借金を可能な限り最短にする返し方。今ある借金の返済方法あれこれ

ショッピングをしたり車や家を購入するとローンを組みますが、これらはすべて完済するまで借金としてあなたについて回ります。借金があると自由に使えるお金が少なくなってしまうので、できることなら早い段階で完済したいものです。しかし借金は毎月決まった金額を支払って返済していきます。果たして最短な返し方はあるのでしょうか。

借金は気軽にできる分リスクも高い

高額なアクセサリーやバッグなどがほしい、車がほしいといったときに手持ちの現金がない場合はカードを用いて決済をします。金額によっては一括返済もしますが、数回に分けて支払いをする場合もあります。これはいわゆる借金という形になり、金融機関を通じて返済をするので利息も発生します。利息とはお金を借りるためのレンタル料のような位置にあり、借り入れの金額に応じて変わります。

そして利息をパーセンテージで表したものが金利で、各金融機関によって定められています。金利にはおよそ3%から最大18%まであり、審査によって金利が決まり利息が算出できます。利息は借金の契約をした日から発生し、毎月決まった日に利息と元金を合算したものを支払います。借金をするにはその人の勤め先や収入などの情報をもとに審査を行い、借り入れる金額を金融機関が決めます。

このとき他にも借り入れがないかも、審査の対象です。初めて借金をする場合、その多くは審査も難なくクリアし見事に借り入れができることでしょう。しかし借金をするということは、当然返済をする義務が発生します。毎月決まった日にしっかり返済していけば特に問題はありませんが、返済日を過ぎてしまうと延滞金が発生するなどのトラブルも出てきます。

さらに返済を3カ月以上放置してしまえばブラックリストにも登録されてしまい、金融機関への信用度も一気に落ち込んでしまいます。借り入れをするには意外と簡単なケースが多いですが、返済はしっかり行わないとリスクを背負うことになるので十分注意が必要です。

一番最短なのは毎月の返済金を高くする返し方

借金ができてしまうと必ず毎月の支払いが発生します。これをコツコツと続けていけば、やがて完済となり借金も終わります。借金を返済する期間は金額でも異なり、中には数年単位もあります。基本的に借金は、長く払えばそれだけ多くの利息を払うメカニズムです。利息を払っているということはこちらが損をしていることになるので、できることなら回避したいですよね。それには、短い期間で支払いをすることがキーポイントです。

借金を短期間で完済する方法として、毎月の返済額を高めに設定することです。これだと利息が少ないので、その分元金を借金の残高にあてて減らすことができます。しかし毎月の返済額が大きいので、収入の大半を支払いに回すと生活費を抑えていかねばなりません。この場合収入を増やすのが最適ですが、可能な方は複数の仕事を設けていくのも一つです。

ですが収入が増えるからといって競馬やパチンコはできるだけ避けましょう。これだと借金をさらに増やしかねません。

まとまったお金を用いた短期間での返し方

借金を短い期間で完済する方法として、繰り上げ返済があります。繰り上げ返済とはまとまったお金を、返済日以外に支払うことです。例えば借金が100万円あるとして、返済とはまた別の日に10万円を支払うといった方法です。繰り上げ返済としてのお金は利息を含むことがなく、全額を返済としてあてます。このため一気に借金の残高も減るので、大きなプラスとなるのです。

このためローンを組む際には低い支払額にしておき、それ以外でまとめて支払うといったことも可能です。しかし繰り上げ返済は金融機関によって一定金額以上しか受け付けなかったり、手数料が発生することもあるので利用する前には細かい部分をしっかりチェックしておきましょう。以前だと金融機関への借金は場合によっては法外な利息や延滞料が発生し、より返済が苦しくなる方もたくさんいました。

近年は借金に対する法も整備され、消費者への救済方法も増えています。自分に合った返し方で、一番最良の選択をして借金を完済していきましょう。

まとめ

借金は困った人を金銭的に援助するシステムです。しかし乱用してしまえば、自身に大きな災厄となって降りかかります。そうならないようにも借りたお金は、できる限り最良の返し方でリスクを回避していきましょう。うまく借金と付き合えば、プラスに働くのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!