ご祝儀のお返しの相場価格は?お返しに適した品物やNG行為まで

結婚祝いとしてご祝儀を受け取ることになります。受け取る側としては嬉しい反面、お返しとしていくらぐらいのものを返すべきなのか?迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、お返しの相場価格とお返しに適した品物についてご紹介していきます。

お返しの相場価格は?

お返しの相場価格は、頂いたご祝儀の半額が目安となっています。ご祝儀をもらった人それぞれに、ご祝儀の半額の品物をお返しするのは手間がかかりますが、これはある意味で社会的なマナーです。夫婦の評判にもつながる可能性があるため、マナーに即したお返しが必要となります。ご祝儀を渡す方もマナーとして渡しています。もちろん親戚であれば、心からのお祝いを込めてご祝儀を包むでしょうが、それ以外の人はある種のマナーとしてご祝儀を包むわけです。

ご祝儀を包む側からしたら、こっちもマナーを守ったわけだから新郎新婦側もマナーに即してお返しくださいね、ということになります。お返しとして何がもらえるのか?は、もらう側は気にしているものです。新郎新婦側も、誰がいくらご祝儀として包んでくれたのか気にするでしょう。それと一緒です。そのためご祝儀の半額のお返しは、守るべきマナーともいえます。なお親戚など、ご祝儀そのものが高額である場合は、3分の1がマナーとなるようです。

また仕事上の付き合いでは、連名と言って同僚数人でまとめてご祝儀を包む場合もあります。その場合は、もらったご祝儀を連名の人数分で割った価格の半分が、お返しすべき品物の相場価格となります。お祝いとして品物をもらった場合でも同じですね。もらったものの半分の価格がお返しの目安となります。

お返しに適した品物とは?

ではお返しする際に何を贈ればいいのでしょうか。ここでポイントとなるのは、お返しを受け取る側の負担にならず、なおかつ喜ばれるものです。負担にならないとは、処分に困ったり扱いに困ってしまうもの。例えば、皿に新郎新婦の名前や日付が入ったものは扱いに困りますよね。かといって、せっかくもらったものなので、捨てることもできません。こういった記念品のようなものは、渡す側は良かったとしても受け取る側は困ってしまいます。

また皿だけでなく、食器セットやインテリア雑貨などは、人によって使う使わないがあったり、処分に困ってしまうことがあるため、お返しにあまり適していません。そこで一番無難なお返しが、食品です。特にお菓子などが喜ばれるでしょう。味に個性があるものは適しませんが、万人受けするような、和菓子やお茶などは喜んでもらえる可能性があります。価格帯も幅広いため、もらったご祝儀に合わせてお返しすることもできますね。

また無形のものとして、ギフトカードなども喜ばれるでしょう。特定のお店で使える商品券をはじめ、若い人であればスターバックスのギフトカードもおすすめです。また年配の方であれば、お菓子はもちろんお酒なども贈り物として適しています。上司であれば、事前に好きなお酒を聞いておき、それをさりげなくお返しするといいですね。

お返しとしてNGな行為または注意点

お返しは、ご祝儀の半額もしくは親戚など高額なご祝儀であれば3分の1がマナーでした。逆にこの相場価格より低すぎてもダメですし、高すぎてもダメです。どちらもお返しとしては失礼にあたるので気をつけましょう。また、お返しの品物だけを相手の家に贈るのもNGです。何のお返しなのかわかりませんからね。お返しで品物を贈る場合、お礼状も添えて贈りましょう。

お返しする品物については、現金や下着、皿などの割れ物はNGとされています。現金は、ご祝儀をそのまま返す形になるため当然NGです。また下着など肌に身につけるものは、生活に困っている人に贈るといった意味合いが含まれるようなので、これもNG。皿などの割れ物に関しては、縁が割れるつまり縁が切れるといった意味合いが込められるため不適切とされています。

まとめ

ご祝儀に対するお返しの相場価格は、ご祝儀の半額がマナーのようです。なお、親戚などご祝儀そのものが高額になる場合は、ご祝儀の3分の1程度が目安となります。そして、お返しとして贈る品物は食品が適しています。処分に困る必要もなく、消費できてしまうため、受け取る側の負担にもなりません。また注意すべき点が、お返しの相場価格より安すぎても高すぎてもダメということ。これも失礼にあたるため気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!