100均とは思えない!おしゃれキッチン用のインテリア紹介

「キッチンをおしゃれにしたい!」と料理をする男女で思ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。ほぼ毎日使う機会のあるキッチンがおしゃれになれば、料理をする時の気持ちも自然と上がって楽しくなってくるでしょう。キッチンをおしゃれにするのであれば、キッチン用のおしゃれなインテリアを揃えるのが効果的になります。こちらの記事では、このようなキッチン用のおしゃれなインテリアをご紹介していきます。

DIYでおしゃれなインテリアを作ろう!

すのこでマガジンラックを作る

すのこを使って自分自身で色々な加工をすることで、さまざまなインテリアに加工することが可能です。このようなインテリアの中でもすのこを使うとおしゃれなものができ上がると言われているのがマガジンラックになります。すのこを少し加工してやることで、雑誌などを収納することができるマガジンラックを作ることが可能になります。

すのこで普通のラックを作る

マガジンラックだけでなく、すのこで普通のラックを作やることもできます。このようなすのこでラックを作る場合にはすのこで土台や棚部分を作り、その後にフォトフレームや板などを使って金具で取り付けることで、扉をつけることも可能になります。マガジンラックと比較すると、色々と加工が必要になるので、少し難易度は上がります。ただ、マガジンラックと比べて用途も一気に広がるので、試しに作ってみる価値はあるでしょう。

カッティングシートを使っておしゃれなキッチンへ変身!

カッティングシートはキッチン全体の雰囲気を作る

カッティングシートを切って、キッチンの壁に貼り付けることによって、手軽にキッチン全体の雰囲気を変化させることができます。それこそ「キッチンの壁をおしゃれにレンガ風にしてやりたい」と思ったら、レンガ風のカッティングシートをキッチンの壁に貼り付けることでも、あたかもリフォームでもしたかのようにキッチンの雰囲気を変えることができます。また、このカッティングシートをインテリアに貼り付けると、キッチンのインテリアをおしゃれなインテリアへ一新させることが可能になります。

カッティングシートのおすすめはガラスシート

カッティングシートの中でもおしゃれなシートにガラスシートがあります。このようなガラスシートに関しては本当はおしゃれな雰囲気ということを考えると、「ガラスを使いたいけど、割れると危ない、中のものを見せたくない」などの理由で木の棚を使っているといったような部分に貼り付けるのもおすすめです。このような木の棚にガラスのカッティングシートを使うことで、あたかもガラスでできているインテリアを配置したかのような雰囲気を出すことが可能になります。

100均のインテリアを利用して、おしゃれで便利なキッチンへ!

ウッド調のキッチンにするなら、白の食器で統一するのがおすすめ

キッチンをおしゃれにする場合にはウッド調のカッティングシートなどを使って、キッチンをウッド調にし、それに加えてインテリアもウッド調のものを揃えてウッド調の雰囲気のキッチンを作り上げるというケースが見られます。このようなウッド調のキッチンに関しては白の食器が非常に映えます。したがって、もしウッド調のキッチンを作るのが希望なら、100均にある白の食器シリーズを揃えるのがおすすめです。

ワイヤーラックを柱やすのこと組み合わせてワゴンへ

ワイヤーラックはキッチンの収納を考える上では非常に優れモノです。ワイヤーの隙間から中に入っているものが見えるので、どこになにがあるかすぐ分かるというメリットがあります。これに加えて、ワイヤーラックのワイヤー部分にはものをかけることもできるので、同じくキッチンの収納で活躍するS字フックをかけることもできます。また、このワイヤーラックを上記で説明したすのこや木の柱と合わせることでワゴンを作ることも可能になります。

まとめ

上記の文章では、おしゃれなキッチンを作るための方法について述べてきました。おしゃれなキッチンを作るためにはインテリアがポイントになります。おしゃれなキッチンを作るための方法としては、すのこを使ったDIYといった形でインテリアを自分自身で作ってしまう方法、ワイヤーラックを利用してインテリアを設置する方法、100均でおしゃれなインテリアを購入してくる方法の合わせて3つがあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!