預金がある場合、住宅ローン残高は早めに減らすべきか?

ローンの返済は基本的に毎月一定の額を返済していくことになります。住宅ローンなどがそうですね。しかし、まとまった預金がある場合、それをローン返済に充てるのかは難しいところ。今後に備えて預金額を増やしておきたい気持ちもあるでしょう。そこで、今回はローン残高と預金のバランスをどうすべきなのか?徹底解説していきます。

住宅ローン残高と預金のバランスをどうするか?

住宅ローンなどは、毎月一定の額を返済していきます。返済期間が35年の場合、35年かけて月々返済していくことになります。ただ返済期間が長くなるということは、それだけ利息分の負担が大きくなります。それに何十年も先まで、安定した給料がもらえているとも限りません。終身雇用が当たり前ではなくなった今の時代。退職金すら出るかわからないわけです。

そうなると、住宅ローン残高を減らさずに、返済期間を長期化させることにはリスクがある場合があります。使う予定のない預金をずっと持っておくのももったいないですから、その分を住宅ローンの返済に充てた方が良いでしょう。早く返済することで、返済期間を短縮でき、なおかつ短縮期間にかかる利息分を支払わなくて済みます。

ただ預金を住宅ローンの返済に充てることで、今後急な出費が出てきたときに対応できないのでは?といった声もあるでしょう。特に結婚して子供が生まれれば、住宅ローンだけでなく教育費などもかかってきます。年がかさめば病気による医療費負担なども出てくることでしょう。このように返済しすぎてしまうと、いざというときに頼るべき資金がなくなるわけです。

しかし預金を住宅ローンの返済に充てることで、それこそ家計崩壊のようなリスクがあるとは思えません。仮に教育費などが必要になれば、それに合わせてお金を借りればいいわけです。現在ある預金は、現在あるローン残高の返済に充てて、またお金が必要になったときはそれに応じてローンを組めばいいわけですね。また預金額を指定しておき、その金額を超えた分をローン返済に充てるといった考え方もできます。

繰り上げ返済のメリットとは?

繰り上げ返済はその名の通り、毎月の請求額とは別にローンの返済を行うことで、元金を減らし、返済期間を短縮させるためのものです。ボーナス時などまとまったお金が入ったときに、その分を繰り上げ返済に充ててもいいですし、預金が十分にあるのであれば、その分を返済に充ててもいいわけですね。繰り上げ返済のメリットは、想像の通り返済期間を短縮できることです。

変化の激しい世の中。自分の勤めている会社が今後どうなるのか?はまったく想像できない時代となりました。そんな中住宅ローンのような長期ローンを、毎月返済していける保障はありません。そこで、預金などまとまったお金があるときに、繰り上げ返済することで、返済期間を短縮できます。ただ繰り上げ返済は、メリットばかりではありません。

繰り上げ返済してしまうと、そのお金はローンの返済に充てられることとなります。つまり、自分の手元からその分の現金がなくなるわけです。カードローンのように、返済したからといって、必要になったら再度お金を下ろすことはできません。純粋に家計が苦しいとき、生活費が足りないときなど、手元にまとまった現金がないことで生活が困窮する可能性もあります。この点も考慮して繰り上げ返済を行いましょう。

相続時に住宅ローン残高が残っている場合はどうなるのか?

親が急に亡くなると、相続問題が発生します。そして後から、住宅ローンがまだ残っていることが判明するかもしれません。ローンの借主は死んでしまい、当然ですがローンを支払うことが難しい状況にあります。そんなとき、残っているローン残高はどうなるのでしょうか?

基本的に住宅ローンへと加入するとき、同時に団体信用生命保険にも加入することとなります。この団体信用生命保険に加入することで、仮にローンの借主が死んでしまった場合でも、残っているローン残高を相殺してくれます。つまり、借主死亡後のローン残高はゼロになるわけです。そのため、家を売却する必要もありません。

まとめ

預金がある場合、住宅ローンを繰り上げ返済して、返済期間を短縮するかは悩ましいところ。手元から現金がなくなるリスクも考慮しなければならないため、金額を指定してその金額以上の預金が貯まったら、越した分を繰り上げ返済にまわすのがベストな方法かもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!