アルバイトは可能?扶養控除を受けるために知っておきたい条件とは?

子供を扶養している親にとって扶養控除の有無は重要な問題。子供がアルバイトを始めたいと言ったらいろんな心配をするでしょうが、どれくらいの年収になるのか、扶養控除は受けられるのかというのも気になるところ。扶養控除を受けていてもアルバイトはできるのでしょうか?子供がアルバイトをしても扶養控除を受けるための条件をご紹介します。

扶養控除とは?

扶養親族がいれば受けられる扶養控除

年末調整の時期になると、必ずと言っていいほど話にあがる扶養控除。一体どんな制度なのでしょうか?扶養控除とは、納税者に扶養親族がいる場合、所得控除を通して税金控除を受けられる制度のことを言います。この場合扶養親族にあたるのは、16歳以上の生計を同じくする人のことを言い、「6親等内の血族及び3親等内の姻族」がこれにあたります。この条件を満たせば、子供のみならず親や祖父母も扶養親族になるのです。

扶養控除が適用される条件

扶養控除の適用条件に16歳以上の年齢と「生計を一にする」というものがありますが、同居が原則ではありません。通学や療養・勤務などのために住居が別にあっても、生活費や学費などの送金がされている場合は、同じ生計としてみなされます。つまり大学生が大学通学のために親元を離れて暮らしていても、生活費などの仕送りがあれば同じ生計と言えるのです。また、控除適用要件の年齢は申告年度の12月31日での年齢です。

16歳未満の扶養親族は?

平成23年と平成24年の税制見直しにより、それまで16歳未満の扶養親族に適用されていた、380,000円の所得税控除と330,000円の住民税控除が廃止となりました。これにより多くの世帯で所得税と住民税において負担が増える結果に。16歳未満の扶養控除廃止は、子ども手当の制度が新設されたことや、高等学校の授業料が無償になったことによるものです。

控除額はいくら?

扶養控除額は扶養する親族の年齢と同居の有無により変わります。扶養親族が16歳以上19歳未満の「控除対象扶養親族」は380,000円、19歳以上23歳未満の「特定扶養親族」は630,000円の控除が受けられます。70歳以上で納税者またはその配偶者の同居する直系父母または祖父母は同居老親等の「老人扶養親族」にあたり580,000円、それ以外の老人扶養親族は480,000円の控除額となります。

扶養控除の所得金額要件

扶養親族に所得がある場合は?

扶養親族が、学生でアルバイトをしている場合扶養控除は受けられるのでしょうか?扶養控除適用要件として、合計所得金額の制限が設けられています。その要件は、「年間の合計所得金額が380,000万円以下であること」となっており、給与収入でいうと年間1,030,000円以下。この条件を満たしていれば、アルバイトをしている子供も扶養親族として認められます。

合計所得金額とは

扶養親族の条件にある、合計所得金額。収入と勘違いする人もいますが、合計所得金額は給与などの収入から「給与所得控除額」と呼ばれる、1年間の必要経費を引いたもの。給与所得控除額は税法上年収によって決められており、アルバイトやパートなどの場合は650,000円。給与収入からこの額をマイナスして算出する合計所得が380,000円となるには、収入上限額が1,030,000円以下でなければいけないのです。

扶養控除を受けながらアルバイトをするには

収入上限額がポイント

扶養控除適用のままアルバイトをする場合は、先に述べたように年間収入上限額が1,030,000円を超えないように気を付けましょう。一つのアルバイトでこの上限額を超えることは多くありませんが、注意したいのがアルバイトのかけもち。大学生は、丸一日大学へ行かない日も出てきます。そのような空き時間を利用してアルバイトを掛け持ちする場合、月の収入を計算しながら出勤時間を決めるのが無難でしょう。

上限を超える場合は勤労学生控除も

国が定める特定の学校に通学する者で年収が1,030,000円を超える場合、扶養控除は適用されません。しかし、合計所得金額が650,000円以下つまり年収が1,300,000円以下なら、「勤労学生控除」が受けられます。この控除は扶養者ではなく、勤労する学生本人が受けるもの。勤務先に勤労学生控除を受ける旨を伝え、年末調整で必要書類に記入・提出すれば270,000円の所得控除を受けられます。

まとめ

本来扶養控除の対象となる扶養親族が年収上限を超えてしまうと、扶養控除適用から外れ、扶養者である親にとっては大きな負担となります。扶養者の収入や子供の年齢によって控除額は変わりますが、100,000円ほど税負担が増えることも。親からしてみると、お小遣いや生活費のためにアルバイトを頑張るのもほどほどにしてほしいのが本音かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!