親に多額の借金が…子供に返済義務はある?

借金を抱えていても借金の問題は自分だけで解決したいという親が多いからなのか、子供が気づいたときにはすでに返済不可能な状態になってしまっていることも少なくないようです。今回は、このような親の借金の返済義務が子供にもあるのか、また、親に借金があることが発覚した場合にどうすれば良いのか、対策などについてまとめました。

親の借金は子供が返済しなければならないの?

基本的に子供には親の借金の返済義務はない

ある日、突然、親に借金があることがわかったら?それが多額の借金ならどうして良いのか途方に暮れてしまうのではないでしょうか。ところで、親に払えないような借金があっても、基本的に子供が返済義務を負うことありません。親の借金はあくまでも親の借金なのです。ただし、親が亡くなった場合、借金を相続する可能性はあります。遺産相続では、プラスの財産だけを相続するのではなく、マイナスの財産も相続するのです。

親がどこからいくら借金をしているのか知ることが重要

子に返済義務はありませんが、借金が膨れ上がる前に、子供が親の借金の返済を手伝ったり相談に乗ったりすることで借金の問題が解決する糸口が見つかるかもしれません。親に借金があることがわかったら、その時点で大切なのは、親の借金額がいくらなのか、できるだけ、その状況を把握することです。どこからいくら借りているのか、情報を得ることが解決方法を知るための突破口となるでしょう。

借金の問い合わせについて

問い合わせ先にはいくつか種類があります。

銀行からの借金については
・全国銀行個人信用情報センター
クレジットカードや消費者金融などの借金情報については
・日本信用情報機構(JICC)
・指定信用情報機関(CIC)
となっています。

親の保証人になっていた場合は返済の義務を負う

子に親の借金の返済義務はなくても、保証人になっていた場合は話が違います。借りていた人が借金を返せなければ、保証人がその借金の返済をしなければなりません。親に借金があるような場合、家族ではあっても保証人になる場合はよく判断し、気軽に保証人になるようなことは避けるべきでしょう。

親の生前に多額の借金があることがわかった場合

借金の返済を手伝ったり相談をすることで解決の糸口も

親の借金を子供が返済する義務はないとはいえ、そのまま放ってはおけない!と考える人は少なくないでしょう。大切な家族の問題なのですから。義務はなくても、返済を手伝ってあげることで早めに問題が解決できる可能性も考えられます。また、返済を直接的に手伝わなくても、相談に乗ることでより良い方向に向かうこともあるでしょう。

自己破産するという解決法もある

返済のために借金を繰り返し、A社に返すためにB社から借り、B社への返還のためにC社から借り……というように悪循環に陥り、いつの間にか借金が膨れ上がってしまう場合もあります。このように、返済できないだけではなく、もはや生活自体が不可能という場合、自己破産する方法も解決策としてあげられるでしょう。裁判所に申し立てを行い認められると、支払いが免除され、税金を除く債務の免責となります。

親の死後に借金が発覚した場合について

親からは借金も相続するの?

親の財産は子供が相続しますが、借金も同様に引き継ぐことになります。そこで、親から相続するのが借金だけの場合や財産と借金の両方を差し引きするとマイナスになることがわかっている場合、相続放棄することが可能です。またマイナスになるのかプラスになるのか判断が難しい場合は限定承認、明らかにプラスになることがわかっている場合は、借金があっても、そのまま承認するという選択肢もあります。

借金を相続したくない場合は相続放棄することも可能

相続放棄とは、遺産相続によって親から受け継ぐ遺産のすべてを放棄することです。そのため、財産も借金も放棄することになります。ただし借金だけを放棄して財産だけを相続するということはできません。

相続放棄できる期間は?

相続放棄する場合、親の死後、3か月以内に行う必要があります。また、通常は親が亡くなった後で相続放棄を行いますが、親の生前に行うことも可能です。

相続放棄の方法は?

家庭裁判所に必要な書類を提出することで、相続放棄の手続きを行うことができます。手続きには、相続放棄申述書、被相続人の住民票除票および戸籍謄本、相続放棄する人の戸籍謄本、収入印紙、切手が必要になります。相続放棄申述書のフォーマットはインターネットでダウンロードすることも可能です。

3か月を過ぎてしまうと認められないの?

悪質な金融業者の場合、3か月を過ぎた後で、意図的に親の借金の請求をしてくる場合もあるようです。このような場合、すでに期間を過ぎていても申請を受け入れられることもあるため、泣き寝入りせずに相続放棄の申し立てをしてみましょう。また、本人の知らない間に保証人にされているような場合についても、弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

限定承認と単純承認について

限定承認とは

財産と借金の両方を相続する場合、差し引きでプラスなのかマイナスなのか判断が難しい場合もあり、相続放棄して良いものかどうか決断に迷うこともあるのではないでしょうか。そのような場合、限定承認という方法があります。限定承認では、差し引きでマイナスになる場合は相続しなくても良いのですが、プラスになる場合は財産を相続できるというのがメリットです。

限定承認の申請方法とデメリットについて

・限定承認の申し立てについて
限定承認の場合も相続の開始から3か月以内に家庭裁判所に申請します。申述書や戸籍謄本などの他、財産目録が必要になります。
・限定承認のデメリット
限定承認は、相続人全員の同意が必須で、反対者がいるとできません。また、手続きが複雑であることが理由となり、実際には、あまり利用されることがないようです。

単純承認とは

親の死後、財産であろうと借金であろうと、すべてをそのまま相続する場合を単純承認と言います。この場合、特に何も手続きしなくても自動的に相続が開始することになります。すなわち、相続放棄などの手続きをしなければ、相続を承認したことになるのです。借金の場合でも、特に申請をしなければ、そのまま相続することになってしまいます。そのため、親に借金がある場合は、あらかじめ把握しておくべきでしょう。

まとめ

親に借金があることがわかった場合、まずは借金額がいくらなのか知ることが重要です。また親の借金で相続放棄をすると決めたら、できるだけ早めに行動に移しましょう。特に親の死で動揺している場合、3か月という期間はあっという間に過ぎてしまいます。自分だけで行動を起こすのは難しいと思ったら、弁護士など、専門家に相談してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!