うちの家庭ってお金使いすぎ?一般家庭の生活費の相場とは

親しい人の間柄でもお金の話というのはしづらい場合があります。そのため、他の家庭がどのくらいの金額で家計をやりくりしているのかについては意外に知らない場合もあります。今回の記事では4人家族の場合を例にして、一般家庭の生活費の相場というものを見ていきましょう。

4人家族の変動費

水道光熱費

まずは月によって変動する変動費の相場を見ていきます。変動費の代表例が水道光熱費になります。水道光熱費については1ヶ月で20,000~25,000円程度におさまる家庭がほとんどです。ただし、雪の多い地域はこの水道光熱費がさらに高くなります。なお、この水道光熱費についてはオール電化を導入していたり、プロパンガス・都市ガスのどちらが供給されているかによっても金額が大きく変わってきます。

通信費

次は通信費です。通信費に関しても家庭によって大きく差が出やすくなっている部分になります。特に近年はスマホの普及などにより、通信費の家計に占める割合が増大しています。1ヶ月の相場としては16,000~30,000円程度といわれています。相場と比較して通信費がかかっているという場合、通信費削減効果が高いといわれている格安SIMサービスのようなサービスを導入するのも良いでしょう。

食費

食費についても家庭によってその金額が大きく変わってくる部分になります。成長期の子供がいる場合、旦那さんが肉体労働をしている場合などは食費の金額が増大する傾向があります。相場としては1ヶ月で70,000円程度といわれています。ただ、食費を大きく変動させる可能性があるのが外食の有無になります。外食を頻繁に行う家庭については食費が増大する傾向があります。

日用品・雑貨

月々かかる費用としては日用品・雑貨購入の費用があります。掃除道具、子供の学用品、ちょっとした小物といったようなものの購入にかかる費用になります。ただ、このような費用はそこまで家庭によって大きな差があるものではなく、どこの家庭においても1ヶ月で大体20,000円程度になると言われています。ただ、大型の家具を購入した場合、何か大きなイベントがあった場合は一時的に金額が膨らむ可能性もあります。

医療費

月々の出費としては医療費も挙げることができます。医療費の出費としては10,000円程度が目安となってきます。ただ、もし同居する高齢者などが家族にいる場合はこの医療費の金額が一気に増大する可能性があります。

4人家族の固定費

保険料

保険料に関しては年間の保険料の払込額は1世帯の相場が416,000円程度になるといわれています。つまり、月々の保険料の相場は35,000円程度になります。ただし、この保険料の金額は世帯の状況によっては見直して削減できる場合も多くみられます。家計の状況を改善したいのであれば、早い段階で見直したい項目が保険料になります。

家賃・住宅ローン

家賃・住宅ローンという住居費にかかる費用は家庭によって大きな差がある項目です。実家に住んでいる場合であれば、住居費は0円になります。ただ、アパートを借りていたり、マンションを購入したりした場合は月々の支払が10万円程度になる場合もあります。賃貸している人であれば、もっと安い物件に引っ越すことによって一気に費用の削減ができる項目がこの住居費になります。

一般家庭の生活費の理想のバランスとは?

家計の黄金比を抑える

家計のバランスを考えたときに黄金比率といわれているものが存在しています。それに従って考えると食費は15%、住居費は25%、水道光熱費は6%、通信費は6%、こづかいは10%、教育費は12%、保険料は6%、趣味娯楽費は2%、被服費は3%、交際費は2%、日用雑貨は2%、その他は3%、貯蓄が8%という割合になるのが理想であるとされています。

家計の黄金比を実現する際、ネックになるのは食費

この黄金比にしたがって家計を考える時にネックになる可能性が高いのが食費になります。食費を削減することを考えるのであれば、何はともあれ外食を避けることが大切になります。また、食材はスーパーの特売の時にまとめて買うといった工夫も必要になるでしょう。

まとめ

上記の文章では4人家族の場合を例にして、一般家庭の生活費の相場について見てきました。家庭によって多少出費のバランスに偏りはあると考えますが、この相場の金額から大きく逸脱している場合は重点的に出費の内容を見直してみましょう。また、その際には家計の黄金比も参考に見直すようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!