借金500万は返済できるのか。高額借金を賢く返済するには

借金は少額であれば多少の余裕が出ますが、高額となると身構えてしまうものです。中でも借金金額500万円となると、借り入れの審査も厳しくなり金融機関によっては借金ができないこともあります。そこで借金500万円がある場合、返済にはどんな方法があるのかや返済の注意点などをご紹介します。

借金500万円を返済する前に

借金はできる限りしたくないものですが、状況によっては必要なこともあります。例えば住宅の購入の際に利用する住宅ローンや、新たな事業を始めるための融資などさまざまです。しかし借金は金額によっても状況の変化があり、特に500万円と高額であれば返済もかなり苦しいものになるでしょう。

このため借金をする前にはなぜ500万円もの金額が必要なのかや、将来的に完済できるか、500万円を元手にお金を増やすことができるかといった部分を自分で見つめなおしていく必要があります。500万円というと30~40代の男性の年収が相当します。これを借り入れるとなるとよっぽどの事情があるはずですが、家族がいる場合は第一に相談するなどでできる限り借金を回避する方法を考えるのも一つです。

そしていざ500万円を借金するとなると、それ以下の借入金額よりもローンが厳しく組まれます。このため返済期間はきついものになるので、そういった面も考慮しつつ借金を本当にしていいのかを決めていきましょう。

500万円を返済するにはどんな金融機関がいいのか

では500万円を借金するには、どんな金融機関が最適なのかを考えていきます。まず国内の金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行は個人から企業まで幅広く融資を展開しており、消費者金融はより個人向けの融資を可能としています。ここでチェックしたいのがそれぞれの金融機関の融資限度額です。

消費者金融は年収の3分の1の貸し付けを限度額とする総量規制があるので、500万円の借り入れが必要な場合年収1500万円なのが条件です。さすがに年収1500万円では、500万円を借金する必要もないのではとも考えてしまいます。しかも一般的な消費者金融は500万円の融資を希望したとしても、最高でも50万円が限度です。対して銀行は貸し付けも個人から企業まで対応しています。

このため総量規制はなく、500万円の借金がしやすい金融機関といえます。銀行での借り入れはもちろん審査が必要で、金額も高額なので場合によっては担保や保証人が必要なこともあります。近年は無担保で保証人の必要がない、銀行の貸し付けもあります。これらをうまく利用して500万円の融資を引き出すのも一つです。他にも審査に通りやすい要素として、公務員であったり大手企業に勤めているケースがあります。

融資金額が500万円なので基本的に審査が厳しいので、できるだけ有利に運べる状況を自分で作っていくのも必要です。

債務整理を選ぶことも想定しておく

500万円を借り入れることができたら、返済のためのローンを組みます。高額なこともあり、5年のローンを組んだとしても月の返済が約10万円です。このため場合によっては、収入の約半分かそれ以上を返済にあてなくてはなりません。しかしこれ以上返済金額を下げてしまうと、利息ばかり支払うことになるので尚更苦しくなる可能性が高いです。そこで最終判断として、債務整理を選ぶことも視野に入れておきましょう。

債務整理とは今ある借金を法的に解決する方法です。債務整理には4つあり、任意整理と特定調停、個人再生、自己破産があります。任意整理とはお金を借りた側と貸した側双方で支払金額を交渉し、返済金額を少なくできます。任意整理には裁判所を通すことがなく、手続きが簡単で交渉期間は返済がストップするので気持ちも一時的に楽です。特定調停は裁判所を通して返済金額を交渉することで、調停委員が間に入ってくれます。

自己破産は、返済能力がこれ以上ないと裁判所が判断した場合に許可される債務整理です。許可された場合には返済をする必要がありませんが、その代わり車や家など20万円以上のものを奪われてしまいます。さらに自己破産をすると信用情報機関の事故情報に登録されてしまい、クレジットカードの利用を止められたりといった規制を多く受けてしまいます。

個人再生は自己破産をライトにしたもので、家や車などを処分することがないですが、ある程度の支払い能力が問われます。

まとめ

借金を500万円した場合、そのほとんどが債務整理を選択していることが多いです。中には完済しているケースもありますが、返済期間の生活は厳しいものになるでしょう。このため500万円の借り入れ自体をできるだけ避けるのが、将来のためでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!