銀行カードローンとは?消費者金融カードローンとの違いや特徴を徹底解説!

カードローンには2種類あります。今回紹介する銀行カードローンと、銀行以外の消費者金融などのカードローンです。今回は、銀行カードローンを選択しようと思った方に向けて、その特徴や消費者金融カードローンとの違いも併せて紹介していきます。

そもそもカードローンって何?

そもそもカードローンとは、無担保融資のことです。担保をつけないため、個人の信用によって借りれるかどうかが決まります。個人の信用とは、現在の職業や安定した収入があるかどうか、また過去に支払い延滞などの記録がないかなどです。カードローンは、利用目的が明確に定まっていないため、規制条件に反しなければ、使い道は個人の自由です。ただ、カードローンの審査に通過しなければ、利用することはできません。

また、銀行のフリーローンとも比較されることが多いです。フリーローンもその名の通り、利用目的は明確に定まっていませんが、一度お金を借りたらそこで終わりです。返済したからといって、何度でもお金を借りられるわけではありません。しかしカードローンは、限度額の範囲内であれば何回でも借りることができます。つまり一度借りて、その後返済し、限度額に余裕ができたら再度借りることができるわけです。

ただ何度でも借りられるため、ついついカードローンに頼る機会が増えてしまいます。限度額の範囲内であればと、何度でも借りてしまえば、一向に借金が返せないといった事態になります。借金をしている感覚が薄まるといった表現が正しいでしょう。返済の仕方に関しては、基本的に残高スライド定額リボルビング方式が主流です。支払い残高に応じて、月の返済額が決まるわけです。

例えば、支払い残高が10万円以上30万円未満であれば月の返済額は5,000円、30万円以上50万円未満であれば月の返済額は10,000円といった具合です。またほとんどのカードローンでは、繰り上げ返済もできるため、まとまったお金は入ったときに完済してしまうといった返済の仕方もできます。

銀行カードローンの特徴とは?

審査が厳しい

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比べ審査が厳しいです。消費者金融は、カードローンのみ取り扱っているところが多いです。そのためできる限りカードローンを使って欲しいがために、融資の対象を幅広く設定しています。それこそ学生やアルバイトであっても安定した収入があるならば、融資対象者となります。一方、銀行はカードローンの他にも住宅ローンやマイカーローンなど、さまざまなローン商品を取り扱っています。

そのためできる限り多くの人にカードローンを使って欲しいというよりも、きちんと返済能力がある人にのみ使って欲しいといった側面が強いです。その他、消費者金融と比べると低金利であるため、審査が厳しくなっています。

金利が低く、銀行によっては1,000万円までの借り入れが可能

例えば、大手都市銀行として知られる三菱東京UFJ銀行のカードローンの金利は1.8%~14.6%です。それに対し消費者金融であるアコムの金利は3.0%~18.0%です。このように、銀行の方が金利を低く設けています。また銀行カードローンの方が、比較的高い限度額を設けているところが多いです。

例えば、先ほど紹介した三菱東京UFJ銀行カードローンであれば、消費者金融と同じように限度額500万円までですが、三井住友銀行カードローンであれば限度額800万円、みずほ銀行カードローンであれば1,000万円まで借入可能なエグゼクティブプランを設けています。一方消費者金融であれば、アコムは800万円までの限度額を設けていますが、プロミスやアイフルは限度額500万円までです。

消費者金融カードローンとの違いとは?

一番は、審査の厳しさが挙げられます。消費者金融はカードローンのみの提供なので、できる限り融資対象者を増やしたいわけです。そこで学生やアルバイトであっても、安定収入が見込めると判断されれば、少額からでも融資してもらえます。しかし銀行では、少額な融資というよりも高額な融資が可能な人を対象としている側面が強いため、必然的に審査も厳しくなります。

また審査の厳しさにもつながる部分ですが、金利の低さも挙げられます。消費者金融は、銀行ほど審査が厳しくない分、金利は高いです。しかも少額な融資から行っており、月々の返済額も銀行と比べると低めに設定されているので、借りたお金にかかる利息の支払いが大きくなります。金利は、借りているお金が少額なほど高くなるからです。

まとめ

銀行カードローンは、消費者金融と比べると低金利です。そのため、利息分の支払い額は少なくなりますが、その分審査が厳しい傾向にあります。まずは、銀行のカードローンに申し込み、審査に通らなければ、消費者金融のカードローンに申し込むといった流れが適切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!