一人暮らしなら購入必須!おすすめ家電紹介

一人暮らしをするとなったら、まず買い揃える必要があるのが家電になります。中でも冷蔵庫、掃除機、電子レンジについては必ず買い揃える必要がある家電になります。今回はこの冷蔵庫、掃除機、電子レンジの選び方について考えていきたいと思います。また、その他の一人暮らしで必要になると思われる家電についても解説します。

一人暮らしの冷蔵庫に求めるべき条件とは?

一人暮らしの冷蔵庫選びの予算などは?

一人暮らしで冷蔵庫を買う場合には大体予算は2~5万円程度の金額のものをチョイスするのが基本になります。また、冷蔵庫の形状については2ドアタイプのものを選ぶのが良いでしょう。また、基本ですが購入前にはしっかりと部屋の間取りをチェックした上で家電量販店などに足を運ぶようにしましょう。

一人暮らしの冷蔵庫選びの注意点とは?

一人暮らしの冷蔵庫選びの注意点としてはファン式の冷蔵庫を選ぶということです。このファンというのは冷蔵庫の霜を取る機能を果たしているのですが、安い冷蔵庫であれば、このファンが無い場合があります。そうなると冷蔵庫が霜だらけになってくるため、一気に使い勝手が悪くなります。

一人暮らしの掃除機に求めるべき条件とは?

一人暮らしの掃除機選びの予算などは?

一人暮らしの場合の掃除機の予算についてですが、基本的には1~2万円程度のものが無難であると考えられます。なお、掃除をする際に便利なのは小型のスティックタイプのものになります。また、このような掃除機であればスペースも余分に取らないので、このスティックタイプのものを極力購入するようにしましょう。

一人暮らしの掃除機選びの注意点とは?

一人暮らしの掃除機を選ぶ場合には部屋の床の素材に注意しましょう。部屋の床がフローリングや畳なら上記のスティックタイプのもので問題ありません。しかし、絨毯タイプなら、スティックタイプのものでは少し吸引力に不安があります。このような場合にはサイクロン式のものなどをチョイスする必要が出てきます。

一人暮らしの電子レンジに求めるべき条件とは?

一人暮らしの電子レンジ選びの予算などは?

電子レンジに関しては予算は1~2万円程度を目安にすると良いでしょう。一人暮らしの電子レンジの場合には電子レンジにオーブントースターがついているモデルを購入してしまった方が手間が無くて楽でしょう。最初はレンジだけで良いと思っていてもやはりトーストを食べたくなったり、冷凍ピザに焼き目をつけたくなったりする場合があります。このような場合には電子レンジを活用するのがおすすめになります。

一人暮らしの電子レンジ選びの注意点とは?

上記でも述べたのですが、電子レンジを選ぶ場合には必ずオーブントースターのついたものを選ぶようにしましょう。後から買い足してしまうと、一人暮らしの部屋にはただでさえスペースが無いのにそのスペースをさらに無駄に使うことになります。また、電子レンジをチェックする場合には必ず西日本と東日本のどちらでも使えるモデルかどうかをチェックしておきましょう。安いモデルだとたまにどちらかの地域しか対応していないケースがあるので、注意です。

一人暮らしでその他に必要となる家電は?

一人暮らしで必要になる炊飯器

一人暮らしの人が使う炊飯器であれば、予算としては6千~2万円程度のものであればよいでしょう。なお、一人暮らしの炊飯器については少量炊きの炊飯器を選ぶというのがポイントになります。結果として少量炊きタイプの炊飯器の方が一人暮らしの場合であれば、おいしくお米を炊くことが出来ます。

一人暮らしで必要になるケトル

コーヒーなどをよく飲むとか、カップ麺などをよく食べるという人であればすぐにお湯が沸かせるケトルは必需品になるでしょう。このようなケトルに関してはティファールのものがダントツで評判がいいので、出来ればティファールのものを選ぶと良いでしょう。ポットを準備するという方法もありますが、沸かしたい時にすぐ沸くという点からケトルの方が使い勝手はいいかもしれません。

まとめ

さて、上記の文章では一人暮らしでおすすめの家電について述べてきました。このような家電については家族用のものを購入する場合とはまた違った視点で選ぶ必要があります。基本的にはそんなに高価格のものを購入する必要はありませんが、それでも最低限の機能や選ぶ時に注意すべきポイントもあるので、上記の記事を参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!