妊娠中の借金、どうしたらいい?不安な妊娠費用を軽くするには

新たな命をお腹に宿すのは女性にとっての大きな喜びの一つです。しかしそんな妊娠も、借金を抱えながらだとうれしい気持ちが半減してしまうのではないでしょうか。妊娠中は精神的にも不安定になりやすいので、借金があると尚更アンバランスな気持ちに陥りやすいです。そんな不安な借金を解決するには、どんな方法があるのかをご紹介します。

妊娠するにしても費用がかかる

妊娠をしてしまうのは当然うれしいことですが、借金をまだ返済している最中であれば別です。できることなら、借金を完済した状態での妊娠が好ましいですがなかなかそうもいきません。しかも妊娠にはさまざまな費用がかさむので、場合によっては借金を重ねてしまうことにもなりかねません。そうならないようにも一番最良の選択をして、借金を解決できる方向にもっていきましょう。

その前に妊娠や出産には、どのような費用が掛かるのかをまとめていきます。妊娠が解ると、まず定期的に検診を行います。これは妊娠から出産まで通うことになるので、病院に行くたびに費用が発生します。お腹の赤ちゃんの成長に合わせて検診の数が増えてくるので、それだけ費用がかさんできます。そして出産を行うには分娩の費用と出産後の入院費が発生します。これらをすべて合算すると平均で50万円かかります。

それ以外にも生まれてくる赤ちゃんのために、ベビーベッドやベビーカー、衣類といった購入費用もかかり、一度の出産には大目に見ても100万円を予算として考えておきましょう。

妊娠費用の負担を軽くするには?

妊娠のための検診費用から妊娠の分娩、入院費までは、基本、健康保険が適用されません。しかし借金がある方であれば、突然50万円もの妊娠、出産費用を用意するのが難しい方も多いはず。そこで妊娠に対する金銭的な補助制度があるので、それらを活用するのが良いです。妊娠中の検診費の補助には「妊娠検診助成金」というものがあります。

これは妊娠による検診費用を安くする制度ですが、自治体によってもどのように援助するのかが違ってきます。そして分娩、入院に関しては健康保険に加入していれば「出産育児一時金」が適用され、一人につき約42万円の援助金を受け取ることが可能です。さらに分娩に関して帝王切開をした場合には健康保険が適用されるので、費用の3割負担となります。

出産育児一時金に関しては健康保険などの支払いが滞っている状態でも受けることができますが、申請が必要なので注意しましょう。他にも個人で医療保険に加入していれば、給付金を受け取ることが可能です。

弁護士に相談してみるのも一つの選択

借金をしていても妊娠をした場合には、国や自治体からさまざまな支援を受けることができるので、まずは落ち着いて冷静に対処していけば借金も無理なく返済できる可能性もあります。しかし女性の場合夫に借金を隠しているケースが多く、予想外の妊娠をしてしまえばお仕事もできなくなり、自動的に収入がなくなるので返す当てがなくなってしまいます。もちろん妊娠しても、出産するぎりぎりまでお仕事を続けている女性は多いです。

こういったケースだとなんとか借金も返済できそうですが、そうではない場合は今ある貯金を切り崩すなどの方法でもいいですが、それだと将来的な不安も増えることでしょう。妊娠中はストレスも感じやすく、こういった悩みが強いと、元気な赤ちゃんを産むことができなくなる可能性も出てきます。そこでまずは弁護士や司法書士といった、借金を専門とする方に相談をしてみるのも一つです。

近年は弁護士事務所によって無料の相談に対応しているところもあるので、そういったものを利用してみましょう。借金を理由に弁護士に相談するのは少し抵抗がありますが、今後のことや妊娠のことを考えるとそうもいきません。特に毎月の返済に苦しんでいる妊婦さんは、できることなら弁護士などに相談するのが得策です。

事情を話していけば法的に解決するなどの、あなたに最適なケースを提案してくれるので、その中でも一番最良と思うものを選んで借金を解決へと進んでいきましょう。

まとめ

借金はさまざまな状況で発生しますが、女性にとって妊娠と重なってしまうのは家計的にも精神的にも厳しいものがあります。しかも夫に内緒にしていることが多く、一人で抱え込んでしまうケースもあります。こうならないようにできることなら妊娠を前に完済するのが最高ですが、どうしても返済が難しい場合は弁護士に相談して借金を乗り切っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!