はじめて借金をする前に理解しておきたい利子の詳細と計算方法

どうしてもお金が必要なので借金しなければいけない。でもはじめての借金なので、わからないことも多い。そんな時、まず理解しておきたいのは借金の利子についてです。借金の利子を理解しておけば、返済額を把握でき、返済計画も先が見えてきます。今回はそんな借金の利子の基本から、大手消費者金融の特徴などをご紹介します。

まずは利子とはどのようなものか理解しよう

借金の年間の利子は法律で決まっている?

借金の年間の利子(年利)の上限は「利息制限法」という法律により定められています。
なお、年利の上限は借入額によって異なり、以下のように定められていることが多いです。
・10万円以下の借金の場合、年間の利子は20%迄
・10万円以上100万円未満の場合、年間の利子は18%迄
・100万円以上の場合、年間の利子は15%迄
つまり、借金をするときの年利はすべて上記の範囲内ということになります。

利息制限法は個人間での借金にも適用されますので、消費者金融はもちろん遵守しなければなりません。つまり自分が借金したい額によって、ある程度返済額が計算でき、返済計画をシミュレーションすることが可能なんです。次項では、利子の簡単な計算方法について説明していきます。

覚えておきたい利子の計算方法

年利は借入額によって違う

年利の上限は前項で説明したとおり最大20%です。つまり年利が20%で100万円借入すると、1年間にかかる利子は20万円ということになります。これを元に利子の計算式を作ると「借入額×年利÷365」が1日分の利子ということになります。この計算式さえ覚えておけば、利子を把握することが簡単になります。

利子は大きな出費。早めに返済できる計画をしよう

利子は返済期間が長くなれば長くなるほど増えていきます。逆に言えば、返済が早ければ早いほど余計な出費を支払う必要がないのです。借金が返済できなくなる理由の多くは利子によるものです。高額な借入の場合、一気に返済というのはなかなか難しいですが、この利子の計算式を理解しできるだけ無駄の少ない返済計画を立てましょう。

日本には多くの消費者金融が存在しますが、会社により年利やサービスはさまざまです。次項では、大手消費者金融5社の年利や独自の特徴についてご紹介していきます。

大手消費者金融5社の年利と特徴

はじめての利用ならアコム

アコムの年利は3.0%〜18.0%です。アコムの特徴はなんといっても「30日間金利0円」です。30日以内に返済ができる見込みがある場合は、とても助かるサービスです。借入先も返済場所も多いので、はじめての借金にぴったりの消費者金融です。

三井住友銀行ユーザーならモビット

モビットの年利は3.0%〜18.0%です。モビットは専用のアプリを使えば、支払日や残額をいつでも確認できるのが特徴です。また、三井住友銀行での手数料が0円なので、三井住友銀行ユーザーならとても利用しやすい消費者金融です。

さまざまなニーズに応えてくれるアイフル

アイフルの年利は4.5%~18.0%です。アコムと同じく最大30日間金利0円を行っているので、短期間の借金に便利です。そして、キャッシングローン以外にも企業向けや女性向けのプランもあるので、細かいニーズに応えてくれるのがアイフルの特徴といえます。

手軽に利用するならプロミス

プロミスの年利は4.5%~17.8%です。プロミスは審査時間が最短30分と短く、今すぐお金が必要なときに便利です。また、Webからの借入も充実しているので、人目を気にせず借入の手続きができます。そして、利用できる銀行が多く、なかでもゆうちょ銀行が使えるのが特徴です。

低額の借入ならレイク

レイクの年利は4.5%~18.0%です。レイクも他社と並び30日間無利息を実施していますが、さらに5万円まで180日間無利息という独自の試みを行っています。急なパーティや結婚式でお金が必要だけど持ち合わせがない、そんなシチュエーションにとても便利なサービスです。

まとめ

消費者金融によって、年利の上下やサービスに違いがあることがわかりました。細かい差異であっても、返済が長くなる場合返済額が大きく変わってしまうこともあります。借金をする際は、まず借入したい額をしっかり把握し、その金額に沿って消費者金融を選ぶのが賢い利用方法です。利子をしっかり理解して、無理のない返済を行っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!