100均グッズでここまでできる!アイデア収納紹介

100均で購入できるグッズを利用したアイデア収納術というものが最近ブームになっています。100均で購入出来るグッズをそのまま使うだけでなく、少し加工してやることでもさらにアイデア収納の幅は広がることになります。ここではそのようなアイデア収納についてみていきたいと思います。

100均のすのこを活用したアイデア収納術

すのこはアイデア収納のための優等生

さて、100均で購入できるグッズを使ったアイデア収納術についてですが、100均で購入できるグッズで意外に収納に活用できるのがすのこになります。足場になるようなイメージしかないすのこかもしれません。ただ、DAISOのホームページではすのこでスパイスラックを作る方法が掲載されているように、このすのこを加工して使ってやったりすることにより、収納の幅を大きく広げてやることができます。アイデア収納術という観点で考えた場合、すのこというのは絶対に外せないグッズになってきます。

すのこを使って簡単ラック

すのこを活用する場合の代表的な例としては、すのこを使ってラックをつくるということです。これは少しすのこの加工が必要になってきますがDIYの経験が無い人でもそれほど苦労しないレベルのものになります。まずは木材を購入して柱をつくってやります。そして、柱の部分にすのこをねじやくぎなどを使ってはめ込んでやることで棚が完成します。すのこでラックを作るメリットは100均の収納グッズなどでぴったりくるサイズのものが無かった場合に自身でぴったりサイズの収納をつくることが出来るということです。

他にもいろいろあるすのこ活用法

上記ではすのこを活用したアイデア収納ということで、すのこで作るラックについて紹介しました。しかし、すのこの活用の幅はこれだけにとどまらず、すのこで壁掛け式のラックをつくることもできますし、すのこを加工してやることで本棚として活用してやることも可能になります。他にもアイデア次第ではいくらでも収納グッズとして活用してやることが出来るのがすのこになります。

デッドスペースを活用したアイデア収納術

クローゼットや引き出しといったような部分は使われていないスペースがたくさん存在しています。このようなデッドスペースをそのままにしておいたら損失です。100均の収納グッズを使って収納していく場合にはこのようなデッドスペースを活用するという観点からも、収納術を考えていきましょう。

引き出しの間に突っ張り棒

突っ張り棒というグッズが100均などでは良く売っています。この突っ張り棒に関してはデッドスペースを活用するという観点から行くと非常に効果的なグッズになります。例えば、引き出しを並べて配置すると、その間には大きな隙間が出来る場合があります。このような隙間はデッドスペースです。しかし、そのままでは使用できません。ただ、そこに突っ張り棒をはめ込んでやることによって、その突っ張り棒の部分にハンガーなどで洋服をつるすなどといった活用を実現できます。

クローゼットには間取りにぴったりの引き出しなどを配置する

クローゼットというのも非常にデッドスペースが発生しやすい場所になります。普通に収納していくとたくさんのデッドスペースが出来るのが当たり前になります。このようなデッドスペースができないようにするためには、あらかじめクローゼットの間取りを測っておくことが大切になります。間取りを測ったうえでそのクローゼットのスペースにぴったりくるような収納グッズを選択して配置することになります。

100均のおすすめ収納グッズ

積み上げ式収納ケース

上記ではアイデア次第でいくらでも収納の幅は広がることについて書いてきました。これ以外にも100均で買うことが出来る収納グッズというものも存在しています。中でも人気があり、かつ非常に活用の幅が広い収納グッズとしてはダイソーの収納ケースがあります。このダイソーの収納ケースは積み上げ式になっており、どんどん高くしていくことも出来るため、デッドスペースになりがちな高さを利用することが可能になります。こちらのダイソーの収納ケースは非常に人気で雑誌Martにも取り上げられています。

インテリアにも使える収納バスケット

さて、上の文章ではダイソーの積み上げ式の収納ケースを紹介しました。ただ、この積み上げ式の収納ケース以外にもダイソーには個性派の収納グッズがたくさん存在します。その代表例が収納バスケットになります。こちらの収納バスケットはプラスチックとは違い、柔軟性のある収納ケースになっています。ある程度形が自由に変化させることが出来る、またインテリアとしても非常におしゃれに使えるというメリットがあります。

まとめ

さて、このコラムでは100均のグッズを使ったアイデア収納術について見てきました。100均にはさまざまなグッズがあるので、工夫次第ではいくらでも活用することができます。特にすのこに関しては本当にアイデア次第では無限といってもいいくらいの活用可能性があります。ぜひデッドスペースなどを見つけたらすのこを活用して収納することが出来ないかを考えてみるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!