税理士のミス?支払った相続税が還付される可能性がある!

周囲の人に相談することがあまりできない相続税。その相続税ですが、一度支払った税金が、還付される可能性があることを知っていますか?税理士に依頼をして相続税を申告したから、還付されることはないだろうと思っている人は要注意です。この記事では、あまり知られていない相続税の還付について詳しくご紹介します。

相続税とは何?

相続税とは

相続税の還付についてご紹介する前に、まず相続税についてご説明します。相続税は、亡くなった人の財産を、相続する人がもらう時に発生する税金です。親族などが亡くなり、前代から受け継いだ財産や遺言によりもらう財産などが対象。相続税は、財産を偶然に得た不労所得であることや特定の人物に財産が集中しないようにするために支払わなければいけません。また、被相続人が亡くなった人、相続人が財産を受け継ぐ人のことです。

相続の発生はいつ?

相続は、人が亡くなったその瞬間から始まります。亡くなった後、しばらくの時間が経っていても、財産をどう分けるか決まっていないことは多くあるでしょう。しかし、相続の発生は、人が亡くなった瞬間と決められています。

相続税がかかる財産

では、相続税がかかる財産について、具体的にどんなものがあるかご紹介しましょう。税金がかかる財産は、現金や預貯金、宝石類、有価証券、土地や家屋などがあたります。また、特許権や著作権といったお金に見積もることができるものや、被相続人の死亡退職金や死亡保険金なども相続税の課税の対象となるでしょう。

相続税を申告する手順

相続税を申告するためには、さまざまな手順を踏む必要があります。まず被相続人が亡くなると、市区町村に死亡届を提出。その後、遺言書の有り無しを確認し、ある場合は遺言書の通りに、無い場合は民法によって相続人が確定されます。次に、相続財産が調査され、目録が作成され、相続の権利がある人で話し合いが行われるのです。財産の分割協議が終わると相続の手続きが行われ、税務署への申告、納付という手順になります。

相続税がかかるケース

相続

最も多いケースがこの「相続」。被相続人が生前に、自分が死んだら誰に財産を相続するのか、相続人を決めていなかったものをいいます。

遺贈

「遺贈」とは、被相続人が生前に、自分が死んだら誰に財産を相続するか遺言で決めていたもの。相続人は、自分が財産をもらえるということを、被相続人が亡くなるまで知らなかったもののことをいいます。

死因贈与

被相続人が生前に、自分が死んだら誰に財産を相続するのかを契約で決めていたものを「死因贈与」といいます。「遺贈」との違いは、相続人が財産をもらえることを、被相続人が亡くなる前に知っているところです。

相続税は還付されることがある?

相続税の還付とは

相続税は、一度支払ったら戻ってこないと思っている人がほとんどでしょう。しかし、相続税を支払い過ぎていた場合、定められた期間内に手続きをすると、還付されることがあります。相続税を支払い過ぎてしまう原因の多くは、税理士のミスによるものです。相続税の手続きを税理士に依頼したという人は、一度確認することをおすすめします。

なぜ税理士がミスをする?

現金や預貯金に対する相続税は、相続人が自分で把握できるため、自己申告で間違いなく税金を申告していることが多いです。しかし、土地や家屋などといった財産は、一般の人は時価を把握することが難しく、税理士に依頼する人がほとんど。そこで、依頼した税理士が経験が少ない人だったり、不動産評価を過大にしていたりと、税理士のミスで知らないうちに相続税を支払い過ぎていることがあるのです。

相続税の還付を受けるには

実は、相続税の申告件数の7割~8割の人が還付を受けられる可能性があるといわれているのです。しかし、還付の申告の期限は5年以内なので、可能性がある人は期限が過ぎる前に税理士に依頼しましょう。そこで注意すべき点は、相続を専門にしている税理士に依頼すること。税理士にも得意不得意分野があるため、専門の税理士に依頼することで、ミスされることなく相続税の還付を受けることができるでしょう。

まとめ

一度支払った税金が、思いがけなく戻ってくるとうれしいですよね。しかし、複雑でさまざまな手続きが必要な相続税は、はじめからミスすることなく納めておきたいでしょう。相続税を間違いなく支払うためには、税理士選びが大切です。相続を専門にした信頼できる税理士を見つけて、相続税の申告手続きをスムーズに行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!