友人の引っ越し!意外と知らない引っ越し祝いの相場とマナーとは?

友人が家を建てたり引っ越ししたりする際にはお祝いをします。しかし、引っ越し祝いをするということは把握していても、どのくらいの予算でどんなものをあげたらいいのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか?相手に失礼がないよう、引っ越し祝いの予算やそのマナーについてきちんと理解しておきましょう。

友人に贈る引っ越し祝いの予算とのしの書き方は?

引っ越し祝い予算の相場の金額は?

引っ越し祝いを贈る上で、選ぶプレゼントは高すぎても安すぎてもダメ。金額の相場は重要なポイントです。友人に対し、個人から引っ越し祝いを贈る場合、3,000円から5,000円くらいの物を渡す人が多いようです。あまり高価なものをもらうと困る場合もあるので、高価なものであっても10,000円以内でおさめましょう。相手との関係を考慮し、気を遣わせない程度の金額を見極めてください。

引っ越し祝いの贈り物、のしはどうしたらいい?

引っ越し祝いにつけるのしも気になるところですよね。新築や引っ越しは何度あってもいいことです。そのため、のしは結び切りではなく蝶結びを選ぶのが一般的となっています。しかし、住んでいる地域により異なる場合もあるので注意してください。表書きは「御祝」や「祝御新築」、「御引越祝」などを使う場合が多いようです。賃貸から賃貸への引っ越しの場合、「選別」という形でお祝いを贈ることもあります。

引っ越し祝い、どんなものを贈ればいいの?

そもそも引っ越し祝いとは?

引っ越し祝いとは、新居での新しい生活が豊かであるようにとの気持ちを込めて贈るものです。引っ越ししたときは気分も上がっているもの。引っ越し祝いも、それに合わせ量より質で選びましょう。

相手の好みが分かっている場合の引っ越し祝い

せっかくのプレゼントなら、相手に喜んで使ってもらえるものを選びたいですよね。相手の好みを熟知している、そんな間柄であれば、相手好みのインテリアアイテムやキッチンアイテムなど、相手の好みに合わせて喜んでくれそうなものを贈りましょう。

相手の好みがよく分からない場合の引っ越し祝い

インテリアアイテムなどは好みが分かれるものです。相手の好みがはっきりと分からないのであれば、お酒やお菓子、日用品などの消耗品やカタログギフトを選択しましょう。必ず使うものなら相手も喜んで受け取ってくれるはずです。ギフトカードや現金でもいいですが、品物を贈る方が相手に気を遣わせません。

引っ越し祝いで贈らない方が良いとされるもの

引っ越し祝いで贈らない方が良いとされるものもあるので、選ぶ前に把握しておきましょう。火を使うアイテムや赤いものは、火事を連想させるとし、引っ越し祝いには不向きといわれています。また、絵など、壁に穴をあけないと使えないものは避けた方が無難です。花や観葉植物などは、スペースも必要な上に手間がかかるため、好みが分かれます。逆に迷惑になってしまう可能性もあるので、チョイスしない方がいいでしょう。

親しい間柄であれば、希望を聞いてみるのもおすすめ

相手の好みを理解していても、相手が必要かどうかわからない場合もあります。気軽に話せる相手への引っ越し祝いの場合、リクエストを聞いてから贈るのもおすすめです。サプライズ感がないのは残念かもしれませんが、選ぶ側としても安心して選べ、もらう側も欲しいものをもらえるので嬉しいはず。お互い助かる方法です。

引っ越し祝いを贈るタイミングは?

引っ越し祝いは引っ越しから半年以内には贈りましょう

引っ越し祝いは、引っ越しからできるだけ早い時期に、遅くとも半年までの間に贈るのがマナーです。選別の場合であれば、引っ越し前に贈ります。すぐに会いに行けないのであれば宅配便を利用しましょう。

引っ越ししてすぐは避けるのが無難

友人が引っ越ししたとなると、できるだけ早く足を運びたくなりますが、引っ越ししてすぐは片づけや引っ越し後の手続きなどでなにかとバタバタしているはず。引っ越し祝いを持って伺う場合は、引っ越しから少し時間をあけて連絡してみましょう。

まとめ

友人への引っ越し祝いの相場や贈り物のマナーについてお届けしました。マナーはもちろんですが、おめでとうの気持ちを贈ることが何より大事です。相手が負担に感じないよう考慮しながら、喜んでもらえそうなものを選んで気持ちと共に贈りましょう。新生活を気持ち良くスタートできるよう、ベストな引っ越し祝いを考えてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!