いざというときに慌てない!正しいご祝儀の書き方

結婚式など、お祝いの際に持って行くものとしてまず挙げられるのが「ご祝儀」ですよね。しかし、ご祝儀のマナーでやってはいけないことなど、実際にはどういう風にすれば良いのか分からないことの方が多いですよね。いざというときに失礼がないように、しっかりとご祝儀の書き方を学んでおきましょう!

ご祝儀袋の表書きの書き方をマスターする

ご祝儀袋には必ず「表書き」という、誰がご祝儀を贈ったかがわかるように自分自身の名前を書きます。そのときに「個人名で書く」のか「連名で記入する」のかによって書き方が大きく違ってきます。しかし、どちらであった場合でも必ず守らなければならないルールがあります。それが「使用する筆記用具」です。

ご祝儀袋の表書きは筆ペンかフェルトペンで

ご祝儀袋の表書きを記入する際には、毛筆を使用して記入します。記入する際に使用する墨は必ず濃い黒のものを使用しましょう。あとは自分の名前を表書きの下部に記入し、もしも上部に「寿」と書かれていない場合はしっかりと記入しましょう。ちなみに、毛筆を使用する機会が無くそもそも持っていないという方もいらっしゃると思います。そんな方は筆ペンか太めのフェルトペンを使用してもOKです。しかし、たとえ黒の濃いインクを使用していてもボールペンや万年筆を使用することは避けましょう。

表書きは「濃く」「はっきりと」「バランス良く」が鉄則!

先ほどの段落で大まかに記入方法をお伝えしましたが、表書きは濃い色ではっきりと記入することが一番大切です。また、なるべく文字のバランスを意識して配置することが求められます。この3つさえ覚えていれば、基本的に大丈夫です。文字のきれいさに関しては、文字の上手下手よりも「気持ちを込めて文字を書いているか」を意識しましょう。また、連名でご祝儀を記入することもあるでしょう。そのときは年齢や地位が上の方から順番に右側から記入し、同年代の場合は50音順に記入しましょう。

ご祝儀を出すときには「中袋」もしっかりと!

ご祝儀袋を出す際に切っては切れない関係にあるのは「中袋」です。お金を出す際にご祝儀袋で直接お金を包むということはまずありません。中袋のマナーもしっかりできていれば、きっと相手方も喜んでくれるはずです!中袋の書き方だけではなく、最低限のマナーも覚えておきましょう。

中袋には金額と住所、名前ははっきりと記入すること!

まず筆記用具ですが、これは表書きを記入する際に使用したものと同じものでかまいません。ですが、記入する内容は大きく異なります。まず、表面には金額を大きく記入します。たとえば1万円を同封する場合は「壱万円」と記入します。ちなみに、金額の書き方は「一万円」や「壱萬圓」でもかまいませんし、中袋に印刷されている場合にはそれに準じた書き方でいいでしょう。さらに、裏面の左下には住所と名前、郵便番号を忘れずに記入しましょう。こちらも印刷されている場合はそれに合わせてもかまいません。

書き方と一緒に祝儀袋のマナーも覚える!

ここまでご祝儀袋の書き方のみを説明してきましたが、やはりそれだけでは結婚式などには持って行けません。ご祝儀袋には書き方の他にしっかりとしたマナーがあります。マナーと聞くと覚えづらくって堅苦しいというイメージが大きいと思いますが、ご祝儀袋においては覚えておかなければいけないマナーは実は結構少ないんです。最低限のマナーもしっかりとおさえておきましょう。

水引は金額に合わせて選ぶ。そして包み方も気を遣って!

ご祝儀袋に必ず必要なものと言えば「水引」ですよね。そんな水引ですが、包む金額によっては種類を替えることをご存じでしたか?1万円程度でしたらシンプルにあわじ結びの水引のみで良いのですが、2万円以上になるようならば装飾が豪華なものを、5万円程度になるとさらに華やかな装飾と豪華なわしを使用したものを使うようにしましょう。また、ご祝儀袋を包む際、裏側にも気を遣いましょう。裏包みというのですが、「喜びを受け止める」という意味から下側が上に来るように折りたたみます。

こんなご祝儀袋はNG!やってはいけないポイントを押さえる

書き方をはじめとするやってはいけないポイントがいくつかあるため、おさらいしましょう。まず、いくら濃い墨がなかったからと言って薄墨で書くのはNGです。さらに水引はほどけやすいちょう結びはNG、裏包みも上側が上になるようにおるのもNGです。いずれもお祝いの席ではなく、お悔やみの際に使用するマナーになるため、これらは絶対にやらないように意識しましょう!

まとめ

ご祝儀袋の書き方というと、とても堅苦しくて難しいというイメージがあったと思いますが、実はそこまで複雑なルールがないと言うことも分かったと思います。もちろん、やってはいけないポイントはいくつかありますし、ごちゃごちゃになりやすいマナーもありますが、一番必要なものは気持ちを込めること!マナーと一緒にお祝いの気持ちを贈れるように、しっかりマスターしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!