リボルビング払いとは?メリットやデメリット、使用時の注意点まで解説!

CMなど、リボ払いといった言葉を耳にする機会が増えました。クレジットカードを持っている人ならば、一度は聞いたことのある言葉。クレジットカードでの支払い方法の一つで、毎月の請求額が一定になる仕組みのことです。今回はそんなリボ払いについて、メリットやデメリットさらに使用時の注意点まで紹介していきます。

リボ払いとは?

リボ払いはもともと、欧米で一般的に利用されていた支払い方法の一つで、近年日本でも利用する人が増えてきました。CMで聞くようになったのをはじめ、各クレジットカード会社もリボ払いをおすすめする機会が増えているようです。では、そもそもリボ払いとは何なのでしょうか?簡単に言うと、請求額が一定となる支払い方法の一つ。通常クレジットカードでは、今月利用した額がまとめて翌月に請求されます。

例えば、今月3万円分買い物で利用したのであれば、今月末締めで翌月に3万円請求されるわけです。しかし、毎月の給料は一定にもかかわらず請求額が不規則であれば、その月に使えるお金の管理まで不規則になります。そこでリボ払いの出番です。毎月の請求額が一定になるため、家計の管理がしやすく、返済負担を心配せずに買い物することができます。

返済する額については、各カード会社によって、もともとの返済額と利用手数料を合わせた額を一定ずつ請求される場合もあれば、返済額だけが一定で、利用手数料だけ返済残高に応じて別に請求される場合もあります。前者が元利方式と言い、後者を元金方式と言います。例えば、毎月の返済額が1万円の場合、元利方式は請求額1万円、元金方式は請求額が1万円+リボ払い利用手数料となります。

その他にも、支払い残高に応じて請求額が増加する残高スライド方式や、支払い残高に関係なく毎月一定の額が請求される定額方式があります。言葉だけ聞くと難しいですが、要は毎月の返済額を増やして支払い期間を短くするか、毎月の返済額を減らして支払い期間を長くするかの違いで判断しましょう。支払い期間が長くなるということは、それだけリボ払いによる手数料も増えるわけです。

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いのメリット

メリットは前述した通り、毎月の負担が楽になり、家計管理がしやすくなる点です。3万円を一度にまとめて払うのは大変でも、3万円を毎月5000円ずつ払うのであれば、返済による負担は軽減します。この点は分割払いとも似ています。一括の購入は無理でも、分割でなら支払えるといった場面で重宝しますね。またリボ払いは、事前に申し込んでおく場合と、買い物した後に申し込む場合があります。

リボ払いのデメリット

事前に申し込んでおけば、その場では一括払いで購入したものであっても、翌月の請求ではリボ払いが適用されます。リボ払いは毎月の請求額が一定になります。そのため、翌月の請求額を心配せずに買い物できるわけですが、心配しなくていい分、ついつい使いすぎてしまう可能性があります。

毎月の請求額が一定になると、クレジットカードで買い物するハードルが下がります。リボ払いに頼ってしまうと、高額な買い物でも抵抗がなくなってくるわけですね。そして気づいたら、支払い残高が限度額ギリギリになっていることも。請求額が一定な分、一向に支払い残高が減らず、支払い期間が長期化してしまう可能性もあります。

リボ払い使用時の注意点

リボ払いは借金をして買い物をしている状態です。まずはその自覚を持ちましょう。請求額が一定になる分、ついつい使いすぎてしまいます。しかし、遅かれ早かれあなたが支払っていかなければならないお金です。いずれ全額支払わなければならない事実を受け入れた上で、計画的に使用しましょう。

またボーナスなどまとまったお金が入ったとき、繰上げ返済できる分は、早めに返済しましょう。繰上げ返済を利用することで、余分な手数料を支払わなくて済みます。そもそもリボ払いを利用することは、支払い残高+リボ払いの手数料を払っていくことになります。一括で支払うよりも、手数料分余分に支払っているわけですね。その点も踏まえた上で、計画的な利用が鍵となります。

まとめ

リボ払いは、月々の負担額を軽減できる便利な仕組みです。ただ使い方を間違うと、支払い期間が長期化してしまったり、返済能力以上に使いすぎてしまう可能性があります。そのため、リボ払いに関する知識を理解した上で、計画的な利用が鍵となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!