給料日前にお金がない!困った時の対処法

特に若い頃はほしいものはたくさんあるのに、収入は少ないという問題に直面しがちです。このような時はよくお金を使いすぎてしまって、給料日前にお金がないという事態に直面することがあります。このような場合の対処法について見ていきましょう。

給料日前にお金が無くなる人の特徴

引き落とし日とその金額を把握していない

給料日前にお金が無くなる人の代表的な特徴として、銀行口座からお金が引き落とされる場合にその引き落とし日と金額を把握していないというものがあります。実際に現金で使ってすぐ手元から消えていくお金については自分自身が支出した金額として把握していますが、口座から自動的に引き落とされるお金について意識が働いていないというのが特徴になります。

ギャンブルなどの浪費癖がある

普通に生活していれば、給料日前にお金が無くなるという事態はそうそうありません。しかし、ギャンブルといった浪費癖がある場合には別の話です。ギャンブルを行うと、普通であれば1週間程度の生活費に充てることができる数万円というお金を数時間も立たずにすべて使い切ってしまう可能性があります。このようなギャンブルを定期的に行う癖があると、当然ながら、お金はどんどん減っていきます。

リボ払いなどで借金の返済を抱えている

給料日前にお金が無くなる人はそもそもの原因として手取りに入ってきたお金の一部が借金の返済に消えてしまっているという場合があります。このような借金を抱えながら生活することになる原因を作り出すのがクレジットカードを使ったリボ払いになります。クレジットカードを使ったリボ払いを行うことにより、利用時の引き落とし額は少なくなりますが、高率の手数料と元金の返済を長期にわたって行っていく必要が出てきます。

給料日前にお金が無い場合の対処法

給料振込口座と引き落とし口座を分ける

給料日前にいつもお金が無くなってしまうという人のための対処法としては給料振込口座と引き落とし口座を別に分けるという対策があります。このような対策を行うことによって、引き落とし金額を把握できないため、お金が足りなくなるという事態を避けることができます。毎月引き落とされる金額については口座を分けて管理するようにしましょう。

食事だけはしっかりとれるような状態にしておく

給料日前にお金が無くなったら、借りて凌ぐということを行っているとまた次の月もその借りたお金の返済が必要になり、どんどん家計が苦しくなってきます。そのような事態を避けるためには、お金を借りるということを極力回避する必要があります。ただ、お金が無い場合に他のことは我慢できても食事だけはとらないわけにはいきません。このような場合に備えてレトルト食品・カップ麺などを買いだめしておくのが良いでしょう。

日雇いのアルバイトをする

また、給料日前にお金が無い場合の対処法としては、日雇いのアルバイトをするという方法も考えられます。この方法の良いところはアルバイトをするとすぐにお金が手に入るため、今すぐ手元にお金が欲しいという場合には即効性があるということです。給料日前にお金がない場合はこのような対処法も考えておきましょう。

根本的に収入を増やす・支出を減らす方法

副業を始める

常に給料日前にお金が無くなってしまうといういう人はそもそも家計のバランスがおかしくなっていると考えられます。このような人は根本的に収入を増やすか、支出を減らす対策をしていく必要があります。収入を増やす方法として一つ考えられるのが、副業を始めることになります。このような副業としてリスクも少なくて始めやすいのがアフィリエイトやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを使ったインターネット関係の副業になります。

引越しをする

家計の出費を見直していくと、家賃というものがいかに大きな割合を占めているかが分かります。家賃には見直しによって大きく支出を減らす余地があります。家賃について、あまりにも高い金額を払っているようなら引越しも検討するようにしましょう。従来は家賃は月収の1/3程度にするということが鉄則として言われてきましたが、大きく支出を減らしたいなら、思い切って1/5程度に抑えるのが良いでしょう。

まとめ

上記の文章では給料日前にお金がない場合の対処法について述べてきました。給料日前にお金が無くなってしまう人については共通する傾向があります。上記を参考に対処法を考えるようにしましょう。ただ、給料日前にいつもお金が無くなってしまうという場合には場当たり的な対処法ではなく、根本的に家計のバランスを見直す必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!