100均で実現!キッチンの機能的収納術

キッチンの機能的収納を実現するためにはスペースの有効活用や美しいデザインの「見せる収納」を意識することが大切になります。このようなキッチンの機能的収納を実現する上で役に立つ100均グッズについても紹介します。

収納の基本はデッドスペース探しから

デッドスペースとは

収納の基本はデッドスペースを生かすことであるといわれています。このデッドスペースというのは家具などの隙間で何も利用されておらず、無駄に空いている空間のことをいいます。キッチンにはこのようなデッドスペースがかなり多く存在しているといわれています。したがって、このようなデッドスペースを活用するだけで割と簡単に収納のための場所を確保することが可能になります。

キッチンのデッドスペースの盲点である壁面を利用しよう!

キッチンのデッドスペースでかなり大きなスペースを持っていながら、見落としているスペースがあります。それがずばり壁面になります。キッチンに関しては壁面をうまく利用することによって、色々なものをかけて綺麗に収納することができます。このような場面で活躍する100均グッズがあるので、後の文章で紹介していきます。

シンクの下にはデッドスペースがたくさん!

壁面の次にキッチンでデッドスペースがたくさんあるのがシンク下になります。シンク下はさまざまな調理道具などがごちゃごちゃになっているようなイメージです。このようなシンク下についても、ワイヤーを代表とするような吊り下げ式の収納グッズなどを使って、収納スペースとして有効活用することも可能になります。

おしゃれに収納するコツ

見せる収納というのを心がけること

キッチンの収納をおしゃれにするためのコツとしては、まずは「見せる収納」ということを意識しながら収納を行っていくということです。収納しているものを見せずに隠すイメージで進めてしまうと、どうしてもその後収納がおざなりになってしまい、見えている部分は綺麗なのに、中を見るとごちゃごちゃといったような状態になりかねません。このような事態を避けるためには見せる収納というものをイメージして収納を進めていくのが効果的になります。

デザインなどを統一する

さて、見せる収納をイメージして収納することが分かったら、その際のポイントですが、何かしらのテーマを持ってデザインなどが統一された形で収納を行っていくというのがポイントになります。統一性を持った収納にするためにはやはり100均などで同種類の収納グッズをまとめて購入してそれを使って収納していくのが良いでしょう。

キッチンの機能性収納を実現するための100均グッズ

調味料やスパイスを入れるビン

さて、キッチンの機能性収納を考えたときに、まず綺麗に整理したいのがさまざまな調味料やスパイスになります。このような調味料やスパイスに関しては100均で購入できるビンなどを最大限に活用することで収納が可能になります。なお、調味料やスパイスをビンに収容する場合には透明なビンを利用して、一目で中身が分かるようにしましょう。

プラスチックケースを活用

キッチンの収納で使いたいグッズとしてはプラスチックケースがあります。このようなプラスチックケースにはさまざまな種類があり、自分の家のキッチンで使えるサイズのプラスチックケースが見つからないなんてことはおそらくないでしょう。このようなプラスチックケースをまとめて購入して収納する際に活用することで、統一感のあるデザインを持った収納を実現していくことができます。

S字フックはキッチン収納の救世主

そして、最後に紹介するのがS字フックになります。実はこのS字フックがキッチン収納ではもっとも役に立つグッズであるといってしまっても過言ではありません。先ほど上の文章でキッチンの壁面はかなり大きなデッドスペースになっているといいました。このデッドスペースを生かすための道具が、このS字フックになってきます。S字フックを多用して吊り下げる収納を実現しましょう。

まとめ

さて、上記ではキッチンの機能性収納について見てきました。キッチンの収納のポイントはキッチンに数多く存在するデッドスペースを見つけ出して利用していくのが大切になります。特に壁面については最大限に利用するようにしましょう。また、キッチンの収納を考える場合は同じ種類の収納グッズを駆使して、統一感のあるデザインを感じさせるような収納を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!