかな負担で多額の出費をカバーできる特約

先進医療という高レベルな医療技術を受ける際の技術料を、一定額まで保証してくれるのが先進医療特約です。保険によっては病院までの交通費や宿泊費も支払ってくれる場合もあり、月々の支払額は100円程度とかなり低いです。各保険会社も積極的に営業していて、「コスパの良い特約」として現在では高い知名度を得ています。数百万円かかることの多い先進医療の費用をわずかな負担でカバーしてくれますが、自分は本当に必要となるんだろうか?と疑問を持つ方も多いでしょう。そもそも先進医療とは何でしょうか?

先進医療とは何か?

厚生労働省のホームページに先進医療の定義が掲載されています。長いので簡略化して説明すると、大学病院や研究機関で開発された技術で、安全性と治療効果は認められていますが保険診療の適用になっていない医療技術のことを指します。先進医療としての技術料だけは患者の全額自己負担となりますが、診療・検査などなど基礎部分については、一般診療と同様に公的医療保険の対象になります。

先進医療を受けるメリットは?

当然のことながら患者の選択肢は増えることになります。ガンなどの悪性腫瘍を治療する陽子線治療、白内障を治療するための水晶体再建術など、通常の保険診療の範囲では受けられない高レベルな治療を受けることができます。安全性や治療効果は認められている技術ですから、患者も安心して受けられる治療です。通常の技術では治療が困難とされる症例でも、先進技術を使えば治療が可能となることもあります。

先進医療の現在の状況はどうなっている?

実施件数自体は多くない

厚生労働省の「平成26年度先進医療技術の実績報告」には、先進医療の各技術ごとの年間実施件数が掲載されています。これを見ていくと、陽子線治療は2,916件、水晶体再建術は7,026件であり、最も多い前眼部三次元画像解析でも7,458件に過ぎません。すべての技術を合計しても30,000人未満です。一方で患者の母数を考えると、先進医療は決して多くの人が必要というわけでもないのです。

技術料が低いものもある

また、すべての先進医療の技術料が高額であるとも限りません。陽子線治療や重粒子線治療など平均で200万円以上するものもありますが、硬膜外自家血注入療法、バイオリジェネレーションなど、なかには10万円に満たない技術もあるのです。10万円未満の技術料であれば、わざわざ特約を付けなくてもカバーできると考えることも可能ですよね。先進医療特約を付けるするべきなのでしょうか?

先進医療特約を付けるべきか?

金銭的に負担に感じないならば付けるべき

先進医療特約に関しては、支払いが十分できるのであれば付けるべきであると判断します。先進医療の現状を見た限りでは、確かに先進医療が実施されるケースは決して多くはないので、一見必要なさそうにも思えます。しかし、万が一の場合には莫大な医療費が必要となってしまうことになるのです。先進医療で必要な金額は数百万円になることもあります。何の支障もなく用意するのは困難な方も多いことでしょう。

保険とは万が一に備えるもの

そもそも保険とはいざという時のために備えるものであるという原点に立ち返って考えると、確率が低いからと言って備えなくても良いということにはなりません。先進特約に関しても同じことがいえるのではないでしょうか。支払いの負担が大きいならば問題ですが、先進医療特約はどの保険会社でも大抵は月額で100円程度です。お菓子を1つ我慢するだけでねん出できる金額ですので、決してハードルは高くないでしょう。

まとめ

今回は、先進医療特約が必要かどうかを解説しました。先進医療を受ける確率は低いとはいえ、いざという時に莫大な手術料が必要になってしまう可能性もあります。月々の負担は100円程度と、支払いのハードルは決して価格はありません。いざという時の備えとがあると安心ですので、付けておくことがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!